裏庭の猫vol.2

ブログトップ

17年末コモドダイブ。水温、深度、流れ…など

<ダイビング;2017年12月28日~18年1月2日>

今回潜ったセントラルエリアの17本でおおまかな感じで…。

●水温
26~27度。(南はもっと水温が低いらしい)
ウェットはレンタルの人は3mmのロング。私は5.5mm+フードだったけど、3日目から5.5mm+フードベストに切り替えた。もちろんグローブもしている。
水温というより、ポイント往復の船の乗船時間が片道1.5~2時間と長く、風があるのでどうしても体が冷える。そういう意味で3本目あたりでけっこう寒く感じるので、フードベスト着用でちょうどよかった感じ。持って行ってよかった…。

●深度
マンタポイントは浅めで10m台。1回目は19m、2回目は12m。
そのほかは20~25mってとこだった。最後が一番深くて27mまでいったけど。
なお、オープンウォーターの人は基本的に18mまで(なのでチームが別々になる)。欧米人ショップだとこういうのが比較的厳しい。日本人ショップだとあまり気にしてないことが多いけど。

●透明度
よい時期といわれたけど、白っぽくて8~12mみたいなことも大かった印象。
見えて15~20mくらいかなあ。

●流れ
まったくないポイントもあったけど、基本的には潜ってる途中どこかしらで流れはあると思ってた方がいいのかも。
予定していたポイントも「カレントがストロングなので」と何度か変更になった。

途中で、急に流れが早くなることは何度か。ところどころ岩をつかまないと簡単にガイド超しちゃう感じの。
レギュレーターもってかれそうになるくらいの流れは手前で引き返す感じ。
私一人だど引き返さないで、岩につかまってサメを眺めさせてくれたこともあった。息はけっこう苦しい。

ちなみに毎回ガイドがつけてるログを見る限り、私のガイドはいつもカレント欄が「マイルド」で、
マイルドの幅が広すぎるやろ!って思った(笑)
ストロングはどんなレベルなんだろうね。

●ダイビングタイム
基本50分(南国にしては短めか)で47~62分。平均で55分程度かなあ。
タンクはアルミ12リットル。
50分になる前にエア50切った人が出るとその時点で上がるので、ビギナーチームが先に上がってることはけっこうあった。私は200~220から残90~130ってとこ。
d0168345_11323127.jpg
マンタとホワイトチップに押されちゃってるけど、カメもけっこうたくさん見れる。タイマイとアオウミガメかな。片手だけ挙げてるのってあんま見なくない??
[PR]
by uraniwaneko2 | 2018-01-21 11:34 | 2017年末コモド | Comments(0)