裏庭の猫vol.2

ブログトップ

<   2012年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2012ベランダ菜園始動!

ぜんぜんアップが間に合ってなかった畑は昨年末で終了した。

なにやら建築計画が持ち上がって畑そのものがなくなってしまうとか…。
当然、他の畑を探したり、畑仲間(?)のおじ様たちと情報交換もしたわけだが、結論として自転車で行ける距離にはない、と。(民間で月1万近くとかはあるけどね…)

リタイヤ組の人で車を持っている人は、若干遠くの畑を借りたりした人もいた。
が、私にはもうベランダ菜園しか残されていない。

この築40年越えの狭いベランダでどこまでできるんかいな、ということはあるが、やってみよう。
というか、畑と同時にベランダもやってたし…。

大物ができないのは残念だけど、種が残っているのでオクラとか作りたいなあ。場所があるかって感じだが。

現在やってるのはニラ、わけぎ、あさつき、イチゴ、ここまでは畑からの移植組。そして新規で種が残っていたコマツナとサラダ水菜。

ベランダだとあと、青じそやバジルもあると便利。種が残ってる枝豆なんかもやりたいけど、おととしベランダの枝豆は育ちが悪かったので日光量が足りないのかもな。

d0168345_7465088.jpg隣の畑に勝手に出てきたニラを移植。冬場はほぼほっておいたがちゃんと育ってきた。ニラは強いな

d0168345_747298.jpgこちらも畑からの移植組。あさつきとわけぎ。どっちがどっちかはまだ分からない。あさつきは自分が育てたもの。わけぎはたまに話してたおじさんから。わけぎの方がおいしい。

d0168345_7474435.jpg上のは畑から持ってきてそのまま移植して冬越え。こちらは2週間前に植えたもの。乾燥しすぎてもう駄目かと思ったが、伸びてきた。これもあさつきなのか、わけぎなのかまだ分からず…

d0168345_748328.jpgわけぎをくれたおじさんにイチゴももらった。発泡スチロールに入れ不織布をかけたものの、この冬は寒かったので冬が越せないのではないかと思ったが、無事新しい芽が出て花もつけてきた。旅行前に移植するか?迷うところ

d0168345_7481962.jpgコマツナと水菜。同じアブラナ科なのでどっちがどっちか分からなかったが、少し本葉が出てきたので左が水菜みたい

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-04-28 07:50 | 2012_13ベランダ菜園 | Comments(0)

マレーシア・ティオマン島準備で初めての使い捨てコンタクト

ティオマン島旅行:2012年4月29日~5月5日

ああ、もう明日の深夜発なのに、やっぱ準備はなかなかできない。

まあ、それほど新規で購入するものはないのでってこともあるけど、今回はボートダイビングがメインだし、そもそも島へ渡る船が揺れるらしいので、とりあえず酔い止めは買った(笑)
ダイビング中に酔い止めっていいのかいな?と思うが、使っている人は多そうだし、むしろ戻してレギュが詰まったりする方が危ないので、いいんだろう。

それ以外に、使い捨てコンタクトも買ってみた。
いつもはハードレンズ(何年も前のをいまだ使用中)。
ダイビング中にマスクに水が入ることもあって、コンタクトってのはけっこう困りもの。度付きマスクを買うのはちょっとまだ金銭的に…なのでしばし使い捨てコンタクトで。これならなくしてもスペアがあるわけだし。

ソフトレンズは初めてだけど、まあまあ良好(駄目な人もいるらしい…。前もって買ってよかったよ)

あとは…復習?(笑)
ビギナーだから基本だけはおさらいしとかないとバタバタするしなあ。
と思ってたのにやっぱできてない。
あの教本重たいから持って行くのはやだなあ。
大事なところだけダイジェスト版作ってくれないかいな…。


迷ったが、今回は水中用カメラとダイコンはなし。
(てことで海写真はあんま期待できない。シュノーケル用に例のビニールパックは持ってくが)
お金もないけど、やっぱ海に慣れることが最初だわね。
[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-04-27 08:16 | 2012_5ティオマン島 | Comments(0)

