裏庭の猫vol.2

ブログトップ

カテゴリ:2014年末バンダアチェ・ウェー島( 24 )

14年末:バンダアチェからひどい腹痛でKLに

スマトラ島バンダアチエ・ウエー島ダイビング旅行:2014年12月27日~15年1月4日

やっぱり昨晩は食べないほうがよかったんだろうなー。
と、思いつつ、朝食バイキングがついているホテルだったので、うっかり食べてしまう。
おいしそうだったので、試してみたくなるんだよね。

ここで私の胃腸はギブアップし、水以外を受け付けなくなった。さすがに何も食べないと荷物も持てないので、KLでクリームパンを少しずつ水で流し込んだけど、その度にひどい胃痛が襲ってきた。あれはきつかったなー。

KLは、今まで何度か通過しているのに、チャイナタウン以外にいったことがなくて、今回は屋台街で有名なアロー通りだったのに…。
空港からも小1時間くらいはかかったような…(若干迷ったし)。具合悪いだけに空港近くにすればよかったなー。
これでアチェ終了~。

d0168345_11150652.jpg
朝食バイキング。おいしそうでしょ
d0168345_11150690.jpg
ベチャで空港へ。男性がよく大きな石の指輪をしているのが目についた。ベチャのおじさんも
d0168345_11152168.jpg
乗ったなかでは新し目のベチャだった
d0168345_11152185.jpg
空港は制限区域の中は、フリーのネットがあるくらいでほとんど何もない。外の方が店などはやっていた
d0168345_11152169.jpg
新しくオープンしたKLIA2。エアアジア機がずらり。LCCTもそれなりに大きかったけど、断然こっちがグレードアップ
d0168345_11152159.jpg
d0168345_11152107.jpg
アロー通りではバックパッカーホステル的な宿を予約。窓がなくてトイレなどもかなり狭いけど、KL中心で清潔感もあり2500円くらいで泊まれるので、ネット予約できる中では安い方かな?
d0168345_11152114.jpg
翌日の午後までクリームパン一つだとさすがにお腹がすいて、空港で香港のエビワンタン麺。ってうどんを食べようと思ったんだけど(アジア各国麺の店で)、エビワンタン…好きなんだよね。お腹はやっばり痛かったけど
[PR]
by uraniwaneko2 | 2015-03-07 11:30 | 2014年末バンダアチェ・ウェー島 | Comments(0)

14年末:バンダアチェTSUNAMI

スマトラ島バンダアチエ・ウエー島ダイビング旅行:2014年12月27日~15年1月4日

スマトラ沖地震から10年。
バンダアチェは震源地に近かったため、地震に津波が重なり、もっとも被害が大きかったエリアだ。震災を機に内戦が終結し、国を上げて復興に力を注いだ。

食堂でアチェコーヒーを飲みながら、街の様子なんかを眺めていると、もはや大震災のなごりは感じられない。
でも、私がとまっていたホテルのフロントには、ホテル前に船が流されてきている写真が掲示してあった。付近の河には船が多数係留されており、そうした一つが流されてきたのだろう。それにしてもここに船?という場所である。

市内には、2階に船が乗り上げた家がそのままの状態で保存されており、TSUNAMI博物館もつくられている。(立派な外観の割りに展示は残念なものだったが…)
津波観光を売りにしているだけに、大勢のインドネシア人観光客が訪れていた。(そのせいで、宿が埋まってたりもしたんだけど…)

なお、ウェー島は奇跡的に死者はゼロ。
ダイビングショップ店内にはTSUNAMIラインが引いてあった(3mくらいか?)。
スイス人経由で聞いたオーナーの話では、
地震を感じた段階で(朝8時くらいのはず)、ボートを引き上げさせ、津波のときは高台に非難して、木によじ登って助かったとのこと。
ビーチの木だったらとてもじゃないがアウトだっただろう。店はガラス面が多かったので、中のものを全部持っていかれたらしいが、構造部は生き残ったのだとか。

d0168345_11151852.jpg
TSUNAMI博物館
d0168345_11151811.jpg
d0168345_11151863.jpg
家の2階部に乗り上げている。周囲から見れるようになっている
d0168345_11151843.jpg
海が近いだけに、まちなかには河がいくつか走っており、船がたくさん留められている
[PR]
by uraniwaneko2 | 2015-03-06 11:25 | 2014年末バンダアチェ・ウェー島 | Comments(0)

