裏庭の猫vol.2

ブログトップ

エアアジアのフライトスケジュール変更でリスケに手間取った…

エアアジアのセールで来年の10月連休にバリ往復をとった。
アニラオは往復とも夜行がとれるので三連休で丸2日潜れるけど、エアアジアのバリは往路が昼便なので、初日ナイトと翌日5本の計6本まで。でも連休を利用して休みなしで海外で潜れるならいいかと。チケットも往復25キロの荷物代込みで4万円だったしね。

と思ってたわけだが、1年以上先のフライトにありがちなことだけど、2週間ほど前にフライド時間の変更のお知らせがメール(英語)で来た。
初日がぎりぎりナイトで潜れる時間に現地到着できるフライト時間が、後ろに2時間ほどずれ、初日にナイトも無理な時間に…。
つまり連休で中日の5本のみ。

うーん。これはちょっとどうかなー。初めて行くところならそれはそれでありかもしれないけど、何度も行ってるアメッドの予定だし。

無料で払い戻しか、フライト時間の変更を選べるらしい。
が、ここで面倒なのが、私が予約したフライトはインドネシアのエアアジアで、そことのやりとりになる点。単純にrefundならまだしも、フライト日程の変更なので電話はうまくいかない可能性が大だし(ここらへんがLCCはネックだよね)、私の会話力では電話での英会話も自信ないし、固定電話のない状況なので国際電話もかけたくない。
ということでeFORMというフォームで連絡することに。

したけど、ことはそう簡単ではない(笑)
予測してたけどね…。1度は送信できず、数日後に送信。直後にメールで受信の連絡は来たけど、1週間経っても何も連絡がない…。
(一応、webで進捗が確認できるのだけど、受付すらされた形跡がない)

ので今度はライブチャットを利用。
50人くらい待ちの人がいて、自分の順番まで待って、ある程度用意しておいた内容を送信。前日のフライトに替えてくれというものだったけど、ここで誤算だったのが、前日は予約時と同じ時間のフライトがあったこと。(つまり、曜日・時間違いで2便の直行便がある)
あれ?と検索している間に、ライブチャットが時間切れでやりとりが中断されるという…。

「フライトを前日のこの便に替えますか?」みたいな問いに答えることができなかったので、やりなおし…。
今度は80人待って同じやりとりを繰り替えし、「協力にプッシュしとくね!」みたいなやりとりで終了。ライブチャットの担当者は、予約変更のリクエストをつないでくれるだけだった。
これはまた何度かトライしないとダメなのかー?
と思ったら、ほどなく変更済の連絡がメールできた。
おお、今回の処理は早かったな。伝わるまでに時間はかかったけど、終わりよければすべてよし。
[PR]
by uraniwaneko2 | 2017-11-19 08:41 | Comments(0)