裏庭の猫vol.2

ブログトップ

いまさら旅行記:宮古島で体験ダイビング・洞窟

沖縄宮古島旅行:2009年5月

体験ダイビングだったが、ちょっとした洞窟もくぐらせてもらった。
人によっては、閉鎖度が高くなるせいか恐怖心を持つ人もいるらしいが、私は「平気そう」ということで。

インストラクターさんがいるのでまったく怖くはなかったが、確かに水中はパニックになりやすいんだろう。
シュノーケリングしてるときにそう思うことがある。高い波が来て、シュノーケルに水が入って呼吸できなくなるとき、一瞬方向を見失うとき。

ダイビングは呼吸が苦しいということはないが、一度恐怖心を持つと簡単にパニックに陥りそうな気もする。

小学6年生のときにスイミングスクールに通っていて当時はそこそこ泳げたのだが、そりゃ何年前よ!っていうくらい泳ぎが駄目になっていたし。
ウェットは浮力があるとはいえ、少なくともダイビングライセンス取るなら、あのときくらい泳げた方がいいんだろうな。

d0168345_18494248.jpg

d0168345_18495898.jpg

d0168345_1852019.jpg

d0168345_18513222.jpg

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2010-06-03 18:52 | 2009沖縄・宮古島 | Comments(0)

いまさら旅行記:宮古島で体験ダイビング

沖縄宮古島旅行:2009年5月

「沖縄初めてなのにどうして宮古島?」
何度かそう聞かれた。

八重干瀬に行きたい!と海基準で選んだためそうなったのだが、
数日滞在するうちにそう言われることが分かったような気がする。

宮古島は海しかない。
宮古の人は飲んべいが多いらしく、飲み屋はたくさんある。
が、昭和の匂い…。

宮古で会った人いわく、たとえるなら吉祥寺の石垣島なんかと比べて、女が一人でくる場所じゃないってことなんだなー。
こじゃれてないもん(笑)

でもここでの体験ダイビングはとても印象深かったよ。
行って良かった宮古島って感じ。

d0168345_15271814.jpgことわりない画像はすべて八重干瀬マリンハートさん撮影(防水ケースの普通のデジカメで撮影したものだと思う)。どう、この海のきれいさ!

d0168345_1527376.jpg

d0168345_15275880.jpg生まれてすぐの稚魚の群れ。

d0168345_15281784.jpg

d0168345_15283525.jpg

d0168345_1528516.jpg

d0168345_15291035.jpgちなみにこれが使い捨て水中カメラで撮ったもの。だいぶ色彩が違うよね。

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2010-06-02 15:31 | 2009沖縄・宮古島 | Comments(3)

いまさら旅行記:2009年5月沖縄宮古島

沖縄宮古島旅行:2009年5月

もう1年前だけど沖縄の宮古島へ行った。初沖縄!

5月の初めに中米から帰って、新型インフルのせいで半強制プチ引きこもり。
考えるのは過ぎ去った中米旅行のことばかり。

特にシュノーケリングの魅力に目覚めた私は、
思い出に浸ってるとどうしても沖縄へ行きたくなり、
どうせ仕事もないことだしということで、沖縄行きのチケットをネットで買っていた。
もちろん5月後半という梅雨突入時期で安いこともある。
(実際は雨はほとんど降らずラッキー)

正確にいうとチケットそのものは間際になるとそんなに安くないので、1泊&航空券のツアーだった。3万円台の後半。3泊4日か4泊5日だったので(メモ見つからずで覚えてない…)、残りはゲストハウスを予約した。
1泊3千円。ドミならもっと安かったが、せっかくなので一人部屋。シャワー、トイレ共同だが、日本の宿で3千円ならよし。キッチンも使えるらしいし。


