裏庭の猫vol.2

ブログトップ

<   2018年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

水温21度、でも魚たくさん

今日は風がなかったので、水面休息がだいぶまし。水温は私のダイコンで21度(笑) 水中では30分越えた頃から冷えてくる。きのうよりだいぶおだやかなポイントで、泳ぐのが楽な分、冷えてくるのが早い。バブとドライ用グローブで乗りきった感じ…。ボートコートは必須(貸してもらえた)。
2本とも浅いポイントでカラフルな魚とおいしそうな魚の群れが見れて、昨日のポイントが魚が少なめなポイントだったから、楽しい~って(笑) 
d0168345_15590356.jpg
d0168345_15592746.jpg
d0168345_16000627.jpg
d0168345_16003209.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2018-07-28 15:35 | 201807ニューカレドニア | Comments(0)

マンタ出ず(笑)

d0168345_18180973.jpg
今日はゲスト3人で、誰もマンタを希望してなかったけど、明日はそのポイントが無理そうだし、せっかくだからと勧められ、マンタポイントへ。でも透明度が今一つで、よくて15程度で白く濁っててマンタ出ず(笑) グレイリーフシャークが10匹くらいの群れでいたかな。ただ離れてるからうっすらとしか見えないのが残念な感じ。水温が22度程度と低い時期は透明度の良さとか群れを期待できるっぽいけど、やっぱり当たらないもんだな~。
ということで夕陽の写真で。
ただ、今日は最初のエントリーのとき、水面で息切れ起こして息がはけなくて困った。息切れは6月にいつもの駅の階段を登ってる最中に一度起こして、我ながらびっくりしたけど(今までこんな息切れしたことなかったから)、もう年ってこと?今日はボートが揺れて水面も波立っていたけど、それをいうならこのあいだのブルネイの方がよっぽどひどかったし…。少しきつめの有酸素運動でもして循環器を鍛えた方がいいのかな。でも内臓ってなかなか鍛えられない気がする


[PR]
by uraniwaneko2 | 2018-07-27 17:49 | 201807ニューカレドニア | Comments(0)

機内でマンタ(笑)

d0168345_23492743.jpg
2日前に初めて知ったんだけど、ニューカレドニアでは金曜日から日曜日まで、スーパーなどのお店で午後からお酒を売らないらしい。ダイビングは金曜日と土曜日。えっ、じゃ潜ったあと、ビール飲めないの? なんてこと…。(レストランなどでは飲める)
ということで、ブルネイに引き続き日本からビール持ち込み。エアカランは23キロまでで、今回は水温低い分、機材が重くて調整が大変(笑)その2本のせいて1キロ増えるからね。
でも、マンタビール飲めないのか~と思ってたら機内で飲めた(笑)
最近フライトでは飲まないけど、マンタビールあったからつい飲んじゃったよ。

[PR]
by uraniwaneko2 | 2018-07-26 23:34 | 201807ニューカレドニア | Comments(0)

はずみで真冬のニューカレドニア

前日までモンゴル行きのチケット買うつもりで、値上がりしてて迷ったはずみでヌメア行きのチケットを購入してしまった。絶対行くことはないと思ってたな、ニューカレドニアなんて。そもそも一人で行くとこ?(笑)
そんな感じだから、まさかの気温20度、水温22度の真冬だとは…。まあオセアニアに近いからよく考えればそうだし、だから安いと言えるけど。
今日は東京もぐっと気温が下がったけど、まださらに寒いとこに潜りに行くんだな~。避暑地かって(笑)
そして台風12号の関東直撃の可能性。帰りに影響するかもなー。一応、帰国日(朝帰りで出社)は人に代わってもらわないといけない仕事はいれてないけど、万が一フライトが翌日になったら成田から機材持って取材に行かなきゃだ。まあそれを考えてたらきりないから、ひとまず行ってきま~す

[PR]
by uraniwaneko2 | 2018-07-26 11:36 | 201807ニューカレドニア | Comments(0)

モアルボアル陸編・これで最後。かわいい猫ちゃんに会えた

<セブ島モアルボアルダイビング;2018年6月24日~26日>
d0168345_07595574.jpg
部屋の前がテーブルとイスが置いてあるテラスになってて、
ある日、ダイビングから戻ると茶トラがイスで寝てた!
なんてラッキー!(単純)

