裏庭の猫vol.2

ブログトップ

カテゴリ:2014GWサイパン( 19 )

サイパン3日目3本目:ディンプル、やっぱりサンゴがきれい!

ミクロネシア/サイパン・ダイビング旅行:2014年5月2日~5月6日

●水温28度、透明度30m、最大水深21.3m(平均15.5m)、ダイブ時間44分

最後はディンプル。
ちなみにポイントはけっこう直前に決まる感じ。
何度か行ってみて、イマイチ濁りがあったり流れがあったりで他のポイントに変更になったことも。

ところで、ここ数日の流行りが海中DVD(笑)。
ずっと通ってる歯医者でよく映像を流していて、「悪くない」なと。
というかこのうっとおしい梅雨入りの気分滅入るのを和らげてくれそう。

と思って、ひとまず図書館で数枚借りてきて(便利よねー図書館)、
お気に入りが見つかったら買おうかなーって。
世界の名だたる海もあれば沖縄もなかなかステキ。

んで、何年も前に買ったアロマポットとか出してきて、これまたいつ買ったかな?みたいなローズウッドオイルの香りを漂わせ、電気消した中、海のDVD見て、ヨガ(というかストレッチ)してるという、うさんくさいヒーリングモード。

でもこの手のDVD、解説がついてるものもあって、「なるほどーコブシメのメスにはこんなところに模様が~」なんてことも分かったりするんだけど、オスとメスの違いが判別するほど近くに寄れないだろうなあ(笑)
なんだかんだでけっこう楽しいよ。

あとねー、水族館以外でもペットショップの熱帯魚コーナーが楽しいことを発見した。
ペットショップってまあまあよく行くんだけど猫とか犬とか見て、そんでハムスターみて(前に6匹くらい飼ってた)、金魚もいればちょっと見て(これも飼ってた)。

でも熱帯魚はなんとなく面倒なイメージであんまり見たことなかったけど、この前ダイビング始めてから初めて熱帯魚コーナーいって、見たことないものが見れることに興奮(笑) 主に幼魚なんだけど、そういえば成魚は見ても幼魚は見たことないの多い。

マンジュウイシモチが以外と安くて(980円)、一番高かったのはナンヨウハギだったような。5cmくらいの成魚そんまま縮小でとってもかわいいのが4500円だったかな。あとバラクーダのチビもいたよ。ハタタテダイの5cmくらいのとかもすんごくかわいいんだけどー。
こういうおチビはあんま見たことないんだけど、どこにいるんだろう?

d0168345_18122117.jpg

d0168345_18123318.jpg

d0168345_18124457.jpgバラフエダイかな

d0168345_1813270.jpg最後にタイマイが2匹! 小さめ

d0168345_18131958.jpg

d0168345_18132716.jpgシテンヤッコはバリとかでよく見たけどこれ、初めて見た気がするんだけど…。目のフチが青いコガネヤッコ。シテンヤッコは口が青くてイマイチ好きじゃないけど、これはなんかかわいい

d0168345_18134697.jpg最後の夜なのでガイドさん誘ってショップで宴会。惣菜とピザ、ビールを買い込んで…

d0168345_18135697.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2014-06-07 18:11 | 2014GWサイパン | Comments(0)

サイパン3日目2本目:パイプ、マダラトビエイに気をとられDECO…

ミクロネシア/サイパン・ダイビング旅行:2014年5月2日~5月6日

●水温28度、透明度35m、最大水深18.9m(平均13.1m)、ダイブ時間48分

1本目が深かったので、けっこう気を付けてダイコン見てた割りに、マダラトビエイに気を取られて2度目のDECOを出す…。

透明度よくて中層浮いてる感じだと、気を取られると深度がどうしても少し下がってしまってたり…。こういうのがまだまだなんだよねー。

17mで気付いたら残り1になってて、ヤバっと思って浮上。
ってこういうとき、浮上速度がどうなのよ?とか考えてつい止まっちゃうんだよね。
前もそうだったけど。
んで、12mの時点で(まだ1!だったよ)、これ以上どうなの?とか思って、なんとなくまあ今DECOになっても数分安全停止が増えるだけだから、とゆっくり浮上してピーって鳴っちゃった…。

