裏庭の猫vol.2

ブログトップ

スリランカ・シギリヤロックへ

スリランカ旅行:2010年12月25日~1月2日

シギリヤロックというのは岩山の上に立てられた王宮跡。美女のフレスコ画でスリランカの中ではかなり有名な遺跡(と思う)。

ダンブッラのバスターミナルから約1時間半。本数は1時間に1本くらいはありそう。25ルピー。
バスはかなりおんぼろのローカル。

客が少ないのにすぐ出発してラッキーと思ったが、案の定、ターミナルのそばで客待ち…。
こりゃ出るまでに時間がかかるな…とぼんやり外の景色を見ていたら、「こんにちは」と日本人男性が隣の席に。


なんとこんなとこで日本人に!
今まで外国人に会わなかっただけに少々驚いた。


彼はアヌダープラから到着したばかりで、ひとまずダンブッラで宿を探そうとしたが、シギリヤ行きのバスが来たから乗ってきたようだ。

って荷物はどこ? 荷物もってシギリヤへ行くの?
彼は背中に手荷物くらいの小さなリュックしか背負ってない。

と疑問に思ったところ、荷物はこれだけだそうだ(笑)。
着替えは入ってパンツ1枚くらいしか入らないだろう。ガイドブックはポケットに入ってたが、それにしてもほぼ貴重品だけなんだろうな。なんて身軽! こりゃ宿を決めずに移動できるわけだわ。

そんな彼は遺跡名所中心に回る人のようで、ダンブッラには石窟寺院以外何もないと話すと、結局シギリヤの後に石窟寺院を見てそのままキャンディまで行くことにしたようだ。アクティブな人だな(笑)。

限られた時間でできるだけいろいろ行きたいらしく、予定にモルジブ日帰り往復まで挟んでた。日帰りで楽しめるのか、モルジブって…。
てかスリランカ航空のモルジブ経由の便にすればストップオーバーですむのでは?と思ったが、マイレージを使ってる関係で、バンコク→コロンボ往復、コロンボ→モルジブ往復という便になったよう。
なるほど、いろんな人がいるなー。

とそんな話をしている内に到着。
バスを降りたのは私たちだけ。他の人は付近の住民だったのか?

でも園内に観光客はそれなりにいる。
駐車場にはワゴン車がぎっしりで、車をチャーターして回る人が多いっぽい(ツーリストカー)。確かに大きな国ではないので移動時間もそれほどでもないし、人数が揃えば効率がいいだろう。個別ツアーになるので、行きたいところがあればよってもらえるだろうし。
料金は安くはないだろうが…。

d0168345_7333837.jpgダンブッラのバスターミナルまでは徒歩で。荷物がないとそれほどでもない距離。道路に牛さんがけっこういる。

d0168345_7335590.jpg市街地を抜けると緑豊かな田舎な風景。

d0168345_7341177.jpg画像ぶれてるけど、どこかの寺の援助で建ったと思われる幼稚園があった。

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2011-04-04 07:32 | 2010年末スリランカ | Comments(0)

スリランカ・ダンブッラまでの道&宿探し

スリランカ旅行:2010年12月25日~1月2日

シギリヤロックはダンブッラでの乗り換えが便利そうだったので、ひとまずダンブッラ。

9時半から10時くらいのバスに乗ったと思うのだが、途中故障で20分ほど止まり、そろそろダンブッラというところで食事休憩。
それでも13時くらいには着いたような…。


バスはコロンボ行きの途中下車。
分岐点が手前にあったのでターミナルまで行かず、またどこにいるのか分からなくなったが、やはり時計台があったので中心部の新市街ということはわかった。
「歩き方」の地図を見る限り、200mくらい先にターミナルがあるのでひとまず場所を確認し(そこそこ大きなターミナルだった)、宿のありそうな旧市街を目指す。

旧市街には大きなゴールデンブッダのあるダンブッラ石窟寺院もあり、そこから約1km。
歩けない距離ではないが、その距離であってる保証はなく、荷物も持っているのでローカルのミニバスに乗ってみることに…。

が、なかなか見つからない。
方向としてはあってるはずなのに、どうも「テンプル」とか「ゴールデンブッダ」という英語が通じなくて「行かない」と言われてしまう。

やっと片言の英語が話せるおじいさんが乗ってるバスにあたり、その人の手引きで乗れた。10ルピー。
なお石窟寺院の少し前で左手方向に曲がる分岐点があり、行き先によってはそこで下りる。
この時点で目の前にゴールデンブッダが見えているので、分かりやすいだろう。

ただ、旧市街って本当に石窟寺院以外は何もなく、まがりなりにも「市街」とついてるだけに、最初はブッダはいくつかあって、まだ先なのでは?と思った。

が、手前まで行くと「ゴールデンブッダ」と声をかけられたので、やはりここっぽい。


で、宿どこにあんの?