14年末:バンダアチェで市場めぐり・その3&ちょっといい店で夜ごはん

スマトラ島バンダアチエ・ウエー島ダイビング旅行:2014年12月27日~15年1月4日

時間あいたけど、魚市場。

海の中で見れなかったコブシメとか、いろいろ見れた(笑)
写真を撮っていると、「こんなのもいるぞ」と方々から声がかかって、大して珍しくない魚も撮らなくてはいけないことに。
まだまだ外国人が珍しいんだろうね。

夜は、かなりお腹がやばい感じだったけど、「君は、旅行最後の夜だから、おいしいものを食べよう」的な御誘いをスイス人からうけ、ロンリープラネットに乗っていた地域一番のパダン料理の店に行ってみた。はっきりいって、どこに何の店があるかまったく分からないしね。。。。
宿の周辺に屋台がたくさん出ていたのだけど、お腹具合が悪いことを考慮してくれて、ちゃんとした店の方がいいだろうという配慮もあったと思われる。
しかし、屋台もいろいろおいしそうだったなー。残念。

でも、そのレストランはさすがに食堂とは違って、確かにけっこうおいしかった。
一人8万ルピアと料金は数倍で、スイス人もびっくりしてたけど(笑)
なお、アルコール類は当然おいていない。

d0168345_11150696.jpg
まだ食べたことのないコブシメ
d0168345_11145870.jpg
バラクーダ。切り身何人前になるんだろ。これは何度も食べたことあるはず
d0168345_11145820.jpg
何ザメ?
d0168345_11145845.jpg
手前の魚が「珍しいだろ?」的な感じだったんだけど何?
d0168345_11145824.jpg
d0168345_11150653.jpg
食べた皿の分を払うシステム。ただしチキンは1ピースごとの値段で、無理に3ピースとも2人で食べて後悔(笑)←これがかなり高かった
d0168345_11205870.jpg
サテもこんな感じで熱々で出てきた
d0168345_11150617.jpg
宿周辺は夜になると屋台が連なるエリアだった


[PR]
by uraniwaneko2 | 2015-03-05 11:14 | 2014年末バンダアチェ・ウェー島 | Comments(0)

14年末:バンダアチェで市場めぐり・その2


スマトラ島バンダアチエ・ウエー島ダイビング旅行:2014年12月27日~15年1月4日

最初、宿から歩いてまちのメインぽい市場を目指したのだけど、新しい建物の割りには、中はあんまり店が入ってないし、開いてる店も少なく…。

結局、ベチャのおじさんに適当にパサール(市場)に連れて行ってもらった。
フルーツ、ココナツ、イカン(魚)、アヤム(鶏肉)などなど。

どこもそう変わりはないけど、
東南アジアの活気のある市場ってやっぱりいいなあ~。
この時点ですでにお腹が痛くて、体は弱ってたけど、
気持ちは元気になった(笑)。
んで調子にのって、食堂でパダン料理を食べて、
さらにお腹は下降調子に…(笑)。

d0168345_10300497.jpg
d0168345_10300471.jpg
d0168345_10301811.jpg
d0168345_10301872.jpg
d0168345_10301837.jpg
d0168345_10301858.jpg
イカのサンバル炒めっぽいもの。米と野菜つけて2万ルピア
d0168345_10300422.jpg


[PR]
by uraniwaneko2 | 2015-02-15 10:45 | 2014年末バンダアチェ・ウェー島 | Comments(0)

14年末:バンダアチェで市場めぐり


スマトラ島バンダアチエ・ウエー島ダイビング旅行:2014年12月27日~15年1月4日

1月2日にウェー島からバンダアチェに戻った。
ダイビングショップから港までの車をスイス人男性とシェアしたので(1台18万ルピア、3人以上の場合は1人6万ルピア)、その流れで同じ宿に行って、その日は一緒にいろいろ回った。

スイス人って…出逢うの初めてだけど、冗談をよく言う、感じのいいおじさんだった(いくつくらいか不明だけど多分割とかっこいい(笑))

