裏庭の猫vol.2

ブログトップ

いまさら旅行記:2009年5月沖縄宮古島

沖縄宮古島旅行:2009年5月

もう1年前だけど沖縄の宮古島へ行った。初沖縄!

5月の初めに中米から帰って、新型インフルのせいで半強制プチ引きこもり。
考えるのは過ぎ去った中米旅行のことばかり。

特にシュノーケリングの魅力に目覚めた私は、
思い出に浸ってるとどうしても沖縄へ行きたくなり、
どうせ仕事もないことだしということで、沖縄行きのチケットをネットで買っていた。
もちろん5月後半という梅雨突入時期で安いこともある。
(実際は雨はほとんど降らずラッキー)

正確にいうとチケットそのものは間際になるとそんなに安くないので、1泊&航空券のツアーだった。3万円台の後半。3泊4日か4泊5日だったので(メモ見つからずで覚えてない…)、残りはゲストハウスを予約した。
1泊3千円。ドミならもっと安かったが、せっかくなので一人部屋。シャワー、トイレ共同だが、日本の宿で3千円ならよし。キッチンも使えるらしいし。


予約したときは沖縄って時期を選べばこんなに安く行けるんだ!
と思ったが、後になって考えるに現地でのお金が高い。
そりゃ日本だからね…。
体験ダイビング(確か1万3千円)&シュノーケリング(同じく8千円)。
そして足代。
免許のない私は行けるところはバスで行ったが、仕方なくタクシー利用もありあり。
ちなみにバスは驚くほど本数が少なく(1時間に一本もない場合もあったような)、
驚くほど乗客が少なく(往復私一人という場合も)、ターミナルに2~3日通うと「お姉さん、東京から来たんだって?」といろんな運ちゃんに声かけられるほど覚えられる(笑)。

そう、沖縄はよく人に声かけられる!
日本でなく東南アジアだわ…。
「わしが今日は案内する」というおじいや(時間がないので丁重にお断り、残念! つきあうと最後は必ず酒盛りになるらしい)、
「これ沖縄のてんぷら。ま、食べてみて」と”さーたーあんだぎー”をもらうこと3回。「おはようございます」「こんにちは」と小学生に挨拶されびっくり。これは本当がどうか知らないが、どうやら小学校でそういう指導をしているらしい。都会(今では田舎も?)の子供は知らない人に声かけられたら無視するように指導されてるだろうに。

いやあ、沖縄いいとこですわ。
宮古島の海もきれいだったけど、沖縄の雰囲気にもすっかり魅せられた。
ま、旅行者だからってのもあるかもしれんが。

次はどこへ行けるかな。
海の写真を中心にアップしていくねー。短い旅行だからすぐ終わるけど。
(画像のほとんどは体験ダイビングをやらせてもらった八重干瀬マリンハートさんからもらった画像)

d0168345_12102141.jpgダイバーになったワタクシ。多分、自分の画像初公開! ま、これじゃ誰か分からんしな。

d0168345_12104425.jpg使い捨て水中カメラを構えて。これが写り悪いんだやっぱ。この姿勢とるのけっこう大変だったような…。

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2010-06-01 12:16 | 2009沖縄・宮古島 | Comments(2)

3~5月:コマツナ、チンゲンサイ、リーフレタス

初心者に育てやすく、栽培期間も短い。
そして料理に使いやすいといえばコマツナ、チンゲンサイじゃなかろうか。

何も出来なかったらヘコむ…そう考えてまずはコマツナを選んだわけだが、
収穫できて結果オーライだったけど、今思えば週1では圧倒的に水が足りなかったんだと思う。

他の上手に育ててる人々の畑を見ると、3月のまだ寒い時期はトンネルで保温・保水。
これは虫除けにもなる。
こうして育てられたコマツナは緑も濃く、成長ぶりが断然違った。
水もけっこう遣りにきてたのかなー。

3つまとめて、そして最初なので画像多し(笑)。

d0168345_7305466.jpg3月21日コマツナ。芽が出てるけど、まわりの土がこんなに割れてるくらい乾燥してていいのか? この後知ったが、発芽には水分が大事らしく、よくぞ芽を出してくれたって感じ。

d0168345_7311432.jpg同じ日のチンゲンサイ。こちらも芽がちらほら。

d0168345_7313538.jpgこの日に植えたリーフレタス。コマツナよりは難しそうなので保水のためマルチング。種が驚くほど薄くて軽い。

d0168345_7315335.jpg3月28日コマツナ。1ヶ月で出来る野菜なのに1週間でこれっぽっちしか成長してない。先週直したのに土は相変わらず地割れ。

d0168345_7321127.jpgチンゲンサイ、かな? 同じアブラナ科ということもあり、この段階では違いがよくわからん。

d0168345_7323247.jpg4月4日コマツナ。チンゲンサイより成長してるけど、こっから育つのかと不安になるヤツレぶり。虫や鳥に食われてる跡いっぱい。

d0168345_7325027.jpgリーフレタスが芽が出てた。芽がまったく出てない箇所もあり、後に種が風で吹き飛ばされ畝間で出てきた。これは植え替えしてみたけど全滅。