マレーシア・ティオマン島にしたわけ

ティオマン島旅行:2012年4月29日~5月5日

KL往復を取ったらその先を考えないと…。
マレーシアは5月最初に連休があるので、おそらく予約なしで海は厳しいと思われる。

それまでさんざん南太平洋&ミクロネシアを思い描いていて、クック諸島、トンガ、サモア、チューク、ヤップあたりは調べていたが、マレーシアはノープラン。

でも、以前に旅先で会った人にティオマン島のことを聞いていたので、まず調べてみた。
季節的にはOKで、日本人ダイビングショップもある。


そこで欲が出て、季節的にOkな東海岸を調べてみると、クアラトレンガヌ周辺のプルヘンティアン島などもよさげなことが分かった。

こちらは日本人がいるダイブサービスはさなそうだが、そして日本からの予約も手間がかかりそうだが、クアラトレンガヌまで飛べば、その空港に予約カウンターがあるとか。いくつか島があって、ティオマン島よりは選択肢が多そうだった。

でもマレーシアの連休に重なるだけに、現地で宿がいっぱいで予約できない可能性もあるんだよねー。島に渡らずに町探索でもいいんだけど、すでに気持ちはダイビング。

それに、普段なら言葉が通じないことはあまり気にならないんだけど、ダイビングって言葉が通じないことが命取りになる可能性があるわけで。
ガイドなら英語は通じるだろうが、ダイビング用語はまだ日本語でもほとんど分かってないレベルだし。経験をつめば何をいってるか推測できるんだろうが、まだそんな技量にはとても及ばない…。(この後、ダイビングについて調べてたら、えーこんなこと起きちゃうの~ってことがけっこうある)

まあ、海の中では何語でも話せないんだけど(笑)、ポイント説明とか、あと命に関わらなくても魚の名前とか英語で言われても分からんよりは日本語がいいよねえ。
と迷って、ティオマン島に気持ちが戻り、ダイビング旅行記などを検索してみると「猫」というワードが多いことに気付く。

モスリムの国ってもともと猫が多いんだけど、ティオマン島は「人口より猫が多い」猫アイランドみたい。

これで決まり(笑)。

即行、ダイビングショップに予約入れて、そこで宿も予約してくれるのでお願いした。エアアジアが万一飛ばなくてもキャンセルOKだったし。

ティオマン島はランカウイやペナンに比べるとぜんぜん田舎の島だけど(海の状態がよくなければやることないような…っていつも?)、こんなところに日本人ショップがあるってありがたいよねー。

ちなみに宿はその村に14軒だかあるらしいが、1軒が3~6室程度って宿も多く、予約が無難。特に日本人ショップがある場合はGW中それなりに込むだろうしね。
水シャワーの一番安い部屋は50RMだけど(約1500円)。マレーシアはタイとかよりは若干物価が高いイメージがあるので、海辺にしては安い値段設定かな?
[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-04-15 07:51 | 2012_5ティオマン島 | Comments(1)

マレーシア・ティオマン島、KL往復チケット取る

ティオマン島旅行:2012年4月29日~5月5日

2月のはじめ、マイレージ特典をあきらめた私は結局エアアジアでクアラルンプール往復を取った。

実はエアアジアはタイ時代、周囲の評判があまりよろしくなくてあんまり考慮にしてなかったのだが、やっぱ安さに負けた。
特に日本線はね…。

オンラインでチケット取るのはこれまでにもシンガポールやマレーシア航空(両方英語)で取ってたけど、エアアジアは日本語で取れる。

1箇所、入力に迷うところがあったのだが(日本にないものの入力欄があったのだと思う、何かの登録番号みたいな…もう忘れたけど)適当にやりすごして取れた。

前にも書いたけど復路はキャンペーンで、最初に検索したときは9000円で、実際取るときは5000円になってた。
これに荷物(往路15キロ2000円、復路20キロ2500円)とついでにKLセントラル駅までのバス往復(420円)も取ってしまった。
バスは予約の段階で取ったほうが安いのだが、よく考えたら今は電車があるので、料金は高くともそちらの利用の方が時間短縮になる。ので、多分バスは使わないな…。
ただし、KLのLCCターミナルから電車の乗れる通常のターミナルまではエアポートバスで10分くらいかかるのかな?まあ、これは仕方ないね。


