裏庭の猫vol.2

ブログトップ

オクラの花が咲いた!

早朝水やりのときにつぼみ発見!(5時くらい)
7時半ごろにはもう花が咲き始めた。

そして夕方見たときにはもう閉じていた…。
一番開いた状態は見逃したよ。

オクラの花って野菜にしとくのはもったいないくらい存在感がある。

咲いてる時間が短くてなかなか見れないって聞いたことあるけど、一日の数時間で閉じちゃうのか。
これで3日くらいでもう実ができてしまうらしい。
育ち始めはゆっくりだけど、ここからは早いというか早すぎる。

しかし今の時期、畑行くとどこかで咲いてるの見れるけど、
自分で育ててるのが見れたのはラッキーだわね。

d0168345_0514199.jpgこんな大きな花なのにすぐ閉じるってなんか不思議。

d0168345_05253.jpg背丈自体は前回アップしたのからそれほど変わってない。てかここで終わりってことはないよな…。

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2010-08-06 00:50 |  オクラ | Comments(3)

4/25~27:アニラオでシュノーケリング・その2

フィリピン/マニラ・アニラオ・ドンソル&レガスピ旅行:2010年4月24日~5月7日

アニラオはダイビングポイントがそこここにある。
しかもボートですぐ(行ったところは15~30分以内のとこばっかだったと思う)。
ていうか違う宿の前だったりすることも多く、そこの宿に泊まればビーチシュノーケルが可能?そして陸路でいろいろ行けたりもする?

とか思ったけど、プライベートビーチになってるようなので、何箇所も回るなら、結局ボートを出してもらうしかないっぽい。


ポイントはタコがいたり(いたのに私は見れなかった)、温泉が沸いていたりする場所もあるけど、シュノーケリングする分にはそんなに変わらないのかなと。
もちろんポイントによってはシュノーケリングで何も見えない場所もあり、出来る場所でも透明度が違うが。


そんなこんなで計5回も行った(笑)。満喫!
防水カバー購入でデジカメで撮影できるのが楽しくって。
写ってるものはあまり代わり映えしないが、ま、しばしお付き合いを…。

肝心のジンベイでは浸水してカメラが使えないハプニングもあったが、この時点では水中撮影の難しさを実感。
なんせシュノーケリング中はゆらゆらしてるので静止するのが難しい。
そしてズーム(持ってるのは10倍ズーム)すると途端にフレームアウトして、対象を探すのに右往左往。
途中で動画の方がきれいに写ることを教えてもらって動画に切り替えたが(これに海ガメがうっすら映ってる)、これも後から見ると酔いそうなもの多し。


しかし最近ダイビング雑誌を図書館で借りてみてるが、ダイバーの素人撮影でも上手い人が多くてびっくり。
持ってる機材が違うけど(水中フラッシュとかハウジングとかえらい高い)、はまってしまうのは分かる気がするなー。
ダイビングライセンス取るにしろ、そこまでお金はかけられないが。

d0168345_1224862.jpg深さがあまりなく、日が差し込む場所はやっぱきれいに見える。

d0168345_12242449.jpg深いとこんな。入れ物のようなサンゴがおもしろい。

d0168345_12244165.jpg

d0168345_12245499.jpg多分、ここはまた別のポイント。少し透明度が悪かった。

d0168345_12251092.jpg

d0168345_12252585.jpg

d0168345_12254040.jpg

d0168345_12255419.jpg

d0168345_1226791.jpg

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2010-08-05 12:27 | 2010フィリピン | Comments(4)

4/25~27:アニラオでシュノーケリング

フィリピン/マニラ・アニラオ・ドンソル&レガスピ旅行:2010年4月24日~5月7日

アニラオではシュノーケリング三昧。
というかそれしか出来なかったというか。

前にも書いたけど、なんせほぼ海辺に宿が点在するだけの場所なので…。
歩いていける周囲に店などもなく食事はすべて宿(そのため予約の時点で宿代プラス食事の料金を提示された、当然ローカル食堂で食べるよりかなり高め)。
一応、歩いて近所が一望出来る小山に上れる感じではあったが(2~3時間くらいのトレッキング?)、海で疲れてるのでそれは遠慮した。