薄暗い中だったので、そおっと近づいてあかりをつけてみたけど逃げない。
しばしなでなでして、部屋に荷物おいて戻ったらもういなくなってた…。
テラスで猫を眺めながらビール飲もうと思ってたのに~。

最初は後ろ向きに寝てた。
d0168345_07595042.jpg
このこはタトゥー屋さんの子。
毎日、店の外にいたし首輪してるし。
作業しているから中には入れてもらえないのかも。
外から眺めてることも多かった。かわいい。
d0168345_07591790.jpg
早朝散歩したら三毛の子猫がレストランの残飯をあさってた。
d0168345_07594587.jpg
今回泊まった宿はこんな。
確か1泊4000円程度で、エアコン、ホットシャワー、朝食つき。冷蔵庫もある。部屋は普通だけど広め。
d0168345_07592161.jpg
d0168345_07593515.jpg
飛行機がセブに近づいてるとこ。
空港からモアルボアルまでは山を越える。これには写ってないけど上空から見るとけっこう山だったな。
そうそう、今回、昼間の移動で渋滞でモアルボアルまで5時間以上かかった。普通は3時間程度。ま、こんなこともある。
d0168345_07592019.jpg
d0168345_07584791.jpg



[PR]
by uraniwaneko2 | 2018-07-25 08:02 | 201806モアルボアル | Comments(0)

モアルボアル陸編・ビーチ沿いのホテルは近い内になくなる!?

<セブ島モアルボアルダイビング;2018年6月24日~26日>

モアルボアルはビーチがほんの少ししかない。引き潮のときに少しできる感じ。

でもこれは本来建ててはいけないビーチの上にホテルとかレストランを建設しているためで、
今それが問題になっているのだとか。
近い内にビーチ沿いのホテルはなくなることが決定しているらしい。
立ち退き料が出るわけでもなく、解体費用も自分持ちで…。

利用したダイビングショップは、ビーチと通りを挟んだ側なので今のところ大丈夫だそうだが、
ビーチにかなり近いのでいずれは…みたいな…。
ボホールもそうだけど、フィリピンは今…(自粛)。
モアルボアルで次に潜る機会はやってくるんでしょうか??
d0168345_08022868.jpg
d0168345_08024080.jpg
d0168345_08024558.jpg
d0168345_08025132.jpg
この狭いところの前にお土産物屋が何軒かあって、ついジンベイの木彫りの置物を…。ここではジンベイは出ないけど、オズロブ(ジンベイに餌付けしてる)行ってモアルボアルに寄って帰るツアーがあるらしく便乗している模様。小さいの1つ200ペソと言われて、まあ土産物だしなあと思いつつ、次の店で聞くと1つ150(笑)。2つ買えば安くしてくれる?みたいに聞くと250に。気に入った模様もあったのでお買い上げ。最近は土産は買わないんだけど、こういう海ものはつい買っている。というかジンベイものはボホールでも買ってるな…。
d0168345_08032659.jpg
d0168345_08025881.jpg
d0168345_08030505.jpg
d0168345_08031267.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2018-07-24 08:12 | 201806モアルボアル | Comments(0)

モアルボアル陸編・レストランはけっこうあるけど、野菜不足になりそう…

<セブ島モアルボアルダイビング;2018年6月24日~26日>

モアルボアルは西洋人が多いので、レストランやバーは充実している。
と言われている(笑)
まあ、田舎のダイビング村というイメージ。
のんびりしてる海沿いの場所にダイビングショップと宿とレストランが凝縮してるような。

私は、潜れてビールが飲めればそれでいい、と思っているので
その手のレストランは1度も入ってないけど、
前回友人とその子供ときたので、夕食はレストランだった。
けど、もう1度行きたいと思ったわけでもなかったような…。