予約したときは沖縄って時期を選べばこんなに安く行けるんだ!
と思ったが、後になって考えるに現地でのお金が高い。
そりゃ日本だからね…。
体験ダイビング(確か1万3千円)&シュノーケリング(同じく8千円)。
そして足代。
免許のない私は行けるところはバスで行ったが、仕方なくタクシー利用もありあり。
ちなみにバスは驚くほど本数が少なく(1時間に一本もない場合もあったような)、
驚くほど乗客が少なく(往復私一人という場合も)、ターミナルに2~3日通うと「お姉さん、東京から来たんだって?」といろんな運ちゃんに声かけられるほど覚えられる(笑)。

そう、沖縄はよく人に声かけられる!
日本でなく東南アジアだわ…。
「わしが今日は案内する」というおじいや(時間がないので丁重にお断り、残念! つきあうと最後は必ず酒盛りになるらしい)、
「これ沖縄のてんぷら。ま、食べてみて」と”さーたーあんだぎー”をもらうこと3回。「おはようございます」「こんにちは」と小学生に挨拶されびっくり。これは本当がどうか知らないが、どうやら小学校でそういう指導をしているらしい。都会(今では田舎も?)の子供は知らない人に声かけられたら無視するように指導されてるだろうに。

いやあ、沖縄いいとこですわ。
宮古島の海もきれいだったけど、沖縄の雰囲気にもすっかり魅せられた。
ま、旅行者だからってのもあるかもしれんが。

次はどこへ行けるかな。
海の写真を中心にアップしていくねー。短い旅行だからすぐ終わるけど。
(画像のほとんどは体験ダイビングをやらせてもらった八重干瀬マリンハートさんからもらった画像)

d0168345_12102141.jpgダイバーになったワタクシ。多分、自分の画像初公開! ま、これじゃ誰か分からんしな。

d0168345_12104425.jpg使い捨て水中カメラを構えて。これが写り悪いんだやっぱ。この姿勢とるのけっこう大変だったような…。

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2010-06-01 12:16 | 2009沖縄・宮古島 | Comments(2)

3~5月:コマツナ、チンゲンサイ、リーフレタス

初心者に育てやすく、栽培期間も短い。
そして料理に使いやすいといえばコマツナ、チンゲンサイじゃなかろうか。

何も出来なかったらヘコむ…そう考えてまずはコマツナを選んだわけだが、
収穫できて結果オーライだったけど、今思えば週1では圧倒的に水が足りなかったんだと思う。

他の上手に育ててる人々の畑を見ると、3月のまだ寒い時期はトンネルで保温・保水。
これは虫除けにもなる。
こうして育てられたコマツナは緑も濃く、成長ぶりが断然違った。
水もけっこう遣りにきてたのかなー。

3つまとめて、そして最初なので画像多し(笑)。

d0168345_7305466.jpg3月21日コマツナ。芽が出てるけど、まわりの土がこんなに割れてるくらい乾燥してていいのか? この後知ったが、発芽には水分が大事らしく、よくぞ芽を出してくれたって感じ。

d0168345_7311432.jpg同じ日のチンゲンサイ。こちらも芽がちらほら。

d0168345_7313538.jpgこの日に植えたリーフレタス。コマツナよりは難しそうなので保水のためマルチング。種が驚くほど薄くて軽い。

d0168345_7315335.jpg3月28日コマツナ。1ヶ月で出来る野菜なのに1週間でこれっぽっちしか成長してない。先週直したのに土は相変わらず地割れ。

d0168345_7321127.jpgチンゲンサイ、かな? 同じアブラナ科ということもあり、この段階では違いがよくわからん。

d0168345_7323247.jpg4月4日コマツナ。チンゲンサイより成長してるけど、こっから育つのかと不安になるヤツレぶり。虫や鳥に食われてる跡いっぱい。

d0168345_7325027.jpgリーフレタスが芽が出てた。芽がまったく出てない箇所もあり、後に種が風で吹き飛ばされ畝間で出てきた。これは植え替えしてみたけど全滅。

