人気ブログランキング |

裏庭の猫vol.2

ブログトップ

<   2019年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

猫と牧歌的な風景をまんきつ

台北からローカル線で約1時間。
猫村行ってきた。駅舎の中からそこここにいる猫はもちろん、のんびりした山間の村って風情がなかなか心地よい。頑張ってるけど、おしゃれじゃないファンシーな感じの猫演出がそこらじゅうにあって、これもなんかほほえましいし…。

ところで、ひとつ気づいたことが。ここへ来るのに乗り換えもあるから、図書館で地球の歩き方借りて、コピーしてきたのに、大事な欄外が全く見えないんだけど(笑)
普段は使い捨てじゃないコンタクトレンズで、旅行やダイビングのときは使い捨てレンズを使ってて…。もう年なので、普通のレンズ(老眼鏡じゃなく)で視力矯正する場合、近くをとるか(遠くは0.6か0.7)、遠くを1.0程度にして近くを犠牲にするかになるので、パソコンを使う日常は近くを、使い捨ては最近、遠く優先にしてみた。んだけど、こっちは本当に今打ってるスマホの文字すらぼけてる。空港とかの標識は見えるようになったけど、手元がこんなに見えないなら、やっぱ近く優先にもどすかなあ。あるいはこれで近くを見るときに老眼鏡を使うかだわね。ああ、不便だな
d0168345_16232271.jpg
d0168345_16235896.jpg
d0168345_16252513.jpg
d0168345_16255680.jpg
d0168345_16262798.jpg
d0168345_16265238.jpg
d0168345_16272425.jpg

by uraniwaneko2 | 2019-06-22 16:15 | Comments(0)

20年以上ぶりの台北

オンラインチェックインをしたので、成田でそのままゲートに進んだら、ゲートで止められる。搭乗券はプリントしていたけど、旅程表をプリントしておらず(スマホに転送はしてあった)、荷物の確認かなあ?行きは手荷物を10キロまで増量しておいたけど?(結局7キロで余裕だった)
と、しばし足止めされたが、座席は3列シートに一人だったので、途中は横になれてちょっとは楽だったからいいか。
桃園空港に夜中着だからそのまま夜明かし。上着はもってきてるけど、それなりに寒い。同様に夜明かしの人はそれなりにいる。椅子では完全に体が伸ばせないのであとで首とかいたくなりそう。
あ、ネットは認証なしでそのまま使えた。それでいいの?って思うくらい簡単。

これから台北駅まで行って、ねこ村へ。あとは適当。胡椒餅たべたいな。


by uraniwaneko2 | 2019-06-22 06:21 | Comments(0)

エジプト紅海ハルガダ5日目・最後もキンギョ?

ふと気づけば2週間あとにジェットスターのセールで取った台湾(週末のみ)だけど、ジェットスターってパイロットの有休取得で6月にかなりの便を減便する予定なんだって…。私が乗る便は対象外だったけど、こういうことってやっぱあるよね~。
てことで、20年以上ぶりの台湾は猫がたくさんいるところにひとまず行ってみる予定。


<ハルガダダイビング:2019年4月29~5月3日>

ナポレオン。まあまあ大きな個体だった。私は気づいてなかったけど、最初はとても近くに来てたらしい。何見てたんだろ?
d0168345_22502567.jpg
この手のウミウシは多いけど、これ、けっこうきれいな模様じゃない?
d0168345_22503341.jpg
d0168345_22500187.jpg
d0168345_22501870.jpg
d0168345_22501100.jpg
d0168345_22504190.jpg
d0168345_22505045.jpg
d0168345_22505876.jpg

by uraniwaneko2 | 2019-06-10 22:52 | 2019GWエジプト・ハルガダ | Comments(0)

エジプト紅海ハルガダ5日目・か、かわいい、ドクウツボの子供??

<ハルガダダイビング:2019年4月29~5月3日>
d0168345_19115681.jpg
最後、まとめて2本分です(あと1回)。同じポイントで2本(方向違い)だったのだけど、3本目はほとんど撮ってない(笑)

画像を見ると、ナポレオンを何度か見ている。多分、同じ個体がいったりきたり。
の他は、私的にはドクウツボの子供!!

ウツボといえばドクウツボしか見てない気がするけど、けっこうなサイズのが外で泳いでいて見ごたえありなことも多かった。

中、かわいいのを見つけちゃった…。
d0168345_19123260.jpg
これ、子供だよね?普通のウツボより少し小さいくらいだけど…。
d0168345_19122458.jpg
ウツボの子供って、親指くらいのを何度か見つけて(伊豆やアメッドで)、すっごいかわいいな~と思ってたけど、ドクウツボはさすがに普通のウツボより小さいくらいのサイズでもかわいい。

あとはこのメギス?いっぱいいた。名前、調べてもわからない。クレナイニセスズメ?でいいのかしら? 群れでいることあんまないけど、ここはそこそこの数で泳いでるときもあった。
d0168345_19121585.jpg
d0168345_19124150.jpg
d0168345_19124882.jpg
d0168345_19133135.jpg
d0168345_19131424.jpg



by uraniwaneko2 | 2019-06-09 19:15 | 2019GWエジプト・ハルガダ | Comments(0)

年末はイスラエル!とヨルダンかな

この時点で年末チケットをひたすら思案してるのは珍しいけど、さっきやっとネットでイスラエルのテルアビブ往復を購入した~。楽しみ~。

迷ってるときって、ビール飲みながら酔っぱらった勢いで買うことにしてるんだけど、今回はけっこう迷ったな~。つまりその分、何回(週末)も泥酔してたかも(笑)