その後はガイドにダイコン見せて指示に従う。
確か、ダイコンの指示7分よりさらに3分多く安全停止したと思う。
この安全停止でもマダラトビエイが出てくれた。

d0168345_619437.jpgヨスジフエダイ。こういう群れは珍しいのでつい何枚も

d0168345_6192173.jpg

d0168345_619306.jpg

d0168345_6193951.jpg

d0168345_6194935.jpgマダラトビエイ。全部同じ固体ではないと思う

d0168345_620237.jpg

d0168345_6201131.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2014-06-02 06:24 | 2014GWサイパン | Comments(0)

サイパン3日目1本目:ナフタン、耳が痛くてヘルフリッチ逃す…

ミクロネシア/サイパン・ダイビング旅行:2014年5月2日~5月6日

●水温28度、透明度35m~40m、最大水深32.9m(平均14.9m)、ダイブ時間52分

ナフタンというのはドロップオフのポイントで、すんばらしい透明度にテンション上がる。下がずっと見えるので、高所恐怖症の人って透明度高いと怖いのかもな~と…。

ここでヘルフリッチというシコンハタタテハゼが見れるとのことで楽しみにしてたのだが、アケボノちゃんと同様に深いところにいるらしく、40mまで潜るとのこと。

40mっていったことあったっけ?35mくらいまではある。ダイコンの残り時間が一気に少なくなりそう…。

なんて思ってたのだが、ヘルフリッチがいるあたり目指して深く潜っていく最中で耳が痛くてそれ以上深くいけなくなった…。
32~33m。

耳がうまく抜けていないんだろう。
30mまで潜れていて、そこから耳抜きができなくなるってないよ。

と、何人かに言われたのだが、実際そこから抜けなくて痛くなるので仕方ない(過去にも数回あり)。おそらく本来ならうまく抜けてないと痛くてそれ以上深くいけないはずなのに、なんか知らんけど半端に抜けていてある程度の深さまでいけてしまうのだろうとのこと(サイパンの後、ダイビングの話が通じる耳鼻科にも行った。いずれ右耳は鼓膜の形からして抜けにくいらしい)

ただ、透明度のいいせいで18mくらいから気付いたら24mくらいになってて、そこらへんで耳抜きが追いついてなかったかもなーと思ったり。
なので、他の2人がヘルフリッチを見てる間、20mくらいまで上がって下がってみたんだけどやはり耳が抜けなくてダメ。
そうこうしてるうちにダイコンが30m地点で7分になってたので、そこから40mまで行くのはムリだと思って、あきらめた。またね、ヘルフリッチちゃん。

って2人は大丈夫なの?
ずっと40mにいるんだけど???

ダイコンによって基準が違うってよく聞くけど、違いすぎないか?
後から聞いたら2人は20分くらい残ってたとのこと。

いや、40mで20分残ってるって絶対ないと思う。私のなら。
ガイドのも同じSUUNTOなんだけど、だいぶ前のみたいでアルゴリズムが古いんだろうね。
こんな違うなら、やっぱ厳しいダイコンにしとくべきだなー。

d0168345_10425479.jpgハタタテハゼ。ヘルフリッチじゃないけど、見つけると嬉しいよ。伊豆でもぜんぜん見れるけど

d0168345_10431472.jpgクロユリハゼ。けっこう穴から離れて普通に泳いでた。てか穴に住んでる?

d0168345_10432981.jpgボケボケだけど気になってた何かやわらかいプラスチックの玉みたいなやつ。サンゴの一種? スーパーボールみたいな感じ

[PR]
by uraniwaneko2 | 2014-05-31 10:43 | 2014GWサイパン | Comments(0)

