裏庭の猫vol.2

ブログトップ

カテゴリ:2018_05フルフンティアン島( 19 )

18年GWフルフンティアン島<陸編>最後/アクセス、空港など

同い年の友人から結婚の連絡が!!
誕生日に入籍したのか~(お互いSNSをやってないのでおぼろげな記憶から)。
おめでとう~!
私は今年の誕生日は初のバースデーダイブに記念ダイブをあてる予定。
キリのいい歳だから何かやってみたくなる気持ちがわかる。
うーん、よかったよかった。

<マレーシア・フルフンティアン・ダイビング;2018年5月3日~5日>

今回は東京からクアラルンプール経由でコタバルまで飛んだ。
空港の荷物受け取りエリアから外に出る手前に、旅行会社のカウンターがあって(3つ程度)そこで港までのタクシーとボート往復が購入できる。
タクシー78RM、ボート70RM(合計約4000円)。
*荷物かるくて時間をかけてもいいなら、コタバルの街までいって、さらにそこからバスでクアラ・ブスッというボートが出る港がある町までいくという手もある。数RM程度じゃないだろうか。
d0168345_16584316.jpg
d0168345_16584945.jpg
なお港までタクシーでいけば、ボートチケットを売っている旅行会社は他にもたくさんある。
(料金自体はおそらくどこも変わらないはず)
ボートはたくさん出ており、その会社のボートじゃないと乗れない。
帰りは、宿にいつの何時のボートに乗ると伝えて(日に3便)旅行会社に連絡してもらうシステム。
なんか不安だったけど、一応帰りもボートに乗れた。

宿。目の前が海(まあビーチしかない島だからね)。宿の敷地内は緑豊か。
d0168345_16585447.jpg
d0168345_16583644.jpg
部屋はエアコンなしのファンで、シャワーは…お湯が出たっけな? 1泊3000円くらいだったからお湯は出たかもしれない。私が泊まってた部屋は安い長屋タイプで、エアコン・ホットシャワーのコテージタイプの部屋もある。コテージは…5000~6000円くらいかな。もはや覚えていないが。

同じビーチでテント貸し出ししてた。テント泊…じゃないよね? 日差し除けかな。テント泊もありかもしれないけど。
d0168345_16590044.jpg
にぎわってたちゃんとしたダイビングショップ。
もう行くことないと思うけど…。今回の経験でマレーシア自体で潜るのももはやなさそう。
d0168345_16590674.jpg
宿の三毛は食事のときもうろうろ。なぜか食事のときは私によってこなかった。人が多い方がたくさん食べ物をもらえるのかな?
d0168345_16591150.jpg
コタバル空港はゲートエリアに入ると待合スペースは広いけど、店などは少ない。
d0168345_16591880.jpg
d0168345_16592474.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2018-06-02 17:07 | 2018_05フルフンティアン島 | Comments(2)

18年GWフルフンティアン島<陸編>食べたもの

<マレーシア・フルフンティアン・ダイビング;2018年5月3日~5日>

昨日も書いたけど、
潜れてビールが飲めればそれでいい。
という私なので、食事は基本泊まってるとこで。

ビーチだからローカル向けの屋台料理とかはないし、
逆に高い方だと、すぐ近くにそれなりなホテルのレストランとかもあったけど、
1人だといろいろ食べられるわけでもないしね…。

で、宿のレストランの料理はけっこうイマイチだった(笑)
でも、レストランのスタッフにとてもよく働く感じのいい男性がいて、
彼に「これがgood。おすすめ」と言われると、つい頼んでしまう。
美味しかった試しないんだけどね(笑)
しかし、サービス業ってこういうことなんだよ…とあのガイドに言ってやりたい。

そんな中でもまだましだったのがトムヤムチャーハン。
レモングラスが入ってた。
d0168345_12543228.jpg
ラップサンドはかなりイマイチだったな(笑)
ロティチャナイとかの方がぜんぜんおいしいんだろうなあ。でもなかった。
d0168345_12532285.jpg
d0168345_12533814.jpg
d0168345_12540163.jpg
朝食は、なぜかメニューから2つ選べた。
いや、朝からそんなに?って思ってたけど。
もしかして2人で泊まる部屋に1人で泊まってたから2人分つくってくれてたのかな。
d0168345_12504748.jpg
空港にあったローカル向けの食堂。惣菜えらべるぶっかけ飯屋さんでチキンカリーと玉子と野菜で、9RM。練乳ミルクティーが4RM。今回の旅ではこれが一番普通においしかったかな。高いレストランとかは求めてないので、こういう食事が毎日食べられると旅もより楽しくなるんだけどな~。
d0168345_12540813.jpg
d0168345_12541525.jpg
クアラルンプール空港のフードコートで最後にミーゴレン。このあとに機内食あったんだけど、マレーシア料理が満たされてなかったのでつい(笑)
d0168345_12542355.jpg