ダイビングでは1度バディだった。しかしスイスって…どこで潜るのか聞いたら、東南アジアばっかりだそう。そりゃそうか。
早めに退職して、旅をして暮らしているのだとか。
今回は2ヶ月の予定で、最初のひと月はミャンマー(画像をいろいろ見せてもらった)、そしてウエー島2週間、この後は、アチェからバス2回乗り継いでどこぞのジャングルでオランウータンに会いに行くそうだ。

d0168345_10300559.jpg
いくつかの市場を回る。ここはココナツ市場らしい。複数の店?が並んでいてココナッツジュースとかスライスココナツとかいっぱいつくってた
d0168345_10300555.jpg
d0168345_10300553.jpg
d0168345_10300513.jpg
d0168345_10300556.jpg
d0168345_10300599.jpg
d0168345_10300443.jpg


[PR]
by uraniwaneko2 | 2015-02-14 10:29 | 2014年末バンダアチェ・ウェー島 | Comments(0)

14年末:アチェからウェー島へ

スマトラ島バンダアチエ・ウエー島ダイビング旅行:2014年12月27日~15年1月4日

フェリーは1日数便あるので、余裕みて遅い時間で行こうかと思いつつ、思いのほか体調がよくなったので、朝一で行くことに。
乗れなかったら次のがあるわけだし…。

ウレレ港までは、ベチャ(サイドカー付きのバイク)で3万ルピア…と宿で聞いて、宿の前のおっちゃんに聞いてみると「4万ルピア」。

やはり外国人とはいえ、それほどぼらない。
でも一応「3万ルピアって聞いたけど?」といってみると、なんとあっさり「じゃ、3万で」だって…。

こんなに素直に対応されると、かえって4万ルピア払ってしまうんだなー(笑)
喜んでくれたし。

ただ、港までは意外と遠くて、ベチャで30分くらいかなー。
ガソリンを入れるのにぐるっと回ったりもしたので、どんな感じの町が眺めつつ…。
窓があるわけじゃないので、距離が長いとサングラスあった方がいい。


到着してみると、けっこうな人で、英語で何時の船だ?と聞かれ、「早くチケット買っとけ」と…(多分、タクシーのおっちゃん)。待つ場所を教えてくれたり…親しげに英語で話しかけてくる人は、習性でなんとなく警戒してしまうんだけど、ただの親切なおっちゃんだった。ゴメン。
なお、チケットは割とギリギリなところで購入できたっぽい。が、1人くらいはなんとかなりそうだけど。(1/2の帰りも当日で乗れたし)
ちなみに前売りは前日のみだそう。

チケット購入後はしばし待ち時間。出航遅れたし。

結局、朝はお菓子しか食べてなかったので、港で鳥のナシレマを買って食べた。ココナツミルクで炊いたご飯に、ちょっとしたおかずが載ってる。7000ルピアなり。

d0168345_13153007.jpg
d0168345_13153055.jpg
途中、ガソリン補給。ジョウロで
d0168345_13153022.jpg
d0168345_13153021.jpg
d0168345_13153043.jpg
d0168345_13153834.jpg
ナシレマはこんな感じで紙に包まれていた
d0168345_13153806.jpg


[PR]
by uraniwaneko2 | 2015-02-01 13:21 | 2014年末バンダアチェ・ウェー島 | Comments(0)

14年末:アチェはコーヒーがうまい!

スマトラ島バンダアチエ・ウエー島ダイビング旅行:2014年12月27日~15年1月4日
d0168345_09065697.jpg

早朝、アザーンで目が覚めた。
イスラムの土地ではおなじみ。

ひたすら寝たので(10時間以上)、風邪の具合が劇的によくなってて、
おなかもすいてきた。

近所にモスクがあるようなので、ここらへんは朝が早いのではないか。
と思ってまだ薄暗い中に出かけてみると、食堂でコーヒーを飲んでいる男性たちがいる。
女性はいないので、若干躊躇するが、まあ、外国人なのでよかろう。
とイスに座って、コピといってみる。

なんかいわれたが、ミルク入れるかとかだと思う。コピススだっけな?と思いつつ、うろおぼえだったので、指をさして適当に頼んだ。今回はミルクなしで(砂糖は入ってた)

アチェコーヒーは名産らしく、思いのほかおいしい!
まぜて沈むのを待ついわゆる泥コーヒーじゃなくって、布のドリップで煮出してた。

2杯飲んで、お菓子2つ食べて8000ルピア。
島だと1杯が5000でしかもインスタントだったのが残念。

d0168345_09065652.jpg
皿に盛って出てくるので、食べた分だけ払う。甘いものとは限らないが、ココナツのパンケーキにカスタードのがおいしい
d0168345_09065710.jpg
d0168345_09065781.jpg
食堂の前に屋台がいくつか出て、料理はそこで作ってるっぽい。朝の準備中。
d0168345_09065657.jpg
猫の親子がうろちょろしてて、カワイすぎ