名前のスペルミスないよな~ってのは酔いながら何回も確認してるけど、これでミスってたらもう終わりだね…(最近、思わぬミスをする年頃になったことを自覚)。

実は、もともと19年の年末はヨルダンがいいなあ~と考えてた。
レバノンも行ければなおよし。(陸路はおそらくシリアを通過しないといけないので今は無理か~。じゃ、飛ぶ?)みたいに考えていたときに、覚えているでしょうか?
18年の冬に鉄砲水の被害が出たことを…。
ヨルダン行ったら、さすがに遺跡に興味ない私でも行きたいなと思っているペトラで鉄砲水の映像を見て…。
そして死海付近でも確か多くの小学生(20人くらい)が亡くなったという悲しいニュースがあったような…。

そこでヨルダン気分が盛り下がり、じゃ、イスラム圏で行きたかったウズベキスタンが浮上。

してたけど、寒くてオフシーズンというのと、なんだかんだ燃料代が安くなる時期を待ってたのが災いして、加えてチケットを取りにくい諸事情が発生し、迷ってる間に思ったよりチケットが高くなり…。

そこから、(フライト数が多いからだと思うけど)ドバイが案外安くて、ドバイからのオマーン陸路or片道のみ飛行機別便で(オマーンに直接飛ぶのはすでに高い。検討した時点で7万円くらいは違った)、ついでに絶対いかなさそうなクウェートかバーレーンにも日帰りで飛んでみるとか?(ドバイから往復3万円くらいだけど、日本からは目指さないので)みたいに思ってたけど、迷ってる間にドバイのチケットが値上がりして、んじゃ日程短くしてやっぱウズベキスタン。でも寒いよねえ。

みたいに迷ってたら、先週、「あれ?イスラエル安くない?」ってこと発見しちゃって…。

イスラエルって、仲良くないアラブ圏に行ってたり、これからそうした国に行こうと思うと非常にめんどくさい国なので、これまではぜんぜん候補になかったのだけど、ヨルダンのチケットが20万円超えの時点で、8万円くらい安い。
イスラエルとヨルダンは陸路でまだ行き来がしやすく(レバノンとかエジプトは無理)、そこに1万5千円から2万円はかかりそうだけど(イスラエルは物価がかなり高い)、「これありじゃね?」。

ってことで、さっき買いました。多分、イスラエルとヨルダンの出入国でノースタンプでお願いすれば、レバノンやパキスタンも、もしかしてビザが緩和されてサウジなんかも行けるかもしれません(運の悪いことに、この年末がちょうどパスポートの切り替え時期(半年前に切り替えが無難)でイスラエル入国からパスポートが新しくなる)。

イスラエルは物価が高い…。ヨルダンも高いと思ってたけど、それより全然高い(笑)。
でもキリスト教とか関心薄い私でもエルサレムは興味深い。
頑張って(予算的に)行きましょうかね。

でも宿が高いので、移動ルートを決めて先に予約しておいた方が無難だな~。
今はネットで安宿が予約できるから、ありがたい(と同時に先に予約しておかないといけないのがネック)

イスラエルもヨルダンも紅海で潜れるので、ダイビングも一瞬考えたけど、水温がおそらく20度以下で、どっちの国も小さい国で移動が死海(マイナス400メートルとか?)から標高800とかなのでダイビング後の移動に注意が必要で、それに日数とるのはもったいなく、今回は潜らない旅で行くか~。エジプトで潜っておいてよかった。
by uraniwaneko2 | 2019-06-08 18:02 | Comments(0)

エジプト紅海ハルガダ5日目・沈船

年末チケットひたすら思案。
どうするかなあ。料金的にすでに厳しいところばかりで、なんだか誰かと話ししたいけど、最近、本当に旅の話ができる人がいなくなった。どうせ決めるのは自分だから、とっとと決めればいいけど、なんか途中でひと息入れたくなるんだよね。

<ハルガダダイビング:2019年4月29~5月3日>
d0168345_21400005.jpg
この日は、1本目が深めの沈船の予定で、そこで潜れないオープンウォーターと体験ダイビング、シュノーケルの人がいる関係で、その後、別のポイントで2本潜る予定だった。

ということで、最初に沈船に行くかどうか聞かれたとき、正直、沈船はあんまり気乗りしなかったのだけど、バディさんが沈船に潜りたいということで、まあそういうならということで沈船に。

しかしやっぱいまひとつ面白くなくて、なんだかんだ残り2本も潜らせてもらった。
(タンクが足りてたので)

沈船。欧米人とかは好きな人多いけど、私は最初がトランベンの沈船だったせいか(ここは船が大きいし、カンムリブダイもいるし、魚たくさんで楽しいポイント)、その後面白いと思ったことがあんまりない。
深いところにあって、だいたいエアの早い人に合わせて30分くらいしか潜れないし…。

船好きの人には申し訳ないけど~。

d0168345_21400701.jpg
d0168345_21401467.jpg
d0168345_21402108.jpg
d0168345_21402894.jpg
d0168345_21403487.jpg
d0168345_21404139.jpg
d0168345_21404707.jpg
d0168345_21405434.jpg

by uraniwaneko2 | 2019-06-01 21:42 | 2019GWエジプト・ハルガダ | Comments(0)