新市街はそこそこ町だが、旧市街はそれなりに有名な観光地とは思えない寂しい雰囲気。
「歩き方」の地図に寺のそばにいくつか載ってるけど、一つも見つからないんですけど…。

と、とぼとぼ歩いていると、私を見たあるおじいさんが、別のおじさんを呼び、その人が自転車で追いかけてくる。

やった。客引きに見つけてもらったぞ。

果たしてそのおじさんは宿のオーナーで、石窟寺院のある大通りから一本内側(間は公園のような感じなので通りから見える)に入ったところに宿があった。

おじさんの家族が住んでる家の3室がゲストハウスになってる。手作り感のある部屋で一生懸命な勧誘も好印象で即決めた。てか他の選択肢もあんまなさそうだが。

まだ石窟寺院にいける時間だったが、本日はシャワーを浴びてのんびり散歩。寺院向かって左には雑貨屋や土産物屋があるくらい。食堂は向かって右に数軒。

多分、ここは見学だけ訪れる通過地点なんだろうなーという雰囲気。静かなので2泊もしちゃったけど…。


なお、トリンコマリーからのバスがキャンディ行きだったらバスターミナルまで行き、その先の旧市街の方を通過するかもしれない。が、ローカルバス以外は止まってくれない可能性はある。

d0168345_7272030.jpgトリンコマリーの宿からスリーウィラーで出発。通りまでまだ水は溜まってる。

d0168345_7273535.jpg何枚も貼ってあった美女写真。歌手かな?

d0168345_7274919.jpgトリンコマリーは有数な漁港でもある(確か)。

d0168345_728362.jpgダンブッラ手前の食事休憩の場所に猫がたくさんいた。しかも美猫揃い。

d0168345_7281642.jpg宿の看板。

d0168345_7285879.jpg

d0168345_729723.jpg部屋の手前にテラスのようなものがある。

d0168345_729321.jpg一泊600ルピー(約450円)。シャワーは水。シャワー・トイレの区切りはカーテンで窓もガラスがはまってないので蚊は入ってくるけど、まあ、仕方ないわね。(部屋の窓はガラスある)

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2011-04-03 07:26 | 2010年末スリランカ | Comments(0)

スリランカ・トリンコマリーの様子/その他

スリランカ旅行:2010年12月25日~1月2日

d0168345_841220.jpg荒れる海。波がけっこう高く風もある。

d0168345_843050.jpg宿の部屋の前で茶しばきながら本を読んでいると牛の散歩に出会う。中でもなぜか夕方、連れ立って散歩しているのがおかしかった。2日ともそうだったので習慣になってるぽい。

d0168345_845079.jpg宿から通りまでの道も浸水。だんだん浸水度がひどくなる。じゃぶじゃぶ入って渡っていると、付近の住民が「こっちを渡れ」と案内してくれる。が、どこも水に濡れることには変わりない。

d0168345_85965.jpgあさって向いているが、いつも私のそばへ来るなつっこい犬。他の客のとこへはいかないので、好かれたらしい。のら犬と飼い犬の区別がつかないので宿の犬かは不明。

d0168345_853323.jpgスリランカ猫。あんまいなかったな。

d0168345_855594.jpg一休みするヤギたち。

d0168345_86178.jpg薄い三毛猫ちゃん。かわいいけど寄ってはこない。

d0168345_863954.jpg2日目の夜ごはんも宿でチキンカリー。米の量を減らしてと頼んだのに大盛りだよ。(宿のおっちゃんは笑いながら「おお、わかった」と言ってたが…)。仕方ないので夜と朝の2回に分けて食べた。料金は宿なので高め設定で、魚が275ルピーでチキンが250ルピー。チャイも85とチャイ屋よりかなり高いが3杯くらいあるのでこれはまあ…。

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2011-04-02 08:03 | 2010年末スリランカ | Comments(0)

スリランカ・トリンコマリーの様子/町中その2

スリランカ旅行:2010年12月25日~1月2日

d0168345_801658.jpg市場の前にもブッダ(絵だけど)と鹿。立派な角だわね。

d0168345_803660.jpgココナツの中の王様的キングココナッツ(そのまま)が売られてた。これのオイルが欲しいと思ってた。が、ここでは見つけられなかった。

d0168345_80586.jpgスリーウィラー。いろんな色あり。

d0168345_811988.jpgいつも欲しくなる陶器の壷的なもの。明らかに手荷物なので買えないのだが。

d0168345_814355.jpg携帯ショップ。物価が安いだけにこの手のものはものすごく高く感じるだろうなー。

d0168345_82358.jpg市場の裏手あたり。一応繁華街っぽい。

d0168345_822363.jpgこれモスクかな?

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2011-04-01 07:59 | 2010年末スリランカ | Comments(0)

スリランカ・トリンコマリーの様子/町中その1

スリランカ旅行:2010年12月25日~1月2日

d0168345_7552194.jpgいくつかの町を訪れてみたところ、町の中心に時計台があることがわかった。なのでここは中心部のはず…。

d0168345_7554288.jpgそばにバスターミナルがあり、その前が市場なので、車の往来も多い。

d0168345_75653.jpgターミナル内にも牛。今日はどちらへ?

d0168345_7562555.jpgと思ったら鹿も。よく見ると後ろにブッダの像があって(背中だが)、何となくありがたい風景。モスクはまだ見てないのに他の宗教のものばかり目につくな。

d0168345_7565274.jpgバスターミナルで朝ごはん。どこでもターミナルには軽食が取れる場所があるので便利。ここもチャイとスナックが食べられる小さい店が何軒かある。イスはジュースのケースで、店中には2人くらいしか入れないが。

d0168345_7571482.jpgまさしくカレーパン。チャイと一緒に計55ルピー(約70円)。青唐辛子が利いてうまい。大きいサモサを焼いた感じかな。これの方がいいなあ。てかこれ作りたい!

d0168345_7573231.jpg市場は野菜、生鮮食品が中心っぽい。

d0168345_7575086.jpg

d0168345_758460.jpgこの長い野菜は何だろう。長いも…には見えなかったな。

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2011-03-31 07:54 | 2010年末スリランカ | Comments(0)