[PR]
by uraniwaneko2 | 2015-01-30 09:12 | 2014年末バンダアチェ・ウェー島 | Comments(0)

14年末:バンダアチェ空港から宿

スマトラ島バンダアチエ・ウエー島ダイビング旅行:2014年12月27日~15年1月4日

情報がロンリープラネットしかなかったので(ネットでスマトラ島部分だけPDFで購入できる。確か5ドル程度)、ひとまずそれに掲載されていた宿に。

空港からはタクシー。外に出ればベチャとか拾えるのかもしれないけど、地理がわからんので、くっついてきたタクシーの兄ちゃんの車に乗る。
すんなり乗ったわけではなく、宿を聞いたり両替の間待ってもらったりしている間に、英語があまりしゃべれない人だけど、感じの悪い人ではなさそうなので。
(実際、今回の旅行では感じの悪い現地人には会わなかった。まだ観光に毒されていないエリアなんだなー)

なお、料金は固定。空港からアチェ市内まで10万ルピア(港までは確か14万ルピア)。料金リストを見せられるし、旅行者をさばいてるようなお兄さんにも同じリストを見せられたから、あんまり値引きはないのだろう。30分くらいはかかるので、妥当?
ちなみに帰りはベチャだったが、7万ルピア(こちらも固定)。うっかりおじさんが6万って言っちゃって、他の人に怒られてた(笑) 多分、現地人は多少安いんだろうね。
全体的にその程度のかわいいボリかただったので、ぜんぜんオッケーな感じ。

で、宿は4軒載っていて、3軒が隣り合ってるので、そこに向かった。が、一番安そうな宿はフルで、その隣のホテルウィサタだっけな、エアコンの部屋で17万5千ルピア。まあ、1700円くらいかな。
エアコンというより、朝晩は肌寒い時期で、風邪も引いてるのでお湯を選んだ。その下が12万だか14万だかの部屋があったんだけど、水だったので(インドネシア式のマンディ)。

隣はフルなのにこっちは空いてるってのは、おそらく清潔度の問題かもな、という感じの宿(笑)。どっちも古びれてるけど、若干ウィサタの方が掃除や洗濯が甘そうな感じ。
そして、お湯のために料金上乗せしたのに、お湯もそれほど出ず。
まあ、もはや寝れればそんなことはどうでもいいぐらいの具合の悪さだったけどね…。

ちなみに、もう1軒の宿は一番安い部屋がエアコン付きで26万ルピア。帰りに1泊した。約1000円高くなるけど、まあ広めのエアコン効いてるロビーがあるような中級ホテルで、朝食ばバイキングでいろいろ食べれるし(お腹の調子悪かったけどね)、お湯もちゃんと出たし、コストパフォーマンスは悪くないと思う。ただし、ここもそれなりに人気があって、埋まってる可能性が高い。

d0168345_09065687.jpg
d0168345_09065650.jpg
d0168345_09065621.jpg
部屋の中に→があった。多分、礼拝の方向を示してるんだろうね。インドネシアの他のイスラムエリアで見たことないと思うので、かなり敬虔なイスラムの地なんだなー


[PR]
by uraniwaneko2 | 2015-01-29 09:11 | 2014年末バンダアチェ・ウェー島 | Comments(0)

14年末:着いたバンダアチェ空港はどんより

スマトラ島バンダアチエ・ウエー島ダイビング旅行:2014年12月27日~15年1月4日

乗り継ぎはまあまああったけど、飛行時間は短くて、でも私はかなり風邪でぐったりしていて、アチェ空港についた段階で、かなりぼーっとしていた。

アチェは敬虔なイスラム地域なので、きっと大丈夫だろう(女1人で旅するのに)。
もう、そう思うしかない。
というくらい注意力散漫で、ギリギリな感じ(今、旅行中の全財産持ってるのに)。

入国で、ビザ代払うときに財布落とすしさ…。
初めてだわ、こんなの。
見せ財布の方だったけど(なんかのときにとられてもいいほうの額が少なめの財布)

