裏庭の猫vol.2

ブログトップ

<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

うちの畑で一番育ったものって…

d0168345_7563074.jpg


これですわ。miquitaさんとこのkan。育てたの私じゃないけど…。
畑初めてから、多分3回目だけど、最初は抱っこ、2回目はおっかなびっくりハイハイ。
で、今回はスナップエンドウの種まきを手伝うまでに…。

いや~、成長したね。
きみが手伝ってくれたエンドウも一緒に収穫したいわ~。でも、ちょっと植える時期遅かったかなー。

エンドウは大きすぎず小さすぎずで冬越しさせるらしいのだが、周りの畑を見るに、明らかに遅れをとってる。
秋から冬にかけての植える適期ってほんと短いわ。

d0168345_7571380.jpgターコイズブルーにコーティングされたきれいな種に興味津々。受け取って一旦、ヨーグルト容器に入れる(笑)。

d0168345_7574061.jpgこの穴に入れる、ということを理解している。すばらしい。その後、また拾ったり、たくさん入れたり…。

[PR]
by uraniwaneko2 | 2010-11-28 07:55 | 2010畑 | Comments(3)

2010秋冬の畑が収穫時期に

9月の初旬の台風以降、一転、水をやらなくてもよくなった畑。

いやー。ラクですわ。

旅行中も雨が降ったようで、ほとんどダメージなく…。むしろ一気に成長してた。

といいたいが、逆に雨のせいで不織布をかけてたミニキャベツや白菜の水はけが悪くて、下部分が若干くさりかけてるものも…(その部分をとれば食べれる)。
もともとミニサイズをいいことに過密に植えすぎてるし。ミニといってもけっこう育つもんだなー。

ま、幼虫被害(主にミニキャベツ、白菜)は不織布のおかげでそれほどでもなかったのだと思う。旅行前に殺しまくったけど、旅行後も虫に食われていたとはいえ許容範囲。アブラムシはもういいや…。春ほどでないし、あれは回避できん。


それよりもセンチュウ…(小さい回虫のようなものかな。連作障害なのではないかと)。

多分、センチュウだと思うんだけど、白菜がやられた。
最初みたときはかなりホラーな感じ。
2回目からはまだ慣れたけど、細い糸みたいなのが土にうじゃうじゃ。
センチュウって土中にいるんじゃなかったっけ?

アブラナ科の連作って、市民農園ではそうならざるを得ないじゃんねえ。これ防ぎようがないような…。

そんなこんなで白菜は6つのうち、なんとか育ったのが2つ。でも出来ただけ嬉しいかも。
ちゃんと結球してくれたしね。

よく「自分でつくった野菜はおいしいでしょ?」と聞かれるが、実は全部がそうというわけでもない。
特にコマツナとかチンゲンサイとかの葉物なんて別にスーパーで売ってるのと変わりないと思う。

でも白菜はおいしいと思った。葉が瑞々しいんだわ。
生でもいける感じ。
もちろん鍋でいただいてますわ。

d0168345_7543762.jpg秋冬ってつくれる時期が短いせいか一気に収穫。左から白菜(「お気に入り」という品種)、コマツナ、春菊、チンゲンサイ(袋の中3種)、ミニキャベツ、カリフラワー(これだけ苗から)、大根(野武士)、ニンジン。よく育ったわ~。幸せ。

[PR]
by uraniwaneko2 | 2010-11-27 07:53 | 2010畑 | Comments(3)

モロッコ・タンジェの猫

スペイン・ポルトガル/モロッコ旅行:2010年10月17日~11月7日

モロッコは猫が多い。
トルコもそうだったけど、アラブ圏の人は猫を大事にするみたい。

ポルトガル・スペインでは1匹ずつしか見れなかったので、もう見つけるたびに撮ってた。

d0168345_7503683.jpg

d0168345_7504414.jpg

d0168345_7505827.jpg

d0168345_751520.jpg

d0168345_7511224.jpg
d0168345_7512457.jpg

d0168345_7513695.jpgカフェでお茶しながら猫ウォッチング。

[PR]
by uraniwaneko2 | 2010-11-26 07:49 | 2010スペイン・モロッコ | Comments(2)

モロッコ・タンジェ

スペイン・ポルトガル/モロッコ旅行:2010年10月17日~11月7日

d0168345_855881.jpgノリのいいサンドイッチ屋の兄ちゃん。この時点でモロッコ物価がよく分からず、値段が高いと思い、しかも量が多かったので「(パンを)半分にして料金も半分で!」とねばったら、パンのサイズは同じで25DHが16になった。その気はなかったのに値切ったことに…。

d0168345_863072.jpg肉&卵&チーズ。本来ならこれに大量のポテトもはさんでくれる。ボリュームありすぎなので断ったが。今思えば、これ、サンドイッチというよりケバブ屋さんで、割と安めの料金だったような。隣のモロッコ人を見たらやっぱ最初に言われた値段を払ってたしね。兄ちゃんゴメンよ。

d0168345_86531.jpg左の洋服屋の奥が宿の入り口。メディナに入るとそこここに看板があるので宿はたくさんあるのであろう。

d0168345_872045.jpg70DH(800円くらい?)。タイルかわいいし、清潔で満足。トイレ・シャワー共同(桶で流すアラブ式)、シャワーは別の場所で使わなかったので分からんが、桶で流す式なのかな?