そうそう、予約で一つポカしちゃって…。
搭乗者の名前はパスポートと一字一句違ってはいけないから何度も確認したのに、予約者の名前が一字間違ってた(笑)。
まあチケットの名前はあってるので、搭乗には問題ないだろうが、ちょっと気がゆるんでたなー。


あと、一つの不安材料として、予約段階ではまだ政府の認可が完全に下りていない便、という表示があったこと。(下の画像右横)
さすがに飛ばない場合は料金は返ってくると思うが、GWにどこも行けなくなる…。

ので、取った後はしばしばサイトをチェックしてたが、3月中旬から飛ぶはずなのに3月に入っても何のお知らせもない。ただ、予約確認画面で「政府の認可が必要」という記載が取れていたので、電話して確認したら、「OK」とのこと。

てか、個別にメールで連絡くれるのは期待しないにしろ(LCCじゃなければ個別にメールで連絡来ると思うが)、サイトのお知らせ欄くらいには載せようよ!って感じ。

電話で応対してくれた人いわく「予約の段階で最終確認で、ほぼ便が飛ぶのは確定ということですから…」ということだったが、最近ジェットスターで認可が遅れた関係で、最初の数日が飛ばなかった例もある。こういうとこがLCCなんだろうね。

d0168345_744348.jpgこれを見ると復路5400円になってる! まあいいけど。総額約39000円はやっぱ安いよね。燃料代込みだもん。

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-04-14 07:43 | 2012_5ティオマン島 | Comments(0)

バングラデシュ・これで終了

バングラデシュ旅行:2011年3月8日~3月20日

バングラ編、これで終了。
震災時にいただけに、今後も3月になると折にふれて思い出すんだろうな。

空港でも、職員に震災について声をかけられたなー。

そして飛行機を待ってる間に隣のイスにカザフスタン人の女性が座っていて、その人も「家族や親戚は大丈夫なのか?」と心配してくれた。

彼女の風貌が日本人みたいだったので声かけたのだが、なんと初のカザフスタン人。
中央アジアはまずウズベキスタンだろうが、その次はカザフスタンに行きたいから、いろいろ話を聞きたかったが、このときはさすがに震災の話が中心だった。

d0168345_1043584.jpg宿の近所に止めてあったスクールバス(笑)。子供とはいえ何人も乗ったら人力では厳しいだろうに

d0168345_10442088.jpgダッカ空港は新しい。が、蚊が割りといた。近代的な空港で蚊がいるって珍しいかも

d0168345_10444291.jpg

d0168345_10445711.jpg

d0168345_10451411.jpg空港のお土産物ですごく欲しかったリクシャの置物。30センチくらいある大物で、手荷物でもって行くことがムリだろう、あるいは壊れると思ってやめた。今、見てるとやっぱ買えばよかったなあと後悔

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-04-13 10:43 | 2011バングラデシュ | Comments(0)

バングラデシュ・ニューマーケットその2

バングラデシュ旅行:2011年3月8日~3月20日

d0168345_10404726.jpg小腹がすいたのでファストフード店ぽいところに。

d0168345_1041429.jpgベジタブルチョウメン(50タカ)。インドでもよく食べた中華の焼きそばが元になったと思われる麺。てかこの前の屋台のもチョウメンだったのか…?右はチキンサンド(40タカ)。迷ったので両方食べて見たんだろうな、覚えてないけど

d0168345_10412296.jpgお祈りの時間はずらっと男性が並ぶ。この日、そういえば安息日の金曜日だったけどマーケットは開いてたんだな

d0168345_10414042.jpg

d0168345_1041503.jpg帰りのバスは激混み。グルシャン方面で1本だった。降りる場所(宿のそば)が分からなかったが勘で降りたら近くだった。よかった

d0168345_104281.jpgバス乗り場の前で売ってたのでイチゴを買う。50タカなので高級フルーツだな。固くてすっぱい品種改良してないイチゴ。ま、日本みたいに甘いのはハナから期待してなかったが。

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-04-12 10:40 | 2011バングラデシュ | Comments(0)

