裏庭の猫vol.2

ブログトップ

畑泥棒続報!

畑に来る時間は人それぞれ。
今の時期、日中はさすがに暑いので、私のように早朝組(私は大抵5時半過ぎ到着だが遅い方)じゃない人は夕方組なのであろう。

で、週末、いつもより遅い時間にいって、早朝組じゃない人に会って少し話したところによると、トウモロコシをやられたとか!
しかも根こそぎ…。

トマトを全部やられた人もいるとか。
そこのトマト、とても立派になってると思ってたんだよなー。
そらーくやしいだろう。

そういえば最近、畑に「不審者は通報します」という看板が立てられている。

この話で、あのトウモロコシは、カラスやくそガキの仕業じゃないことが判明。あきらかに悪質な畑泥棒だわ。

思うに、うちのはラッキーにも試しに取ったのが実が出来てない奴だったから、2つ残ってたんだなー。

d0168345_9561078.jpgで、その人に食べきれないからと高そうなミニトマトをたくさんいただいた。これ、アイコ? これでもらった半分。ってたった3株なんだよ、その人のトマト。しかも脇芽をとらずに今は支柱すら立ててなく、うちと同じくワイルドに育ててるんだけどこの違いはどうよ。味も甘くておいしい!

d0168345_9562886.jpgいただきものつながりで、こちらはお隣さんの白ゴーヤ。緑のより苦味が少なくサラダ向きらしい。が、ゴーヤの苦味は苦手なので塩もみして炒めて使うつもり。

d0168345_9565251.jpgそして別の人にモロヘイヤを…(笑)。そばにあえて。大根とスティックブロッコリー、青じそはうちの収穫物。最近人様からよくもらうのだが、うちはあげるものが何もなくて。ブロッコリーはそこそこ収穫できるが、水分減って固くなってきてるし。枝豆はみんな育ててるしねえ。

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2010-08-08 09:55 | 2010畑 | Comments(3)

6~8月:枝豆第2号

枝豆は3回に分けて栽培した。

第1号は天ガ峰という種類。
極早生なのにひとつき以上も長く育てた割りにちゃんと育った。

第2号3号は同じ茶豆を2週間ずらしてまいた感じ。
こちらも早生種だが、ちゃんと二ヶ月ほどで収穫できている。
順調順調~。
枝豆はかなり適当でも出来るもんだ。初心者向き!

ただし、同じものをプランターに移植したものはダメっぽい。
第1号も第2号も。育たなかった。というか豆がつかない。
何がダメだったんだろう? リン酸を与えるべきだったのか?

第2号は第1号の教訓(?)で、収穫は週末に、ちゃんとビールと一緒にいただきましたよん。

第3号は来週あたりいけそうだ。
今の時期は収穫物が減ってくるのでこの枝豆は貴重だわね。

d0168345_9485527.jpg6月8日。一晩水につけたので発芽は早かった。3日以内に発芽したんじゃなかったかな。その後の成長も早い。

d0168345_9491538.jpg6月12日。たかが4日でこの成長。第1号は他の野菜に比べると早いと思ったがまだまだだったな。

d0168345_9493657.jpg6月17日に畑に移植。成長が早いだけに一気に徒長して苗がひょろひょろに…。あまりにも頼りなく大丈夫なのかと。

d0168345_9495420.jpg6月21日。トンネルかぶせて4日もたつとしっかりしてきた。茎が黒い。

d0168345_9501495.jpg7月10日。背がトンネルいっぱいになってたのではずす。が、遅かったようで若干曲がりぎみ…。

d0168345_9503550.jpg7月15日。豆が順調に出来ているが、風が強い日にふらふらになってたので支柱を立てる。本来なら枝豆は自立するはずなんだが…。茎が細すぎる。

d0168345_9505055.jpgその2日後。やっぱ支柱を立てるとしっかりする。

d0168345_951720.jpg7月26日。豆のふくらみもそこそこに。

d0168345_9512393.jpg7月26日。だいぶしっかりしたふくらみに。第2号は3日に分けて収穫したが1回目はこの1週間後。少し待ちすぎ?

d0168345_9513887.jpg8月6日。2回目の収穫時に一部の豆がくわれてるの発見!

d0168345_9515770.jpgえーっと、これは卵?

d0168345_9521550.jpg犯人はコイツ。カメムシっぽい。ブロッコリーにもよくつくが、あっちはオレンジのカラフルな奴だが、コイツは地味。第3号にはついてないので豆が育ったくらいでつくのかも。賢いな。

d0168345_9523037.jpg卵が生まれる前に急いで収穫。第1号は適当だったが、今度はちゃんとさやの両端を切って塩もみして4%の塩水で。ってけっこう塩いるよ。おかげでちゃんと塩味の枝豆になった。茹でたては豆の味がしっかりしておいしい。

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2010-08-07 09:47 |  枝豆 | Comments(0)

オクラの花が咲いた!