d0168345_874517.jpgメディナを上がっていくと広場へ突然開けた。メディナは小さいので迷わなさそう。

d0168345_88672.jpg

d0168345_882559.jpg

d0168345_884375.jpg

d0168345_88565.jpg

d0168345_891942.jpg赤いタイルもかわいいね。周囲より多少お金持ちっぽい家だったな。

[PR]
by uraniwaneko2 | 2010-11-25 08:05 | 2010スペイン・モロッコ | Comments(1)

スペイン・コルドバからモロッコ・タンジェへ

スペイン・ポルトガル/モロッコ旅行:2010年10月17日~11月7日

コルドバの宿を出たのは朝8時半すぎ。
セビリヤ経由でアルヘシラスからフェリーでタンジェの港到着が17時半過ぎ。

スペインとモロッコは時差が2時間あり(モロッコがー2時間)、なんとなくシャウエンまで行ける気がしていたが、思いのほか時間がかかって、このまま行くとシャウエン到着夜11時。
なので、ひとまずタンジェに泊まることにした。

時間がかかったひとつにコルドバでアルヘシラス直行バスを逃したこと。あるんではないかと思ってはいたが、一日一便で朝8時半発。
これを逃したためセビリヤ経由になったが、セビリヤのバスターミナルは2つあり、別の場所への移動が必要だった。

そして一番想定外だったのはタンジェの港が中心から遠かったこと…。

持って行った「歩き方」は一つ前のだが、最新版でもその案内はなかったので、最近、新しい港が出来たのであろう(好意的に解釈)。

フェリーターミナルの玄関口を出たらタンジェの町中、メディナの前に出ると思っていただけに驚いた。

どうみても何もない。

そして日中ならまだしも、時差があるのでけっこう遅くまで明るかったスペインと違い、18時頃でとっぷりと日がくれている。

どうしたものかと思案する私に、手に地図を持ったタクシーのおっちゃんが教えてくれた。

ここはタンジェメットという場所でタンジェからは50キロ離れていること。
そして彼は言う。
「タクシーで20ユーロ」だと。


あり得ない(ある意味、あり得る展開ともいえる)。
ヨーロッパより物価の安いモロッコでタクシーに20ユーロも払えるか!

まずそこらにいたモロッコ人のお兄さんに場所の確認をして(50キロ離れているのは本当)、ターミナルまで戻ってバスがあるか聞く。

そして無料バスでタンジェまで行けた。
ちなみにバスの乗務員達に「いくら?」と聞いたら、おかしそうに笑ってから「フリー」と答えた。
「お前、だまされるとこだったんだぞ~」という感じだろうか…。

この無料バスの案内、船内放送でもあったのかなー? 少なくともチケット売り場では教えてもらえなかったのでフェリーでタンジェ行く人は要注意。
実際、後ほどここで20ユーロ出した日本人女性にも会った。別に詐欺ではないし、タクシーの方が早いだろうが、フリーのバスがあるんだしね。

ということを経てタンジェのCTM(国営バス、ここの前まで送ってくれる)オフィス到着が19時。シャウエン行きは20時。客引き兄ちゃんがうざかったので、乗るふりをしてオフィスでやりすごし、翌朝10時発のバスがあることを確認して、メディナで適当に宿を探した。

タンジェは治安が悪いというイメージがあるが、以前ほどではないだろうし、目的地のモロッコに着いた喜びのせいかメディナの中は楽しかった。暗がりの目つきの悪い兄ちゃんがいる宿は避け、ちょっと変だけどいい人っぽい兄ちゃんがいる宿を見つけたし。

翌朝は8時ころから散歩に出かけ、おっちゃんが集うカフェでお茶して過ごした。
モロッコはミントティーのイメージがあるが、私はほとんどカフェオレ。ネスカフェの場所もあるけど、けっこうおいしいのが飲める場所もある(多分)。

しかしこのおっちゃん集いカフェ。
フェズあたりでは大きなカフェもたくさんあって、場所により100人くらいのおっちゃんがいる。修学旅行か!という感じで壮観。入りにくいんだけど…。

d0168345_801817.jpgけっこう大くてきれいなフェリー。確か1時間くらい乗った。料金20ユーロ。時期や燃料の関係で料金はけっこう変わるらしい。20ユーロは安い方みたい。

d0168345_804389.jpgこんなスペースとかもあり。軽食もとれる。

d0168345_811385.jpgしょぼいゲーセンみたいだけど、モロッコ入国審査中。スペイン出国はフェリー乗る直前に通過。モロッコ入国は船内でできるのでこれはラク。降りた後にポリスか何だかにパスポートの入国印を確認されるので忘れないように。

d0168345_813212.jpgタンジェへ移動中。ほんと、周りに何もない。

d0168345_81532.jpgメディナの中。もっとかわいいものが売ってる店もあったのだが、画像がない。てか疲れてたので早く宿に入りたかった。

[PR]
by uraniwaneko2 | 2010-11-24 07:58 | 2010スペイン・モロッコ | Comments(0)