バングラデシュ・ニューマーケット

バングラデシュ旅行:2011年3月8日~3月20日

オールドダッカの後はニューマーケットへ。
名前の通り新しい市場なのであろう。

ダッカ大学の西側あたりにあるらしいが、親子にバスを教えてもらってとりあえず乗ってみる。
後はそれらしきところで止まるたびに「ニューマーケット?」と聞けばOK。

ついてみるとけっこう大きな市場で中で迷うが、それなりにぐるぐるしているうちに場所も把握。
もはや記憶が混同しているが、生活用品を中心に種々雑多なものが売られていた。

バングラはお土産の類がまだまだ少ないと思うが、ジュートのプリントバックとかけっこうかわいいものもあったな。プリントものはさんざん迷って買わなかったのだが。

d0168345_10364511.jpgローカルバスは行き先がわかりにくいがニューマーケットはランドマークなのでまだ行きやすいだろう

d0168345_1037968.jpgやっぱ最初はサロワカに目がいく

d0168345_10372865.jpg

d0168345_10373832.jpg

d0168345_10375042.jpgああ、これ欲しい~と迷いに迷う。

d0168345_103885.jpgで、買う。大きい方が150タカと少々高い。外国人が少ないからボリプライスでもないと思うのだが。他にスパイス、マスタードオイルなど

d0168345_1038255.jpgジュートバッグ。けっこうしっかりしている。2つで180タカ。

d0168345_10384267.jpgココナツオイルも。2つで80タカ。左がインド産、右がバングラ産。なんとなく国の産業の差が分かるデザイン

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-04-11 10:35 | 2011バングラデシュ | Comments(0)

バングラデシュ・オールドダッカぶらぶら・2

バングラデシュ旅行:2011年3月8日~3月20日

しばらく歩いていると、なんとなく食べ物とか日用品とか別れていることが分かってくるが、やっぱ親子に案内してもらったのでスムーズに歩けた感じかな。

食べ物エリアはけっこうエグイものがあるので、こういうのが苦手な人は近寄らない方がいいかも。
ここの場合はヤギ肉が多かった。
しかもその場でさばいている…。
そういう意味で今までで見た市場の中では衝撃度がトップ。

私はさばかれ中もしくは後の豚、鳥、うさぎ…は見たことがあるが、実際に殺すところは見たことがない。
(なお、さばかれる直前の豚を見たことはあるが、なんともいえない悲痛な声で鳴いて脱糞する。けっこう辛い)

なぜかこのとき、「ここは一度見ておくべきか」としばらくヤギ肉をさばいている店の前で待ってみた。
あんなに「子ヤギかわいい~!」と言ってたくせに、私の中ではヤギは完全に家畜なんだなと自分で納得。

ドキドキしながら待ってたが、一旦売れるまでは次ぎのヤギに手を出さないのか、親子の方が「早く行こう」としびれをきらし、結局見ることはできなかった…。

が、次ぎのカメエリアでカメをさばいているのに遭遇。
したのだが、爬虫類っていつ死んだかが分からない…。
甲羅をはがすところはけっこうエグイがおそらくヤギの比ではないんだろう。(下に画像あり。ヤギほどは衝撃度が少ないのでまあ載せても大丈夫かと)

ダイビング中に海ガメに遭遇すると嬉しいが、そしてけっこう保護もされているが、こうして食べられてもいるわけで…。
いろいろありがとうと感謝ですな。

d0168345_106330.jpg一旦広いとおりに出たら映画館。長い映画を上映してるんだろうね

d0168345_1062183.jpg食べ物エリア

d0168345_1064024.jpg

d0168345_1065632.jpgの途中にも祠

d0168345_107145.jpgさばかれたカメ。海ガメと思うとけっこう小さい(川にいるカメ?)。カエルと比べたら肉があるのでこれくらいでもいいんだろうが。

d0168345_1073247.jpgここがオールドダッカのランドマーク的な場所?最後に来ちゃったが、ここを起点にすると位置関係が分かりやすいのかも?

