裏庭の猫vol.2

ブログトップ

アメッド海画像その7・ムラスティで透明度が5m以下を初体験

バリ島アメッドダイビング旅行:2015年6月23日~28日

今回のお初ポイント。
ビーチからすぐで、もともと透明度はさほどよくないらしいけど、
フリソデエビやカエルアンコウがけっこう見れるポイントだとか。

が、この日は見ただけで、かなり透明度が悪いことがわかる緑っぽい色。
しかもウネリが…。
到着時に、偶然日本人チームが1組上がってきたところで、
なんとこの海況でここで2本潜ったとか。
コブシメの小さいのが見れたらしく、喜んでた。
まだトランベンやアメッドのほかのポイントの方がいろいろ見れたんじゃないかなー。


んで潜ってみると、「ああ、こりゃ気を取られているとロストするわ~」と初めて思ったぐらい見えない…。
(前にアメッドで何にも見えない味噌汁っぽいところを通過したことはあるけど、ずっと悪いのは初めて)

ガイド以外にもう1人いて、その人は何度もこのポイントで潜ってるベテラン男性なので、濁った海に入りながら、
「ここは陸に近いポイントで、深度も浅い(私が潜ったとき最大深度4m)から、
はぐれたら自分であがればいいね」なんて冗談で言ってた。

ら、ふと気付いたらその人がいない!
けど、インドネシア人のガイドはまったく平常心(もともと感情が顔に出ないタイプだけど)。
探している風でもないので、
●かなりのウネリに具合悪くなって、私が気付かないうちにすでに上がった。
●私には見えないけど、ガイドには見えてる(実際、目がいいと思う)。
●何度も潜ってるので近くで比較的自由に潜って、後で合流という暗黙の了解がある
のどれかだろうと思ってた。

なお、ガイドは私がはぐれそうになると、ライトで場所の合図をくれてたので、
私はなんとかロストせずに済んだ。
というか、本当、下を向いて探すポイントだから、この透明度の悪さはちょっと探すのに夢中になってるだけでロストするわ…。

しかしあんまり生物自体がいないし、カエルアンコウもフリソデエビもぜんぜんいない。

と思ったら、カンカンとタンクの音がして、何回もタンクを鳴らしあって、やっと合流!
割とすぐ近くにいたけど、こんなに分からないものなのか。

で、そこにはとっても立派なフリソデエビが~。
潜ったかいがありました。ありがとう!って感じ。

d0168345_12102369.jpg
d0168345_12102293.jpg
今回初はガンガゼエビ。とってもキレイな色をしたエビ
d0168345_12101849.jpg
ホント、このイソギンチャク以外、ほぼ何も見つけられなかった…
d0168345_12101949.jpg
d0168345_12102123.jpg
d0168345_12102588.jpg


[PR]
by uraniwaneko2 | 2015-08-01 12:09 | 2015バリ島アメッド | Comments(0)