しかし、モアルボアルで案外、気軽に食べられるところがない。
そして野菜がぜんぜんとれない…。

最終日、一緒に潜った人に少し歩いた先にトロトロ(食堂)があるのを教えてもらったので、
次行く機会があったらそこで食べよう。
↓鍋にいろいろな惣菜が入っていて選べるやつ。この人は初日に1000ペソ渡して毎日通って最終日に精算してた。あるいは少しの残りはそのままおいてきてるのかもだけど。
d0168345_07433511.jpg
宿の朝ごはん。
泊まってた宿の系列のレストランなので、そこそこのホテルだと思うのだけど、
フィリピンを選ぶとこれ。
ザ・フィリピンの朝ごはん(笑)。野菜がこれっぽっちもない。
d0168345_07430806.jpg
ちなみにパンを選んでも野菜はなかった。
野菜サラダだけってのはあった。
でもこれから潜るのにサラダだけって厳しいしね…。
d0168345_07432477.jpg
レストランが並ぶエリアのはじに、遅くまでやってる食堂が数軒並んでいる場所がある。
そこは比較的安いみたいで大勢でにぎわっていた。
1人で入りやすくナイトダイビングの後でもぜんぜんやってるから、夜はそこで。
パンシットカントン(焼きそば)とフライドライスを食べた。
もちかえりもできる。
ただ、にぎわっている割りに正直そんなにおいしくないと思う…(笑)
d0168345_07425411.jpg
d0168345_07431688.jpg


[PR]
by uraniwaneko2 | 2018-07-23 07:49 | 201806モアルボアル | Comments(0)

モアルボアル・ペスカドールその3、オシャレコンペイトウウミウシ?

<セブ島モアルボアルダイビング;2018年6月24日~26日>
これでダイビング編は終わり。
このウミウシ、オシャレコンペイトウウミウシって奴?
いろいろ検索してコンペイトウウミウシかと思ってたら、オシャレ付きのが(笑)
d0168345_11264174.jpg
ザラカイメンカクレエビ? 見えないよね~。手前に透明なのがいるはず
d0168345_11265969.jpg
ガイドは案内してくれなかったけど、ドロップオフのちょっと砂が溜まってるところで探すとけっこう見つかった。ニチリンダテハゼ。幼魚を見つけたかったけど見つからず…。
d0168345_11270578.jpg
d0168345_11271055.jpg
d0168345_11271694.jpg
d0168345_11264922.jpg
d0168345_11265485.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2018-07-21 11:30 | 201806モアルボアル | Comments(0)

モアルボアル・ペスカドールその2

<セブ島モアルボアルダイビング;2018年6月24日~26日>

ひとまずモアルボアルに戻ろう。
d0168345_06560389.jpg
d0168345_06561075.jpg
オオモンカエルアンコウ。
d0168345_06561691.jpg
小さめのウコンハネガイが4つかたまってた。
d0168345_06562861.jpg
左の方にニシキフウライウオ。
d0168345_06563300.jpg
ボートの上から水面見たとこ。透明度いいな~(笑)
d0168345_06564719.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2018-07-20 06:59 | 201806モアルボアル | Comments(0)

修行のようなダイビングだった…

ブルネイのダイビングは沈船が多い、透明度あまりよくない、海況もよくないことが多い。数少ない情報から得た前知識はこんな感じ。
んで実際潜ってみて今日の感じだとビギナーにはけっしてすすめられないし、ベテランでもわざわざ行くなら各国の沈船制覇したいという人以外にはおすすめできないかなあ。
今日はまた波が高くてね~。酔止め飲んでても辛い。水面休息では何回、胃液を海に注いだか。飲んだ水は全部海に注いで、毎回トイレも(3本行ったきりだけどボートにトイレない)してたから体の水分が足りなくなったらどうしようって…。いつも酔い止め飲んでるので、ここまでひどかったのは初めて。ただ、私以外に欧米人が5人いたけど、彼らは誰一人酔ってなかったけど。
で透明度。メコン川みたいな色の港から出航して、伊豆でがっかりな感のときの海の色のポイントにエントリー。最初は期待を裏切らず味噌汁状態。下へおりて3から5m。
d0168345_17464410.jpg
ちょっと上がってうえを見上げて少し見える感じ。これですごく見えて感激(笑)
d0168345_17471498.jpg
2本目は1本目より深く、一番浅場で18m。ダイコンぎりで30分しか潜れなかった…。
でも少しだけまし?少しだけど。
d0168345_17493213.jpg
d0168345_17500433.jpg
d0168345_17502551.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2018-07-15 17:25 | 201807ブルネイ | Comments(0)