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-04-08 10:08 | 2011バングラデシュ | Comments(0)

バングラデシュ・オールドダッカぶらぶら

バングラデシュ旅行:2011年3月8日~3月20日

d0168345_1021598.jpg大通りから中に入ると狭い道が入り組んでいる。まだ店も開いてないが、リクシャや人通りはそこそこある。うっかりするとリクシャに引かれそうになるので注意。

d0168345_1023255.jpg時期的にヒンズーの水かけ祭りが近かったのかも。色水をかけまくるのでこれに遭遇すると後が大変。インドで一度遭遇したことあるが、バスから出してもらえなかった…

d0168345_1024973.jpg皮を剥いているので果物屋台かと思ったが…そうではなく野菜。

d0168345_103781.jpg東南アジアのカットフルーツのように野菜を食べ歩くらしい。ヘルシーだな。バングラ人はニンジンの食べ歩きがお好みみたいで、しばしばかじっている人を見た

d0168345_1032665.jpgはやり布物露天が多い。女性がむらがっている場合も

d0168345_1034524.jpg

d0168345_103572.jpg店舗みたいな中にヒンズーのお祈り場所が。暗くてよく見えないが

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-04-07 10:01 | 2011バングラデシュ | Comments(0)

バングラデシュ・オールドダッカへローカルバスで

バングラデシュ旅行:2011年3月8日~3月20日

新市街からオールドダッカへはCNGで行くのが一番ラクだとは思うが、ダッカへ戻ったときの宿は大通りが比較的近く、バスがばんばん走ってたのでローカルバスで行ってみることにした。

都会のローカルバスってのはどこの国でも行き先が分かりにくいが(田舎だと本数が少ない)、どんぴしゃなとこでなくても目的地近くのランドマーク的な場所を目指せば後はまあなんとか行けるのではないかと…。

ひとまずバスが止まるあたりで、バスが来るたび「オールドダッカ」を連呼してみる。

何回か声をかけていると「グリスタン!」という声が返ってくる。

グリスタンというのはオールドダッカ近くのバスターミナルっぽく、ここで乗り継げということなのだろうと今後は「グリスタン」行きを捕まえてみる。

で、乗れた。
ラッキーなことに朝早かったのでまだ道もすいていて、グリスタンまでは比較的スムーズにいけた。ただ、ここはバスの後継ぎ地なのだろうが、大きなターミナルというより何箇所かのバス溜まりに分かれているみたいで、オールドダッカの乗り場は違う通りだったが、なんとか「オールドダッカ」を連呼しつつ乗り場まで辿り着き、無事到着。

1時間以内で行けたんじゃないかなー。思いのほか早く行けたという印象だった。

ちなみにバスは10タカ+5タカ。乗ってから徴収に来る。小銭は必須。
CNGだと400タカ以上とられるけど、500円くらいだし、早くてラクなのはCNGだろうが、ローカルバスに乗るのはやっぱ楽しい。

が、若干早すぎたようで(9時台だったかな)マーケットや店はまだ開きかけくらい(笑)

オールドダッカは細い道がいくつもあって中に入ってしまうと迷う迷う。即行方向が分からなくなった。

まあ、行きたい店とかがあるわけでないので適当にぶらぶらしていると、小さな子供を連れたお父さんに話かけられた。

英語が話せる人で、最初はいろいろ聞いてくるし「案内する」と勝手に先導するから、自由に歩きたいこっちとしては少々うっとおしい(笑)。
が、振り切るのも何だし、ダッカだから油断はできないが、オールドダッカで明らかに近所の子連れの人なので悪い人でもなかろうかと。

彼はインドから来た人で、ヒンズー教徒。モスリムが多いバングラだが、オールドダッカあたりはインド人も多く、ヒンズーな雰囲気だった。

でもやっぱり「バングラに来てくれてありがとう。外国人を案内するのは自分たちの役目だから」みたいなことを言う。ここらへんはモスリムの感覚だろう。インドやバリでこういう人には会わないもんなー。

が、最後に記念に携帯で写真を撮らせてくれと言われたときに発覚したのだが、彼は私を学生!だと思ってたらしく、さすがにそこまで若くないということで23歳に落ち着いた(笑)
ちょっとした罪悪感があったが、まあ若い日本人女子を案内したと思った方が彼の中の思い出としてもよきものになるだろうと…。

d0168345_9264295.jpg子猫発見。つながれてたので飼い猫なのだろう

d0168345_927244.jpgその親子。子供の額にヒンズーの赤いポッチがあってかわいい

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-04-06 09:25 | 2011バングラデシュ | Comments(0)