宿泊客は私以外は全員ダイバーだったけど、マニラから送迎付きで来て、ダイビング、そしてまたマニラへ送ってもらって帰国…みたいなとんぼ返りの人がほとんど。皆さんけっこうなリピーターでホント、ダイビングだけ楽しみに来てる感じ。このパターンだとダイビング付きツアーを利用すれば割安だし、それもありだと思う。

ただ、もしフィリピンの雰囲気を味わいたい、アジア旅っぽさも感じたいという場合は、ここだけ来るのはないと思う。といっても、私はマニラからジプニー、バス、トライシクルと何台も乗り継いできているので、そこだけは多少アジア旅っぽさはあったけど。

ま、他の場所でフィリピンらしさを満喫したので、アニラオは行けてよかったと思う。次は別の海に行きたいけど。

ただしシュノーケリングはダイバーのボートに同乗させてもらって(1回400ペソ約900円、道具は別料金)、一人勝手にする感じなので、ダイビングの人がいないと行けない。
たまたまタイミングよく1日2回も同乗させてもらえて、しかもダイバーさんがシュノーケリングも出来るポイントを選んでくれたのでよかったが、もしボートが出なかったら宿で手持ち無沙汰で、アニラオの印象も変わっただろうと思う。

d0168345_12163922.jpgこんなボート。

d0168345_12165749.jpg海の色は深い青。泊まった宿の前も水はきれいだけど、魚はそれほどいなかった。

d0168345_12171317.jpg最初のポイントでキンギョハナダイ。小さい赤い魚がたくさん。防水カバー内で撮影しているのでレンズカバーの一部が映ってしまうのはご愛嬌。

d0168345_1217279.jpgサンゴもきれい。

d0168345_12174524.jpg

d0168345_12175566.jpg

d0168345_1218655.jpg沖じゃないのでシュノーケリングでは大物が見れないけど(一度、深い場所で海ガメは見れた)、ダイバーさんが帰ってくると一瞬「大物発見!?」とかドキドキ。

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2010-08-04 12:15 | 2010フィリピン | Comments(2)

3~7月:オクラ惨敗中

我が家の箱入り娘オクラ。
蝶よ花よと大事に大事に育てている。

というのも発芽率がめっちゃ悪い。

第1号は3月14日に一袋(20粒以上のはず)植えた。

で、発芽したのは1本。

オクラは発芽温度が高く、そもそも気温が足りなかった。雪も降ったし。
その後、その1本の成長も悪く、場所ももったいないので、結局スティックブロッコリーの苗を植えた。
ちなみにオクラの種は植えたままだが、残りが発芽する様子はまったくない。


第2号は12粒。殻が固いので一晩水につけた。
で、発芽したのはこれまた1本。発芽自体は早かったが、残りはちっとも発芽せず。

これはまずますの成長だが、1本だけでは畑に植えるのも何なんで、ベランダでペットボトル栽培。
(その後、成長点を間違って摘んでしまい成長を止めたまま生きてる…)


第3号は14粒で発芽は同じく1本。

なぜ?

オクラ栽培している人のブログを見ると、やっぱり発芽率は悪いよう。
でも中には全部発芽させている人もいて、オクラは簡単だと…。

種類の差なのだろうか?