d0168345_733953.jpg4月11日コマツナ。先週と比べて成長が見られず…。4月なのに寒い日があり、どうも成長が遅い。保温してる畑はこの時点でもう収穫出来そうなくらい育ってるのに(それだけじゃないと思うが)

d0168345_734397.jpgチンゲンサイも同様。そろそろ雑草が出始めててたまに区別がつかない。

d0168345_7332968.jpgリーフレタスも芽が増えてるだけ。

d0168345_7343171.jpg4月18日コマツナ。お、なんとなく育ってきたような。でもひと月でこれ?

d0168345_7344969.jpgチンゲンサイ。

d0168345_735774.jpgリーフレタス。

d0168345_7352898.jpg5月9日コマツナ。一気に成長した。気温って大事なのね。でも緑色が明らかに薄い。

d0168345_735548.jpg小ぶりながらチンゲンサイも。春ものはトウ立ちが早いらしくすでに花が咲いてるものも。

d0168345_7361234.jpg5月15日リーフレタス。1週遅れて収穫適期に。発芽率はコマツナたちに比べるとよくなかったな。

d0168345_7363269.jpgまあまあ収穫を楽しめた。毎日のように食べないと消化しきれなかったけどね。やっぱ少量ずらし作戦がいい模様。

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2010-05-31 07:39 |  コマツナ・チンゲンサイ | Comments(2)

3~5月のベランダの様子

初心者は苗の方が当然育てやすいのだが、おととしの苗から育てたトマトの経験により、なんとなく種から育てる方が楽しいんじゃないかと思って…。

結果、うちの狭いベランダがすごいことになってる。

発芽率に自分のヘタレぶりをかけて、保険にたくさん植えてしまったけど、予想外に育ってしまい(定植後に駄目になる可能性は多々あるが)、あらどうしましょって感じ。
あまりはベランダでプランター栽培のつもりだったけど、間に合わね…。

同じ野菜も2週間くらいずらして育てると、収穫時期が長く楽しめる…なんて素敵なことしようと思ったけど、やりはじめて即行「初心者には無理だし面倒!」てな感じでまとめて蒔いちゃったんだよねー。


最近植えてるものは多少数を減らしてるけど、それでも多め。
だいたい袋に入ってる種が家庭菜園には多すぎるんだわさ。
百均のは少なめだけど、それでもね。
多くの種類を育てたいと思うとけっこう無駄になるね。
おけばおくほど発芽率が下がるんだろうけど、ま、来年用にするかな。

d0168345_1714199.jpg3月23日の様子。15日から22日にかけてセルトレイ(ていうのかな?)、ポットなどにいろいろ蒔いてみた。右の上はイチゴの苗を植えたもの。この時点で確か枝豆、スティックブロッコリー、細ねぎ、カラーピーマン(パプリカ)。写ってないけど太ねぎ、青じそ、ミョウガも。

d0168345_17143731.jpgパクチー(苗)、カモミールも植えてる。って植え過ぎ?

d0168345_17145380.jpg5月24日。けっこういろいろ育った。畑に定植したものもあり、その後ミニトマト、バジル、空心菜、大根、ミツバ(室内)追加。気温の高低さが激しく、20度を割る日はスーパーの袋で簡易ビニールハウスにしてるものも。

d0168345_1715893.jpg

d0168345_17152891.jpgほったらかしのパクチーとカモミールがすごいことに。カモミールどしたらいい?

d0168345_17154423.jpg5月27日。オクラ、枝豆第二段を栽培し始め、どうしようもなくなってきたので棚を導入。平屋が団地になった感じ? ちなみに東側なので朝しか日光が当たらず、しばしば配置を入れ替える必要があり、あんま意味なしか? この手前にも苗があり、狭いことには変わらない。

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2010-05-30 17:22 | 2010畑 | Comments(0)

