裏庭の猫vol.2

ブログトップ

いまさら旅行記:宮古島で八重干瀬シュノーケリング

沖縄宮古島旅行:2009年5月

八重干瀬(珊瑚がきれい)へ行きたい!
と思ってやってきた宮古島だったが、現地で最初にシュノーケリングを申し込んだときは、波が高くて八重干瀬行けないとのこと。
シュノーケリングは海面に近い場所で漂うため波の影響をもろ受ける。つまり酔う。

違う場所でも厳しいとのことで、結局、体験ダイビングにした。
(ここに書くなという感じだが、前にアップした画像は八重干瀬じゃない)
まあ、ショップとしては一人のためにボートを出すならせめて料金が高い体験ダイビングの方がいいということもあったと思う。

結果、はじめての体験ダイビングは大満足でよかったが、やはりここまできたなら八重干瀬へ行こうと思って、再度申し込んだ。

前日申し込みで、最初は波が…という感じだったが、当日の朝、運よく「今日は行けそうです」との電話が!

その日はうってかわって大人数で、ショップ撮影の画像は魚や珊瑚がメインのものは少ないけど(各自の記念写真も撮影するので)、天気もよく日差しの下の珊瑚はとてもきれいだった。

あー、やっぱまた行きたいよ!

*画像はすべて八重干瀬マリンハートさん撮影のもの。

d0168345_1934651.jpg

d0168345_1935568.jpg

d0168345_194926.jpg他にももっと魚はいたはずだけど、やっぱコイツが人気かして他はあまり写ってなかった。

d0168345_1942429.jpg

d0168345_1943393.jpg

d0168345_1944541.jpg

d0168345_1945720.jpg

d0168345_195109.jpg

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2010-06-07 19:06 | 2009沖縄・宮古島 | Comments(0)

3~5月:ジャガイモ(インカのめざめ、キタアカリ)その2

さて、しおれた1本から収穫したインカ。

これを食べるかどうかだが、
ネットで栽培日記などを読むと小イモはすべて廃棄と書いている人もいるくらいなので、ジャガイモの毒性を調べてみた。
(逆に大事に小イモまで食べている人もいる)

芽に毒があるというのは知ってたが、なんちゃらアルカロイドとかいう神経に効きそうなその毒性は、イモの皮に近い部分に多いらしく、自家栽培のイモには多いらしい。
特に未成熟の小イモには多いのだとか。
そして収穫後でも日光に当たると毒が増える。
だからジャガイモの保存は冷暗所なわけね…。

ヤバイのが日光に当たって緑色になったもので、厚く皮をむくか、廃棄の方がいいっぽい。小学校のジャガイモ栽培で収穫したジャガイモで子供たちが中毒というケースもあるらしい(かわいそうな思い出だわね)。

てか市販のジャガイモで緑になってるのを食べたことあるけど、あれは若いんじゃなくて毒性が増えてたのかー(ありがちな勘違い)。その後、腹をくだした記憶はないが、まさかジャガイモのせいだとは思わないだろうから、記憶がリンクしてないだけなのか?

といっても大人の致死量はキロ単位なのでまあ…。

そんな感じでもちろん食べましたよ。緑にもなってなかったし。
栗というより甘くないサツマイモ(同じようなものか)みたいでおいしかったー。残り収穫できるといいなあ。

d0168345_42847.jpg5月25日。同じ位置ではないので分かりにくいが、9日の時点より畝間が狭く見えるので葉の成長ぶりが分かる。左のキタアカリとくらべるとインカは…。

d0168345_428308.jpg5月31日。キタアカリは順調に見える。ただ、他の畑のジャガイモよりは小さい。種類によるのかもしれないが…。

d0168345_4284930.jpgこの数日前に気づいたのだが、インカに1cmくらいのアリがびっしりたかってる。アリがいる=アブラムシなので葉裏を見ると黒いのがびっしり。ああ~もう駆除は無理…と思ってほっとくとしおれてるものが…。

d0168345_429797.jpgもうこいつは駄目だろうと掘ってみたら、小さいイモが出来ていた。大きく見えるけど3cmくらい。

d0168345_4293699.jpg収穫の全貌。くどいけど大きいので3cmなので食べられるのは2つくらい。他は向いても実がほとんどないだろうから。

d0168345_430039.jpg黄色いのがインカ。あまりものの大根、水菜&ベーコンと炒めて。なかなかうまかったっす。

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2010-06-06 04:32 |  ジャガイモ | Comments(2)

3~5月:ジャガイモ(インカのめざめ、キタアカリ)

畑の様子も同時アップしてくねー。


市民農園で定番といえばジャガイモ。
初心者に育てやすいと歌われているせいか、どこの畑でもみられる。
まあ、まだ寒い日が多い3月から植えられるってのもある。
というかもう3月始めには植えておいた方がいいらしい。
が、当時働いていた私は、休みの関係でスタートが6日。そこから土を耕して石灰いれ…でさらに遅れている。
最初から休み関係なく来ている人々のジャガイモに比べて成長は遅かった。