とりあえず砂漠

スペイン・ポルトガル/モロッコ旅行:2010年10月17日~11月7日

あらためて画像を見てみると、猫と砂漠エリアの朝日&夕日が多い(笑)。
スペイン・ポルトガルは猫にほとんど出会わなかったけど、モロッコ入ると猫たくさん。もう、嬉しくって…。砂漠は言わずもがな。

正面きって人が撮れないという理由もある。
特に女性や子供。
やっぱイスラム圏だなあと。

しかし、砂漠画像の色。
実際よりだいぶ鮮やかさが落ちるのが残念。
買ったときから思ってたけど、私のデジカメはどうも彩度が低いよう。もっと空が青かったはずなのに。

d0168345_7381333.jpg夕日。

d0168345_7384168.jpg朝焼け、だったと思う。砂漠の色がどんどん鮮やかになって、とても美しい時間帯。

d0168345_7391183.jpg太陽が出るとき。

[PR]
by uraniwaneko2 | 2010-11-12 07:37 | 2010スペイン・モロッコ | Comments(5)

とりあえずジュラバなわたくし

スペイン・ポルトガル/モロッコ旅行:2010年10月17日~11月7日

フィリピンはいつアップできるのだろう?
と思いつつ、モロッコ先に。
てかスペイン・ポルトガルも後になるな、おそらく…。年末スリランカ行きチケットは早々とすでに買ってあるので、それまでには…。


今週月曜から新規の仕事始め(といっても会社自体は前にいってたとこ)なのに時差ボケ。
明け方4時くらいまで寝れず、さすがにあせった。
睡眠時間は短い方だけど、もう若くもないのに2時間で仕事に行くのはどうかと。行ったけどさ。

d0168345_8342222.jpgアイト・ベン・ハットゥにてベルベルなわたくし。買ったときは意識してなかったけど、これはベルベル風だそうだ。厚手ウールの生地がアラブとは違うという感じ。ちなみに手縫いですわ。よくそれを強調されるけど、私的には別にミシンでもいい、その方が丈夫だし…。

d0168345_8352065.jpgこれを着てるとよく頭にまくスカーフを薦められる。巻いてもらって写真も撮ってくれるんだけど、結局買わず…(笑)。横にいるのは砂漠の宿で会ったTさん。時間のない私達はメルズーガからアイト・ベン・ハットゥまでグランタクシーチャーター。高かったけど、行けてよかった。

[PR]
by uraniwaneko2 | 2010-11-11 08:18 | 2010スペイン・モロッコ | Comments(3)

モロッコから帰還!

はあ、疲れた。
カサブランカから7~8時間(多分)、乗り継ぎがもともと1時間20分とギリなところをカサ出発が遅れ、乗り継ぎ30分でドバイから成田。
(実は乗り遅れドバイストップオーバーを期待してたんだけど…、職員のトイレにも行かさない誘導で乗れた。残念!)
空港の乗り継ぎ時間が長いと疲れるけど、ほとんどないのも疲れるわ。
ドバイからも8時間以上だし。

なんか機会食ばっか食べてた感じ。成田線のメニューでそば(メインでなく小鉢で)があったっぽかったので楽しみにしてたけど、配られるのが後の方の私の皿にはそばでなくフルーツが乗っていた…。隣の日本人はそばだったのに~。
とこんなことが楽しみになるくらいモロッコの食事はまずかったのか?という感じだが、まずかったわけではない。まずいものもあったが。

ここらへんもまた後でね。いつになるか分からんが。

結局、バブーシュは買わなかった。
気に入ったのが底が薄いタイプしかなかったから。
マラケシュではメディナの居並ぶ土産物屋に逆に引いてしまい、いわゆる土産は何も買わなかった。

エアサウィラでまたシュラバを買ったけど(笑)


代わりにスーパーでいろいろ食材は買った。
なんとなくタジンのスパイスペーストっぽいものとかハリラスープの素とかね。
モロッコ茶(中国茶)とコーヒーも。
モロッコはミントティーというイメージがあったけど、庶民が飲んでるのはミントの入ってない中国茶(苦めに入れて砂糖たっぷり)が多いっぽい。
もちろんこれにミントを入れればモロッコのミントティーになるのだが、ミント自体は生なので、乾燥中国茶だけ買って、うちのベランダのミントで作ってみようかと。

タジン鍋は迷って買わず。
てか持てないし。
(でもチェックイン時の荷物は23kgだったので今回はかさばったけど、重さ的にはそれほどでもなかった。ちなみにエミレーツはエコノミーでも30kgまでok。だがそんなに持てん)

ちなみにタジン鍋。
彩色されてるのはかわいいけど、火にかけるのはやっぱりあまり適さないらしい。
調理用として買うなら一般的なシンプルなのがいいとは思ってたけど、焼きの温度も低いだろうし壊れやすそうなので、日本で買うことにした。
[PR]
by uraniwaneko2 | 2010-11-07 05:47 | 2010スペイン・モロッコ | Comments(5)