d0168345_733953.jpg4月11日コマツナ。先週と比べて成長が見られず…。4月なのに寒い日があり、どうも成長が遅い。保温してる畑はこの時点でもう収穫出来そうなくらい育ってるのに(それだけじゃないと思うが)

d0168345_734397.jpgチンゲンサイも同様。そろそろ雑草が出始めててたまに区別がつかない。

d0168345_7332968.jpgリーフレタスも芽が増えてるだけ。

d0168345_7343171.jpg4月18日コマツナ。お、なんとなく育ってきたような。でもひと月でこれ?

d0168345_7344969.jpgチンゲンサイ。

d0168345_735774.jpgリーフレタス。

d0168345_7352898.jpg5月9日コマツナ。一気に成長した。気温って大事なのね。でも緑色が明らかに薄い。

d0168345_735548.jpg小ぶりながらチンゲンサイも。春ものはトウ立ちが早いらしくすでに花が咲いてるものも。

d0168345_7361234.jpg5月15日リーフレタス。1週遅れて収穫適期に。発芽率はコマツナたちに比べるとよくなかったな。

d0168345_7363269.jpgまあまあ収穫を楽しめた。毎日のように食べないと消化しきれなかったけどね。やっぱ少量ずらし作戦がいい模様。

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2010-05-31 07:39 |  コマツナ・チンゲンサイ | Comments(2)

3~5月のベランダの様子

初心者は苗の方が当然育てやすいのだが、おととしの苗から育てたトマトの経験により、なんとなく種から育てる方が楽しいんじゃないかと思って…。

結果、うちの狭いベランダがすごいことになってる。

発芽率に自分のヘタレぶりをかけて、保険にたくさん植えてしまったけど、予想外に育ってしまい(定植後に駄目になる可能性は多々あるが)、あらどうしましょって感じ。
あまりはベランダでプランター栽培のつもりだったけど、間に合わね…。

同じ野菜も2週間くらいずらして育てると、収穫時期が長く楽しめる…なんて素敵なことしようと思ったけど、やりはじめて即行「初心者には無理だし面倒!」てな感じでまとめて蒔いちゃったんだよねー。


最近植えてるものは多少数を減らしてるけど、それでも多め。
だいたい袋に入ってる種が家庭菜園には多すぎるんだわさ。
百均のは少なめだけど、それでもね。
多くの種類を育てたいと思うとけっこう無駄になるね。
おけばおくほど発芽率が下がるんだろうけど、ま、来年用にするかな。

d0168345_1714199.jpg3月23日の様子。15日から22日にかけてセルトレイ(ていうのかな?)、ポットなどにいろいろ蒔いてみた。右の上はイチゴの苗を植えたもの。この時点で確か枝豆、スティックブロッコリー、細ねぎ、カラーピーマン(パプリカ)。写ってないけど太ねぎ、青じそ、ミョウガも。

d0168345_17143731.jpgパクチー(苗)、カモミールも植えてる。って植え過ぎ?

d0168345_17145380.jpg5月24日。けっこういろいろ育った。畑に定植したものもあり、その後ミニトマト、バジル、空心菜、大根、ミツバ(室内)追加。気温の高低さが激しく、20度を割る日はスーパーの袋で簡易ビニールハウスにしてるものも。

d0168345_1715893.jpg

d0168345_17152891.jpgほったらかしのパクチーとカモミールがすごいことに。カモミールどしたらいい?

d0168345_17154423.jpg5月27日。オクラ、枝豆第二段を栽培し始め、どうしようもなくなってきたので棚を導入。平屋が団地になった感じ? ちなみに東側なので朝しか日光が当たらず、しばしば配置を入れ替える必要があり、あんま意味なしか? この手前にも苗があり、狭いことには変わらない。

[PR]
# by uraniwaneko2 | 2010-05-30 17:22 | 2010畑 | Comments(0)