裏庭の猫vol.2

ブログトップ

スリランカ・トリンコマリーの様子/町中その2

スリランカ旅行:2010年12月25日~1月2日

d0168345_801658.jpg市場の前にもブッダ(絵だけど)と鹿。立派な角だわね。

d0168345_803660.jpgココナツの中の王様的キングココナッツ(そのまま)が売られてた。これのオイルが欲しいと思ってた。が、ここでは見つけられなかった。

d0168345_80586.jpgスリーウィラー。いろんな色あり。

d0168345_811988.jpgいつも欲しくなる陶器の壷的なもの。明らかに手荷物なので買えないのだが。

d0168345_814355.jpg携帯ショップ。物価が安いだけにこの手のものはものすごく高く感じるだろうなー。

d0168345_82358.jpg市場の裏手あたり。一応繁華街っぽい。

d0168345_822363.jpgこれモスクかな?

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2011-04-01 07:59 | 2010年末スリランカ | Comments(0)

スリランカ・トリンコマリーの様子/町中その1

スリランカ旅行:2010年12月25日~1月2日

d0168345_7552194.jpgいくつかの町を訪れてみたところ、町の中心に時計台があることがわかった。なのでここは中心部のはず…。

d0168345_7554288.jpgそばにバスターミナルがあり、その前が市場なので、車の往来も多い。

d0168345_75653.jpgターミナル内にも牛。今日はどちらへ?

d0168345_7562555.jpgと思ったら鹿も。よく見ると後ろにブッダの像があって(背中だが)、何となくありがたい風景。モスクはまだ見てないのに他の宗教のものばかり目につくな。

d0168345_7565274.jpgバスターミナルで朝ごはん。どこでもターミナルには軽食が取れる場所があるので便利。ここもチャイとスナックが食べられる小さい店が何軒かある。イスはジュースのケースで、店中には2人くらいしか入れないが。

d0168345_7571482.jpgまさしくカレーパン。チャイと一緒に計55ルピー(約70円)。青唐辛子が利いてうまい。大きいサモサを焼いた感じかな。これの方がいいなあ。てかこれ作りたい!

d0168345_7573231.jpg市場は野菜、生鮮食品が中心っぽい。

d0168345_7575086.jpg

d0168345_758460.jpgこの長い野菜は何だろう。長いも…には見えなかったな。

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2011-03-31 07:54 | 2010年末スリランカ | Comments(0)

スリランカ・トリンコマリーの様子/宿から町への道

スリランカ旅行:2010年12月25日~1月2日

翌日の天気はけっこうな雨で、海は大荒れ。
(雨はこのあと、帰国日まで続く…)

なので町へ出かけた以外は宿で本を読んですごす。

町へは歩いていってみた。
雨の中サンダルで、写真を撮りながら約1時間。
途中でキャンディへ向かう分岐があるが、そこで迷わなければほぼ1本道だった記憶がある。

途中、自転車のおっちゃんが案内に現れ、ずっと着いてくる。単なる親切な人ではない感じだったので多少警戒していたが、宿の勧誘の人だった。
もうすでに泊まってるから名刺もらって別れた。


町の中心はやはりバスターミナル前の市場や時計台のある辺りで、しばし商店が連なる感じ。

まだ外国人が少ないので「ハロー」と声をかけられることもしばしば。

町を歩いている限り、イスラム圏という雰囲気はそれほど感じられない。ヒンズーの寺や教会などもあった。

d0168345_7483644.jpg道すがら発見したヒンズーの寺。

d0168345_7485147.jpgスリランカでよく目にした銀行もここではものすごくローカルな佇まい。

d0168345_749529.jpg途中で商店がつらなるエリアが何回か出没。ここではなかったが、自転車おっちゃんの話では途中でイスラムの村があった。

d0168345_7491983.jpg魚を売る屋台。

d0168345_7493786.jpgヒンズーの寺がしばしば現れる。

d0168345_749552.jpgあ、ミッキー。

d0168345_7501274.jpg通りから海までの通りに家々があったりする。

d0168345_7502873.jpg

d0168345_7503937.jpg日本の中古車もしばしば見かけた。スリランカで低温輸送してたら腐りそう(笑)。

d0168345_7505966.jpgやっぱ牛。通りを散歩中。

d0168345_7511829.jpg通りで目立ってた教会。今、見るとこういうセンスあるよな、スリランカと思える。

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2011-03-30 07:47 | 2010年末スリランカ | Comments(0)

スリランカ・トリンコマリーは海のそばに滞在

スリランカ旅行:2010年12月25日~1月2日

トリンコマリーまではうろおぼえだが、7~8時間かかったかな。
乗ったバスは「セミラグシュアリー」と書いてあり、料金も340ルピーだったので、「これがインターシティか?」と思ったのだが、ノンエアコンで、途中で人がどんどん乗ってきて車内はぎゅう詰めに。

多少、車体がましなくらいかな…。セミラグジュアリーって。

そんなこんなでトリンコマリー到着が16:00すぎ。
このエリアは「歩き方」はほとんど役に立たないので、まったく地理がわからん。

かろうじて、10キロだか20キロだか先にニラウェリというビーチリゾートエリアがあるのは知ってたが、そこは安くても1泊50ドル以上はすると思われる、地元では高級リゾートエリア。
もとより行く気はない。

バスターミナル前は市場で、時計台もあり(スリランカでは町の中心にあるっぽい)、どうみても中心部なのだが、宿が見つからない。

スリーウィラ(タイで言うところのトゥクトゥク)のおじさんが寄ってきて「ニラウェリは高いぞ。1200ルピーの海辺のフレンチガーデンゲストハウスはどうだ?」という。ちなみにスリーウィラーの料金自体は350ルピーだと言う(高!)。

1200ルピーって900円くらいでしょ?
この田舎にしては高いんじゃない?
しかもスリランカでフレンチガーデンって何よ?