ジャガイモは気持ち涼しい気候を好み、そして収穫が6月~なので梅雨時期と重なる。まだ晴れ間の多い時期に収穫を合わせるんだろうね。
まー、うちはすでに梅雨時期突入は避けられないので、イモが駄目にならなきゃいいなー。

そんな人気のジャガイモだが、メークイン、男爵以外にもいろんな種類がある。
どうせなら違う種類にしようと、うちは人気の「インカのめざめ」と「キタアカリ」を植えてみた。

インカのめざめ…栗のようでおいしいと評判だが、種イモが他のイモより高く、後続種らしい「インカのひとみ」に「インカのめざめより育てやすい」と書かれていたので栽培が難しそうではあった。
が、種イモを買うときにインカのひとみはなかったので、めざめの方にした。

その後分かったことだが、
○病気に弱い
○収穫量がたとえばメークインなどに比べて1/3程度と少ない
○イモが小さい
とまったく初心者向きではなかったが、もう仕方ない。

その通り、5月終わりの時点でキタアカリに比べて格段に成長が悪いインカ。
黒いアブラムシにやられまくって弱りまくり。
先日枯れたのを収穫してみたが、まだまだイモは小さい。
残りはどれくらい収穫できるのか?
このひと月が勝負なのである。(といっても私には何もできない…。アブラムシを取りきるのは不可能だしすでに遅いであろう)

ところで、2区画(1区画30平方メートル、8畳くらい;都内のよりだいぶ広いと思う)全部ジャガイモにしてるとこがあるんだけど、どうするんだろね。
いくら保存がきくと言っても食べきれなくないか?
地域行事のジャガイモ収穫祭とかに使うんだろうか…。

d0168345_795717.jpg3月14日。キタアカリ。種イモは30~40gに切って…とよく書かれているのだが、45~50g前後だったためそのまま植えた。小さいインカも同様に。

d0168345_7101353.jpg4月11日。左がインカで右がキタアカリ。この時点ではそう差はなかったのだが…。

d0168345_7103056.jpg4月18日。縮尺が違うので分かりにくいがだいぶ芽が増えて成長している。インカが若干小さめだったような…。

d0168345_7105283.jpg5月9日。一気に成長。この時点でひとつの種イモから複数の芽が出ているので、各2本に”芽かき”。イモを大きくするために必要な作業。右のキタアカリは全部芽が出たが、インカは不発もある。

d0168345_7115629.jpg5月17日。キタアカリは花が咲いているものも。

d0168345_7121368.jpgインカもそれなりに成長しているが、キタアカリに比べると細い。

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2010-06-05 07:16 |  ジャガイモ | Comments(0)

いまさら旅行記:宮古島で体験ダイビング・魚たち

沖縄宮古島旅行:2009年5月

ここに限らず、ガイドさんは”ニモ”をよく見つけては教えてくれる。
ニモじゃないクマノミもいるんだろうけど、私には区別がつかない。
多分イソギンチャクにからんでるのがニモ??程度。

d0168345_185326.jpg

d0168345_18531755.jpg

d0168345_18533085.jpgこれは分かる。砂からニョッキり、チンアナゴだよね。ニョロニョロみたいだな。

d0168345_1854131.jpg

d0168345_18542614.jpg

d0168345_18544670.jpgこれは違うところでも何回か見たことある。模様がおもしろいのでついつい追いかけてしまう。

d0168345_1855645.jpgウツボ。逃げちゃったので泳いでいるとこが見えたが(ちと怖い)シャッターチャンスを逃したらしい。

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2010-06-04 18:56 | 2009沖縄・宮古島 | Comments(0)

いまさら旅行記:宮古島で体験ダイビング・洞窟

沖縄宮古島旅行:2009年5月

体験ダイビングだったが、ちょっとした洞窟もくぐらせてもらった。
人によっては、閉鎖度が高くなるせいか恐怖心を持つ人もいるらしいが、私は「平気そう」ということで。

インストラクターさんがいるのでまったく怖くはなかったが、確かに水中はパニックになりやすいんだろう。
シュノーケリングしてるときにそう思うことがある。高い波が来て、シュノーケルに水が入って呼吸できなくなるとき、一瞬方向を見失うとき。

ダイビングは呼吸が苦しいということはないが、一度恐怖心を持つと簡単にパニックに陥りそうな気もする。

小学6年生のときにスイミングスクールに通っていて当時はそこそこ泳げたのだが、そりゃ何年前よ!っていうくらい泳ぎが駄目になっていたし。
ウェットは浮力があるとはいえ、少なくともダイビングライセンス取るなら、あのときくらい泳げた方がいいんだろうな。

d0168345_18494248.jpg

d0168345_18495898.jpg

d0168345_1852019.jpg

d0168345_18513222.jpg

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2010-06-03 18:52 | 2009沖縄・宮古島 | Comments(0)