早朝水やりのときにつぼみ発見!(5時くらい)
7時半ごろにはもう花が咲き始めた。

そして夕方見たときにはもう閉じていた…。
一番開いた状態は見逃したよ。

オクラの花って野菜にしとくのはもったいないくらい存在感がある。

咲いてる時間が短くてなかなか見れないって聞いたことあるけど、一日の数時間で閉じちゃうのか。
これで3日くらいでもう実ができてしまうらしい。
育ち始めはゆっくりだけど、ここからは早いというか早すぎる。

しかし今の時期、畑行くとどこかで咲いてるの見れるけど、
自分で育ててるのが見れたのはラッキーだわね。

d0168345_0514199.jpgこんな大きな花なのにすぐ閉じるってなんか不思議。

d0168345_05253.jpg背丈自体は前回アップしたのからそれほど変わってない。てかここで終わりってことはないよな…。

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2010-08-06 00:50 |  オクラ | Comments(3)

4/25~27:アニラオでシュノーケリング・その2

フィリピン/マニラ・アニラオ・ドンソル&レガスピ旅行:2010年4月24日~5月7日

アニラオはダイビングポイントがそこここにある。
しかもボートですぐ(行ったところは15~30分以内のとこばっかだったと思う)。
ていうか違う宿の前だったりすることも多く、そこの宿に泊まればビーチシュノーケルが可能?そして陸路でいろいろ行けたりもする?

とか思ったけど、プライベートビーチになってるようなので、何箇所も回るなら、結局ボートを出してもらうしかないっぽい。


ポイントはタコがいたり(いたのに私は見れなかった)、温泉が沸いていたりする場所もあるけど、シュノーケリングする分にはそんなに変わらないのかなと。
もちろんポイントによってはシュノーケリングで何も見えない場所もあり、出来る場所でも透明度が違うが。


そんなこんなで計5回も行った(笑)。満喫!
防水カバー購入でデジカメで撮影できるのが楽しくって。
写ってるものはあまり代わり映えしないが、ま、しばしお付き合いを…。

肝心のジンベイでは浸水してカメラが使えないハプニングもあったが、この時点では水中撮影の難しさを実感。
なんせシュノーケリング中はゆらゆらしてるので静止するのが難しい。
そしてズーム(持ってるのは10倍ズーム)すると途端にフレームアウトして、対象を探すのに右往左往。
途中で動画の方がきれいに写ることを教えてもらって動画に切り替えたが(これに海ガメがうっすら映ってる)、これも後から見ると酔いそうなもの多し。


しかし最近ダイビング雑誌を図書館で借りてみてるが、ダイバーの素人撮影でも上手い人が多くてびっくり。
持ってる機材が違うけど(水中フラッシュとかハウジングとかえらい高い)、はまってしまうのは分かる気がするなー。
ダイビングライセンス取るにしろ、そこまでお金はかけられないが。

d0168345_1224862.jpg深さがあまりなく、日が差し込む場所はやっぱきれいに見える。

d0168345_12242449.jpg深いとこんな。入れ物のようなサンゴがおもしろい。

d0168345_12244165.jpg

d0168345_12245499.jpg多分、ここはまた別のポイント。少し透明度が悪かった。

d0168345_12251092.jpg

d0168345_12252585.jpg

d0168345_12254040.jpg

d0168345_12255419.jpg

d0168345_1226791.jpg

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2010-08-05 12:27 | 2010フィリピン | Comments(4)

4/25~27:アニラオでシュノーケリング

フィリピン/マニラ・アニラオ・ドンソル&レガスピ旅行:2010年4月24日~5月7日

アニラオではシュノーケリング三昧。
というかそれしか出来なかったというか。

前にも書いたけど、なんせほぼ海辺に宿が点在するだけの場所なので…。
歩いていける周囲に店などもなく食事はすべて宿(そのため予約の時点で宿代プラス食事の料金を提示された、当然ローカル食堂で食べるよりかなり高め)。
一応、歩いて近所が一望出来る小山に上れる感じではあったが(2~3時間くらいのトレッキング?)、海で疲れてるのでそれは遠慮した。

宿泊客は私以外は全員ダイバーだったけど、マニラから送迎付きで来て、ダイビング、そしてまたマニラへ送ってもらって帰国…みたいなとんぼ返りの人がほとんど。皆さんけっこうなリピーターでホント、ダイビングだけ楽しみに来てる感じ。このパターンだとダイビング付きツアーを利用すれば割安だし、それもありだと思う。

ただ、もしフィリピンの雰囲気を味わいたい、アジア旅っぽさも感じたいという場合は、ここだけ来るのはないと思う。といっても、私はマニラからジプニー、バス、トライシクルと何台も乗り継いできているので、そこだけは多少アジア旅っぽさはあったけど。

ま、他の場所でフィリピンらしさを満喫したので、アニラオは行けてよかったと思う。次は別の海に行きたいけど。

ただしシュノーケリングはダイバーのボートに同乗させてもらって(1回400ペソ約900円、道具は別料金)、一人勝手にする感じなので、ダイビングの人がいないと行けない。
たまたまタイミングよく1日2回も同乗させてもらえて、しかもダイバーさんがシュノーケリングも出来るポイントを選んでくれたのでよかったが、もしボートが出なかったら宿で手持ち無沙汰で、アニラオの印象も変わっただろうと思う。

d0168345_12163922.jpgこんなボート。

d0168345_12165749.jpg海の色は深い青。泊まった宿の前も水はきれいだけど、魚はそれほどいなかった。

d0168345_12171317.jpg最初のポイントでキンギョハナダイ。小さい赤い魚がたくさん。防水カバー内で撮影しているのでレンズカバーの一部が映ってしまうのはご愛嬌。

d0168345_1217279.jpgサンゴもきれい。

d0168345_12174524.jpg

d0168345_12175566.jpg

d0168345_1218655.jpg沖じゃないのでシュノーケリングでは大物が見れないけど(一度、深い場所で海ガメは見れた)、ダイバーさんが帰ってくると一瞬「大物発見!?」とかドキドキ。

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2010-08-04 12:15 | 2010フィリピン | Comments(2)