と最初は相手にしてなかったのだが、
その後、3人のスリーウィラーに同じことを言われ…。
地元の人に聞いても(英語はかなり通じにくい)、結局はスリーウィラーに案内される。

どうやら町の中心部にゲストハウスはない、あるいは外国人はフレンチガーデンゲストハウスに泊まることが決まっているようなので(笑)、ひとまず行ってみることに。

場所はニラウェリまで続くニラウェリロードを数キロ行ったところで、通りからビーチ沿いに入った場所に数軒のゲストハウスがある。

料金は若干の違いがあるが、同じくらいの感じだと思う。どこもフレンチガーデンを売りにしていて、普通の庭との違いがなんかよく分からんけど、流行なのか?

てかイギリス式庭園はきっちりした精緻な庭、フランス式はナチュラル(ある意味放任)な庭を指すイメージがあるので、単なるほったらかしの庭じゃないのか?


ま、海沿いの宿も悪くはないやね。
町中から若干遠いのが難点だが仕方あるまい。
その後、散歩に出たところ通り沿いに雑貨屋などはあるが、けっこう寂しいエリア。

*このエリアから町中まではスリーウィラーで250~350ルピーが相場。外国人が少ないのでこれ以上は安くならない感じ。ちなみに歩いて小一時間なので4キロくらいか? 夜道は暗く、回りに何もないエリアもあるので、夜はスリーウィラーを利用するのが無難だろう。

*ちなみにシャワーは、単なる上の方についた水道だった(笑)。お湯で出ないが、これはどこもそうだった。お湯が出るのは高級ホテルだけだと思う。

d0168345_9322484.jpg一軒目はフルで、隣のこの宿に。ローカルリゾートっぽいでしょ?(笑)


d0168345_9324280.jpg外観はけっこうかわいい装飾。町中では一度も外国人に会わなかったけど、ここらの宿には数人が泊まってた。それでも数人だけど。


d0168345_9325925.jpg部屋の中はベッドと机。個人的な感想だが、一般的に南アジアの宿よりは東南アジアの宿の方が小奇麗。安宿でもお湯が出るところも多いし。


d0168345_9331657.jpg目の前は海。天気が悪くにごっていてそのきれいさは分からんが。(それでもこの日が一番ましだった)


d0168345_9332941.jpg無料ではないが、やっぱチャイね。練乳砂糖たっぷり。ハエがけっこう寄って来る。夜は当然ながら蚊も。


d0168345_9334624.jpg夜ごはんは宿で。一応、クリスマス風。チェックインの際にオーダーを聞かれたので頼んでみた。おそらく人数が少ないので夜ごはんを食べるなら早めに頼んだほうがいい。


d0168345_934035.jpgお魚カレー(とダルかな?)。これうまいの! スパイシーな中、ほんのりココナツが聞いて、塩気と辛さがいい感じで(辛味はけっこうあるよ)、ごはんがどんどん進む。のだが、さすがにこの量は食べ切れなかった。米、多すぎでしょ。

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2011-03-29 09:31 | 2010年末スリランカ | Comments(0)

スリランカ・トリンコマリーまでのバス

スリランカ旅行:2010年12月25日~1月2日

トリンコマリーへは空港から一旦コロンボまで出て、そこからバスで向かう。

空港からコロンボまでは、まず入国エリアの出口から左に近くのバスターミナルまでの無料送迎バスに乗る。

10分以内くらいでバスターミナルに付き、おそらく「コロンボ?」と聞かれるままにバスに乗ればいける。

コロンボのバスターミナルはけっこう広いので、ここも行き先を連呼していればいつかは乗り場へたどり着けるであろう。

私は空港で、インド人2人組に声かけられ、彼らと一緒にコロンボまで行った。パンジャーブ地方から仕事で来てるそうだ。

なお、コロンボまでのバスは外国人は若干ぼられるっぽい。もともと大きな荷物を持ってる分、2席分を要求される可能性も多いのだが(これは仕方ないね)、インド人たちも文句を言いながら払ってた。

ただ、今思うに
スリランカのバスは「インターシティ」という(一応)ノンストップの急行バスがあるらしいのだが、コロンボまで乗ったバスはこれじゃなかったかなと。

実は以後、「インターシティ」には一度も乗る機会がなかったのだが、というか基本的にバス会社のカウンターでチケットを買うのではなく、そこに来たバスに導かれるまま乗るわけなので、私に選択権はない。

そもそも「インターシティ」を見かけたことないよ。

と思ってたのだが、最終日あたりに「インターシティ」はもしや車体がバスでなくてワゴン車なのでは?疑惑が持ち上がり(私の中で)、このコロンボまでのバスがワゴン車だったのだ。

なら若干料金が高めなのはわかる。

が、インド人二人は最初一人200ルピーを要求されていたので、それは暴利だと思う。
ちなみに乗車時間は小一時間だが、ローカルバス3時間で100ルピーくらいの相場。

彼らのやりとりを見ていた私が100ルピーを出すと、しぶしぶOKになった。
日本円で75円だが、これでも確かに高めの料金ではあったな。
[PR]
# by uraniwaneko2 | 2011-03-28 09:29 | 2010年末スリランカ | Comments(2)