[PR]
by uraniwaneko2 | 2018-05-27 13:00 | 2018_05フルフンティアン島 | Comments(0)

18年GWフルフンティアン島<陸編>陸から見た海はきれいなんだけどね~

<マレーシア・フルフンティアン・ダイビング;2018年5月3日~5日>
d0168345_21302489.jpg
フルフンティアン島は大小の島があり、私は右の大きい方の下の方に滞在していた。
左の小さい方の大きい方に面したところが確か賑やかなロングビーチ。

潜れてビールが飲めればそれでいい、というタイプなので、
夜は基本的に静かに過ごしたい。
もしくは日本人のダイバーさんがいればダイビングの話をしたい。
なのでロングビーチは最初からパス。
あとは宿の料金を見て適当に。

ちなみに小さい島の方が安いといわれてるけど、そうでもなかった。
d0168345_21311165.jpg
海遊びのメニュー。
そこら中に案内がある。いくつかのシュノーケルポイントをめぐって
40~75RM程度(1200~2000円ってとこかな)
d0168345_21312170.jpg
d0168345_21313002.jpg
イスラムエリアなので女性の水着がそれっぽい。
水に入ってないと水着に見えないけど、これら水着。
このまま水に入ってた。
d0168345_21310111.jpg
d0168345_21313808.jpg
d0168345_21304799.jpg
d0168345_21304090.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2018-05-26 21:34 | 2018_05フルフンティアン島 | Comments(0)

18年GWフルフンティアン島。3日目の3本目サンゴのはずが沈船

<マレーシア・フルフンティアン・ダイビング;2018年5月3日~5日>

今回のラストダイブ。
サンゴをリクエストして、潜ってみると沈船だった…。
しかもボートの都合なのか、小さいポイントのせいか、
またしても30分くらいで浮上指示。

最後の最後までこうなのか…という部分はさておき、
潜り始めはカマス幼魚っぽい小魚がたくさんいて、
そのうち中型の魚が数匹現れて、それを追いかけ始めた。

透明度が悪くても雰囲気的に分かる。
あ、これ、そのうちそこそこ大きな魚の群れがやってくるんじゃないかなー。
なんて予感のする海の感じになってきたところでの浮上指示だったんだよねー。

自分だけ先に安全停止してたから、私の方が後で上がったんだけど、
安全停止の間に続々と魚がやってきてた。

こいつ本当、ダメなやつ…。
さすがにガイドのダメぶりに腹も立ってたので、
若干長めに安全停止してたら、手を海の中につっこんでの浮上指示数回。
ガイドの指示に従わないのはNGだけど、「おまえはもはやガイドじゃない」って感じ。

ああ、もう少し潜っていたかったな。
そしたら今回のダイビングの印象も多少はよくなってたかもしれない。
d0168345_06041172.jpg
d0168345_06034154.jpg
d0168345_06042161.jpg
d0168345_06042041.jpg
d0168345_06043582.jpg
d0168345_06044684.jpg
d0168345_06045380.jpg
d0168345_06050288.jpg


[PR]
by uraniwaneko2 | 2018-05-21 06:07 | 2018_05フルフンティアン島 | Comments(0)

18年GWフルフンティアン島。3日目の2本目シャークポイント西

<マレーシア・フルフンティアン・ダイビング;2018年5月3日~5日>

シャークポイントってのは初日のシュノーケラーが多いポイントと同じなんだけど、
それだけボートがたくさんやってくるので、なるべく人がいない方向へ…。

エントリーポイントからこんだけのシュノ―ケラーが見えた。
学校休みだから子供がたくさん。
d0168345_05332331.jpg
生物は、シャークポイントでやっとサメが…。
ブラックチップが通り過ぎて行った。
透明度が悪いので写ってないけど。
あとは大きなイボウミウシが固まっていたな~くらい(笑)
d0168345_05334009.jpg
そういえばウツボがあんまりいない、と思ってたらサビウツボ発見。
d0168345_05334622.jpg
そしてヒラムシ。
d0168345_05335340.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2018-05-20 05:37 | 2018_05フルフンティアン島 | Comments(0)

