裏庭の猫vol.2

ブログトップ

コモド日帰りダイブ・ラブアンバジョーへの道

<ダイビング;2017年12月28日~18年1月2日>

4日の朝に帰ってきて、5日だけ出勤でまた3連休って…。(3連休は実家に帰ってるから、まだ旅行中みたいなもんだけど)

もし13連休だったら(絶対ないと思うけど)、
ほぼ1年前にチケットとってるからくやしかっただろうな…。
行けたとして、あと4日潜っただろうけど、中1日窒素抜きの日を空けないといけないよなー。
思い返すに、これまで連続6日間が最高のはずで、今回は片道2時間のボートもあり、
けっこう夜は起きてられず4日目あたりから朝に疲労感が残ってたから、10日連続だとどんなだろ?(笑)

さて、今回のインドネシア・フローレス島(コモド)は自分自身あまり情報がなかったので、
旅行情報(個人で行く場合)も入れてきます。

なお、ガイドブックはロンプラ(英語だし読みにくいのでeブックで該当箇所のみ5ドル程度で買ったけど、読んでない(笑))
地球の歩き方は…4ページくらいあったかなあ。
地図が欲しかったのだけど、地形の高低差がけっこうあって実際行ってみないと分からなかったから、見てなかったかなあ(笑)。

●コモドエリアの日帰りダイビングは、お隣のフローレス島(ラブアンバジョー)から

コモドエリアのダイビングは、コモド島とリンチヤ島という2つの島周辺のポイントとなる。
日帰りのボートはお隣のフローレス島(ラブアンバジョー)から出る。

ラブアンバジョーまではフライトがあり、バリ経由、ジャカルタ経由で。
フライト時間はジャカルタから約2時間半、バリからは1時間半程度ではないかと。

ちなみに、ジャカルタ時間とフローレス時間は1時間違うので要注意。
(ジャカルタが日本より2時間前でフローレスは1時間前)

私は今回はANAのジャカルタ夜行便(羽田発)。
それまでは、ジャカルタもバリも、確か東京から直行の往復夜行便がなかったのだけど、去年の1月だかにANAがジャカルタ夜行便を飛ばすという発表があり、2月の発売開始直後に予約した。
夜行じゃない場合は、乗り継ぐ関係で移動に2日かかるから夜行便に乗れるのは大きい。
ちなみにその後に、エアアジアがバリ直行便を飛ばし始めた。
残念ながら往路が夜行便でないけど、安さを取るならエアアジアのセールでバリ往復を取れば、より安く行ける可能性はある。

なお、ANAは発売開始の一番安いと思われる料金で約6万円。(燃料代等すべて込みの料金。就航直後で設定が安かった可能性もある、燃料代はその後の上がってるかも)。
試しに12月に同じ期間の料金を検索してみたら20万円(26日夜発&3日夜発)。
LCC以外は発売開始時期に買わないと乗れない(笑)

ジャカルタ・ラブアンバジョー間は、今回利用したガルーダほか、ライオンエア、バティックエア、NAMエアなどのインドネシア国内線が飛んでいる。
私は最近はそこまでではないけど、飛行機が苦手でインドネシアの国内線は乗りたくない方なので、今回は仕方なくガルーダ。
ガルーダは往復3万円ちょっとかかったけど、ほかの格安航空会社なら場合によっては半額くらいでいけるのではないかと。
d0168345_08293322.jpg
ボンバルディアの小さいジェットかな。三菱重工のMRJのライバルじゃないか?
d0168345_08293960.jpg
d0168345_08294538.jpg
ラブアンバジョー空港。名前はコモド空港。
周囲は緑に囲まれた牧歌的な空港。
新しいけど、何もない。出発エリアはカフェひとつ、お土産物ひとつかふたつ、本屋ひとつって感じだった。
d0168345_08295024.jpg
ドラゴンとの記念撮影スペースも。
ジャカルタのターミナル3。新しい。2に比べて断然よさげ(笑)
d0168345_08292613.jpg


[PR]
by uraniwaneko2 | 2018-01-07 08:35 | 2017年末コモド | Comments(0)