「財布落としましたよ」という日本語が聞こえたことにびっくりして振り向くと、
日焼けした人がにこやかに…。

一瞬、日焼けしてたんで現地人かと思ったけど、日本人だった(笑)
女性もいたのでカップルかご夫婦。
後ほど、大きなサーフボートをかかえているのを見たのでサーファーなのだろう。

「気をつけて!」と笑ってたけど、こんなところで日本人に会うと思わなかった。
年末時期だったので、この人たちのほかもう1人日本人女性もみかけた。
なんにせよ、日本人の親切に助けられた一件だったな。

なお、この人たちは空港から直接ウエー島に向かったんだろうと思う。
私は、ぎりぎりの状態でなんとか安宿へ辿り着き、そのまま食事もとらずに薬を飲んで寝た。もうそれしかない…。

あ、両替するところは見たところ1箇所しかなく、空港なら両替できるかなと思ってたユーロT/Cが両替できず(笑)。いまどきATMを使う外国人も多いだろうからATMは(多分)あるんだけど、私は国際キャッシュカード持って来ておらず…。
仕方ないので、ユーロ現金を両替。ダイビングショップはカードが使えるはずなので(手数料はかかる)、もうすべてカードで払うことにした。
VISAでキャッシングもできたかもしれんが、前にカリマンタン島でマスターカードしか使えなかったのでもうキャッシングはあきらめている。VISAはスタンダードだと思ってたけど、そうではないところもあるんだよ、インドネシアでは。

d0168345_19370129.jpg
どす黒い雲に覆われたバンダアチェ空港(スルタン・イスカンダル・ムダ空港)。イスラムエリアらしくモスクのようなデザイン
d0168345_19370116.jpg
今回のエアアジアは派手な機体だったな
d0168345_19370134.jpg


[PR]
by uraniwaneko2 | 2015-01-24 19:42 | 2014年末バンダアチェ・ウェー島 | Comments(0)

14年末:やっとの思いでクアラルンプール、KLIA2は広かった

スマトラ島バンダアチエ・ウエー島ダイビング旅行:2014年12月27日~15年1月4日

忘年会の後に羽田からクアラルンプール(KL)だったので、けっこうな酔っ払い状態でチェックイン。
今回のチケットはKLからは別のチケットのため、荷物スルーができず、一旦、KLで入国して、荷物受け取ってから再度チェックインしなくてはいけない。
…ということを酔った状態で確認。
荷物は落としたけど、こういうところはひとまずちゃんとできていた(笑)

まあ、乗り継ぎが7時間だかあったと思うので、空港が前のLCCTから新しいKLIA2になってることもあり、面倒だけど入国するのもいいかなーなんて思ってた。

が、この後、どんどん具合が悪くなったせいで(風邪)、けっこうこの一連の動きがきつかったなー。

しかも忘年会でいろいろ飲んだせいか(持ち寄りでけっこういい酒なんかあったりしてビール以外もまあまあ飲んだりしたので)
揺れる機内で二日酔いに(笑)。←乗り物酔いか?

途中、夜中にトイレで戻すこと2回。
楽になったのはいいのだが、のどが渇いてしょうがない。
ていうか、酔ってたから水買うの忘れてたなー。
エアアジアって水も出ないんだよね…。
エコノミー症候群(LCCだから普通のエコノミー席よりさらに狭いのに…)になったり、脱水とかになったらどうすんの?

これはヤバいと思って、後ろまで行って「水くれ」とたのんだら「5リンギットです」と。
あ、やっぱ買うんだね。しかもまあまあ高いよね(150円くらいか)。
財布もっててよかったなー(リンギット持ってた。なければ換算してくれる)。席に戻るの面倒だし(通路狭いので)。

てな感じでKLについた段階で、風邪も進んで割とぐったり。
待ち時間は荷物受け取って、コーヒー飲んでチェックインして、ゲートで寝てた。

KLIA2はけっこうお店もいろいろあってすごいわ。相当広いし…。
これで寝れるスペースがもっとたくさんあればいいなあ。

d0168345_19370109.jpg
コーヒー屋の隣にコルネパンに入ったソフトクリームが。見ればhamamatsuって。浜松で有名なコルネットとかいうらしい。初めて知ったな、こんなところで
d0168345_19370117.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2015-01-23 19:36 | 2014年末バンダアチェ・ウェー島 | Comments(0)