芽さえ出ればオクラはある時期からぐんと成長するっぽいのだが。

1本からの収穫がそれほどたくさんではないので、5本くらいは欲しかったんだけどなー。来年は苗にするか?

d0168345_15482957.jpg第1号は5月25日(種まきから2ヶ月以上)でこんなの。

d0168345_15485157.jpgで、6月22日でこれ(笑)。途中で葉が全然なくなってダメかと思ったら復活。でも背がぜんぜん伸びてない…

d0168345_1549599.jpgスティックブロッコリーの間でがんばってる。というかけっこう忘れ去られた存在。

d0168345_15492327.jpgその3日後。なんと葉が増えてる。でも後続の奴にすっかり抜かれているからダメだろうね。

d0168345_15494097.jpg7月15日。と思いきや気づくと葉が増えてる。健気よのう~。実がなることはないとは思うが、生きられるとこまでがんばらせてみるか。

d0168345_1550216.jpg第2号、6月8日の様子。こちらは4日で発芽して順調。

d0168345_155020100.jpgその4日後、本葉が出る。成長が早い!

d0168345_15504186.jpg6月20日。ペットボトルに移して、さらに1週間ほどでこんなに育ちましたよ。

d0168345_1551033.jpg7月2日。葉が大きい。畑の奴とは全然違う成長ぶり。

d0168345_15511596.jpg背もこんなに高く。ちなみに一番下の葉がまだらになってるのは葉にもぐる虫のせい。

d0168345_15513422.jpg7月17日。ここで悲しいお知らせ。茎の先端に花がつくと成長が止まると何かで読んで摘んでみたのだが、新芽というか成長点も摘み取ってしまったらしく、逆に成長を止めてしまう結果に…。がーん! 枯れてはないけど、ここから花がつくことはない?

d0168345_15515648.jpg第3号、6月21日。発芽したばっかの状態。これから双葉になるのは確か1日後。

d0168345_15521684.jpg7月29日。現在の希望の星。やっぱり茎の先端に花がついてる気がするけど、今度はほっといてみるぞ。せめて一つだけでも収穫したい。

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2010-08-03 15:55 |  オクラ | Comments(2)

4/25:マニラ→アニラオへ

フィリピン/マニラ・アニラオ・ドンソル&レガスピ旅行:2010年4月24日~5月7日

アニラオはマニラ近郊の日本人ダイバーに人気のちょっとしたリゾートな海辺の町。
といってもセブみたいな一大リゾート(行ったことないが)ではなく、ネットで調べる限りでは、プチリゾート(こじゃれているというより値段的に…も含め)が点在する静かそうな場所。


なぜこの場所を選んだのかというと、ドンソルも海辺だが、ジンベイがたくさん出没するくらいなのでプランクトンが多い透明度のあまりよくない海。
せっかくならきれいな海でシュノーケリングもしたい。そしてマニラから近い方がいい。ということでネットで検索してここを見つけた。あんまリゾートには縁のない私だが、たまにはよかろと。

ダイバーには知られているらしいが、歩き方にもちょこっと載ってる程度の場所ってのもいい。あんま賑やかな場所は遠慮したいし…。

ただ、ネックになったのは賑やかじゃないだけに不便ということ。
宿と宿の間が離れていて、とても歩いて探せるような感じではなく、一応リゾート地なのでパッカー向きの安宿がなさげ。多少いつもより高いのは仕方ないやね。(行ってから気づいたが周囲に食料品を買える店や食堂が少なく、あっても歩いて行けない…。強制的に食事もすべて宿)

ま、宿に関しては日本から予約をしとくのが無難とみて、歩き方に載ってる日本人経営の宿に問い合わせ。ちゃんとシュノーケリングが出来るか事前に確認しておかないと(日本人経営なら「出来る」と言われて出来なかったということはないだろうからね)。返事はダイビング客がメインなので、ボートが出れば一緒に乗っていって出来るとのこと。

なのでそこで予約。ただしゴールデンウィーク期間に当たっていたので、必然的にまだ空きのある4/25~27の3泊になった。宿紹介はまた別途。

d0168345_17353165.jpgジプニーで行ける宿エリア手前の港にある市場。ここで旅中で一番高かったマンゴーを買う(確かキロ70ペソ=約150円)。ぼられたかと思ったが、在住の人に聞いてみるにアニラオは地理的に物価が高いとのこと。大きくてきれいなマンゴーだったが。

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2010-08-02 17:36 | 2010フィリピン | Comments(2)