サイパン2日目:夜は誘われてホテルのビュッフェへ

ミクロネシア/サイパン・ダイビング旅行:2014年5月2日~5月6日

2日目夜はT夫妻に誘われ、ショップのほど近くのホテルのビュッフェへ。
30ドルで、奥さんいわくとても安いとのこと。
サイパン物価ならそうかもね。
私的にはまあ…安いとは思わないけど、ビールも飲み放題とのことで。(買えば1~2ドルと安いのだが、店で飲むとおそらく6ドルとか7ドルとかするらしいし)

d0168345_10385552.jpgお約束の猫(笑)。この子は3匹中一番見かけない子かな

d0168345_10391162.jpgこの子はいつもいてくれて、そしてヒザに乗っかってきたり…。たまらんの~

d0168345_10392532.jpgビュッフェは好きな食材を選んで焼いてもらう。肉やらシーフードやら。

d0168345_1039391.jpgプールサイド席で

d0168345_1040266.jpgサイパンみたいな旅先では野菜が少なくなるので、なるべく野菜を。でもちょっと焦げてるし(笑) 生野菜も山盛りで

d0168345_10401994.jpg奥さんがかなりいい食べっぷりで、見てて気持ちいい(笑)こっちはひたすらビール。飲み放題だけどカルスバーク缶だから薄まってるわけでもないし

d0168345_10403381.jpgリクエストすれば日本の歌も歌ってくれるらしいよ

[PR]
by uraniwaneko2 | 2014-05-30 10:37 | 2014GWサイパン | Comments(0)

サイパン2日目3本目:アギガン

ミクロネシア/サイパン・ダイビング旅行:2014年5月2日~5月6日

●水温28度、透明度20m?、最大水深22.6m(平均10.1m)、ダイブ時間47分

2本目まででかなり予定より時間が押していることもあり、お昼はhimawariという日系のスーパーで買って時間短縮…したのにボートの人が帰ってくるのを待って2本目に同乗することもあり、意外と時間に余裕があった(笑)
まあ、遅れるよりいいよね。

ちなみに時間が押したのは、ラウラウビーチでのだんなリタイヤの一件に私のグロットウエイト忘れ、に加えて、奥さんウエイト落としというのがあった。

私が「カメラがない!」と一人密かにいろいろ考えていたエントリー直後、よく見ればあっちでもなんか右往左往している(笑)

その間、私はずっとカメラのことを考えていたが、後から聞くと、奥さんが潜行でウエイトを落として、やっぱり別のガイドが拾ってくれて、それをつけたりなんだりしてたそう。
ガイド的にはホント、いろいろなハプニングがあった1日だったことだろうね。

で、3本目はボートでアギガンというポイント。
ログにオトヒメエビと書かれてるくらいだから、まあ…(笑)。

d0168345_713567.jpgオレンジフィンアネモネフィッシュ。ダスキーと区別がついてなかったが、線が2本あるのね。そしてもちろんヒレがオレンジ。でもすぐ忘れそう。イソギンチャクからは意外と離れている

d0168345_7132125.jpg

d0168345_7133298.jpgメガネコンベ2連。ゴンベって見てると楽しい

d0168345_7135074.jpg

d0168345_7141090.jpgオトヒメエビ。ログに書いたのは久しぶりかも?

[PR]
by uraniwaneko2 | 2014-05-28 07:17 | 2014GWサイパン | Comments(0)

サイパン2日目2本目:グロット。ウエイト忘れ、カメラ落とし…

ミクロネシア/サイパン・ダイビング旅行:2014年5月2日~5月6日

●水温28度、透明度35m、最大水深25.3m(平均17.1m)、ダイブ時間37分

グロットというのはサイパンで有名な洞窟ポイントで、巨大な洞窟から外洋に3箇所でつながっていて、差し込む光を楽しんだり、外に出たりもできる。

ただし階段116段を上り下りする必要がある。器材しょって…。
(以前はお金を払えば運んでくれるポーターやってる子供がいたらしいが、今はいない)

ひさがどうだろうな…。
と思っていたが、ボクササイズやスクワットのおかげだろうか、ひざは大丈夫だった。
が、想定外に2往復したので、数日間ふくらはぎが筋肉痛。ふくらはぎの筋肉痛は超久々だったので、けっこうキツイんだろうね。単なる階段の上り下りだけではこんなにならないもん。

さて、その2往復の原因はウエイト忘れ。

初めてなのに、なