人気ブログランキング |

裏庭の猫vol.2

ブログトップ

バングラデシュ・モニプリの村へその2

バングラデシュ旅行:2011年3月8日~3月20日

最初についたのはどうやら国立公園っぽいところ。
中でトレイルコースがあるみたいで、中にまともに入ると入園料が(歩き方によると)5ドルかかるっぽい(もちろん金額から言ってガイド料には含まれていない)

ここが都市部だったら入ってみたいと思ったかもしれないが、こんな自然の風景が普通に見られるところでわざわざ、自然を堪能しに公園に入る気もせず、「あたしゃ、モニプリの村へ行きたいのよ」と断る。

じゃ、中に入らず外を回ろうってな感じで植物などを説明されながら散歩。
彼は本当にバングラのよさを伝えようと、ものすごくいろんなことを説明してくれる。
こんな熱心なガイドは始めてだった。
(もともとモスリムの人には旅人をもてなすという感覚がある人がいて、そういうのもあったかも。もちろん違う人もいる)

ここらへんから記憶があやふやだが、お茶畑、なんか湖となかなか村へはたどり着かず、自然の中をトレッキングしてる感じだった。

その途中で、ダッカの宿で会った日本人のかわいい女の子(大学生)と再開した。彼女は「ゴキブリが絶対ダメ」なのでそこそこいい宿を探して泊まると言ってたが、やはり郊外に泊まってるらしい。周囲に本当に何もなく「夜することなくて困った」そうだ。
そこの宿で頼んだツアーで来てるらしくCNGで来ていた。
「ゴキブリがダメ」でなぜバングラ?とちょっと可笑しかったが(だってどう考えてもいっぱいいるはずだから)、到着直後にお腹を壊して病院へ行ってたので様子を聞くと、体調は復活したそうだ。
よかったよかった。

d0168345_9495767.jpg湖のハス。自然は溢れてる。

d0168345_9503043.jpg

d0168345_9501189.jpg

d0168345_9504433.jpg

d0168345_9505888.jpg

d0168345_9511052.jpgずっとこんな風景なので、この辺り「村にたどり着くんかいな」と思ったような。

d0168345_9513639.jpg南インドでも見たチャイニーズ・フィッシングネット。固定魚とり網。インドのは海でもっと規模が大きかったが。

by uraniwaneko2 | 2012-02-02 09:48 | 2011バングラデシュ | Comments(0)