18年GWフルフンティアン島。3日目の1本目よくわからないポイント

<マレーシア・フルフンティアン・ダイビング;2018年5月3日~5日>

ガイドが寝てて出航時間が遅れたダイブ。
前日から日に1本だけのマレーシア人女性も一緒だったのに、
やっぱり悲しいくらいの浮遊物ありあり透明度悪いダイビング。
ただ、マレーシア人女性はぜんぜんというほど怒ってなくて、
そういうもんかいな?
まあ1日に1本しか潜らない、時間をあまり気にしなくていい人ってのもあるよね…。
d0168345_21380970.jpg
d0168345_21382368.jpg
ヤドカリ?
d0168345_21383371.jpg
d0168345_21384282.jpg









[PR]
by uraniwaneko2 | 2018-05-18 21:39 | 2018_05フルフンティアン島 | Comments(0)

18年GWフルフンティアン島。2日目の3本目BATU KAPAL

<マレーシア・フルフンティアン・ダイビング;2018年5月3日~5日>

ここで初めて私以外の人が参加。
マレーシア人女性で経験40本、1日1本潜るのみ。
でもさすがマレーシア人というべきか、その経験本数でシパダンで潜ってた。
いいな~。
ここ半年でダイビング本数50本以下で小笠原に潜っているという日本人男性が2人もいたけど、そんな感じ??

しかし残念ながら透明度は最悪…。

それでもヒメツバメウオの群れが見れたので、まあいいかな。
分かりにくい画像だけど。
d0168345_21393476.jpg
d0168345_21392600.jpg
これって何?
d0168345_21391987.jpg
d0168345_21390481.jpg
d0168345_21391290.jpg


[PR]
by uraniwaneko2 | 2018-05-17 21:43 | 2018_05フルフンティアン島 | Comments(0)

18年GWフルフンティアン島。2日目の2本目BATU LAYER SAILROCKその2

<マレーシア・フルフンティアン・ダイビング;2018年5月3日~5日>

やっぱりここは一番撮ってるな。
小さいけどバラクーダの群れもいたし。
普通のカマス?とも思ったけど、シマ模様があったのでそうだよね?
d0168345_05460158.jpg
d0168345_05461930.jpg
d0168345_05461265.jpg
d0168345_05462698.jpg
d0168345_05463233.jpg


[PR]
by uraniwaneko2 | 2018-05-16 05:49 | 2018_05フルフンティアン島 | Comments(0)

18年GWフルフンティアン島。2日目の2本目が一番ましだったBATU LAYER SAILROCK

<マレーシア・フルフンティアン・ダイビング;2018年5月3日~5日>

ああ、やっと青い海。
そしてここ、サンゴがとってもきれいな場所だった。
10~15m見えてるだけで感激。
まあ、ここだけだったけどね…。

なお、ポイントによっては急に透明度がよくなる場所とかもあり、
ルートを選べば、そこそこの透明度だった可能性はある。
あのガイドが読めないだけで…。
安全停止間近だけ透明度がいいことが2回ほどあったし。
「なんでもっと早くここに来ないんだろ?」
そしてそんな状況なのに40分程度で上がる、と。
d0168345_05595375.jpg
d0168345_06002325.jpg
d0168345_06003633.jpg
d0168345_06003655.jpg
これハリセンボンがふくらんでたとこ。撮れなかったけどこの直前もっとまん丸にふくらんでた。
d0168345_06005120.jpg
急に普通サイズになっちゃった…、
d0168345_06004150.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2018-05-15 06:04 | 2018_05フルフンティアン島 | Comments(0)

18年GWフルフンティアン島。2日目の1本目は沈船police wreck

<マレーシア・フルフンティアン・ダイビング;2018年5月3日~5日>

警察の船が3隻。
そんなに大きくない。
人気ポイントなのか違うショップのダイバー数チームと一緒になった。

正直、他の沈船ポイントと比べてとても面白いってほどではないかな…。

船を移動する途中でトウアカさん。
今回潜った中では、クマノミはなぜかカクレクマノミがほとんどの中、大きなトウアカがいた。
どこのポイント潜っても感じたのだけど、個人的にはフィリピンやインドネシアの方が、そもそもの魚の種類が多いような気がする。
d0168345_07035900.jpg
そしてタカラガイ(笑)
いろんな模様があるね。
d0168345_07045655.jpg
d0168345_07033191.jpg
d0168345_07040094.jpg
d0168345_07043171.jpg
d0168345_07043715.jpg
d0168345_07044820.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2018-05-14 07:07 | 2018_05フルフンティアン島 | Comments(0)