3~5月の畑の様子

ではその様子を…。
後日、それぞれの野菜の成長もアップの予定。

d0168345_1742681.jpg畑申し込む前にも行ったけど、2月初旬の契約の後、畑を再度偵察。ここの畑は3~12月の契約なので休耕中だった。しかし土地の賃貸契約になるのでいちいち本人がいかないと行けないってのが面倒ね。仕事遅刻してさ。しかもこの日雪だったよ。

d0168345_1745660.jpg3月6日から始動。耕す前。この日は耕して石灰を入れた。その後、噂では堆肥はすでに入ってるとのことで今回はなし。

d0168345_1752115.jpg耕して1週間後の3月14日。雨がほとんど降ってなかったので乾燥ぎみ。ここからmiquitaファミリーに手伝ってもらって全体に耕して畝づくり。

d0168345_1755093.jpg3月21日。耕して畝づくり後、ジャガイモ(キタアカリ、インカのめざめ)、コマツナ、チンゲンサイ、オクラ、トウモロコシを植えた1週間後。うんともすんとも…

d0168345_1761124.jpg4月11日。コマツナ、チンゲンサイは出てないこともないが畑全体の景観は変わらず(笑)。黒ビニールはその後に植えたリーフレタスね。写真ないけどこの時点でほかの畑との差が歴然。経験の差なんだろうね。

d0168345_1763444.jpg4月18日。コマツナ、チンゲンサイが出てないこともない。小さいとあんまわからんが、これは多分チンゲンサイ。

d0168345_1772774.jpg同じ日のリーフレタス。多少は出てるけど、まったく出てないところもあり…

d0168345_1775628.jpg5月9日。フィリピン前に雪が降るくらいの寒さになり、もう駄目なんじゃなかろうかとあきらめムードで帰ってきたら一気に成長してた。緑が薄かったが、一応収穫できて満足。

d0168345_1782035.jpg5月25日。コマツナ、チンゲンサイ、リーフレタスの収穫が終わり(1週間ですべて収穫)。ふたたび耕して石灰入れて9日後。この後堆肥を入れてからトマト、バジル、大根を植える予定。ちなみに左手前はトウモロコシ。

d0168345_1784096.jpg白トンネルから三列がうちの畑。ジャガイモもだいぶ育ち、スティックブロッコリーと枝豆(白いトンネル部分)も定植。
d0168345_1710946.jpgうちの畑はまだまだだが、他の人のは青々しててうらやましい。

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2010-05-29 17:03 | 2010畑 | Comments(3)

2010畑始動

さて、3ヶ月が経過した時点で思うに、私は花より野菜の方がむいている。
うまく育てられるというより、好き嫌いの問題だが。

だいたい花は育てた記憶がない。
小学校の朝顔、ひまわりの観察日記も、育ててないくせに夏休みの最後にまとめてそれらしく書くのは得意な方だった(この資質は今の仕事に生かされていると思われる)。
ちなみに定かではないが、枯らした記憶もないので母が育てていたのだと思う。

ヒヤシンスの球根栽培も同様。
大人になって再チャレンジしたがこちらは枯らした。
サボテンも。

この時点で私に育てたれるのは、水さえやればある程度勝手に育つポトスのみとなった。
そんな私だったが、タイ時代、ボランティアで畑を手伝うことがあった。
広い畑を子供たちと一緒にいろいろやるのはそれなりに楽しかった。
暑くてきつかったが…。

ここで野菜づくりに多少の興味を植えつけられ(言われるままに手伝うだけなので育てたとは言えない)、おととし職場でうっかりもらったトマト苗をベランダで栽培した。

このとき思ったのは、植物はかなり素人で適当でも育つことは育つ。
が、手のかけかたで育ち方はぜんぜん違う。

当たり前だが、土(このトマトの場合、質というより土の量が決定的に足りなかった)、日照条件、温度、水、肥料…植物によりそれぞれ適した環境があるのであろう。
私のトマトは3苗で20個足らず(もしかして10個足らずだったかも…)という惨敗に終わった。本来ならば鈴なりになるはずなのに。

ま、こんな経験からもう少しやってみたくなって、なんとなく市民農園に応募したら当たったので始めてみたわけ。
なもんで野菜づくりの勘が育つのは3年くらいはやってみないと駄目かなーなんて思いながら、日々奮闘中。(畑の契約は1年だけど。)

正直、大変ですわー。

5月に入って育ち始める時期に入ると週末だけではとても足りない。
最初なのでいちいちお金がかかる(百均で買えるものはそこでまかなってても)。
でもけっこう楽しい(ま、そうじゃなければやってられんわな)。

ちなみにミミズや幼虫、虫がかなり苦手な人は畑は駄目だと思われる。
多少苦手くらいならすぐ慣れると思うけど。
あと、畑は休めないので、日常の優先順位が畑にできない人はちょっと厳しいかな。
でもベランダでもけっこう出来ると思うんで、それでもいいかもしれない。
[PR]
# by uraniwaneko2 | 2010-05-28 17:01 | 2010畑 | Comments(2)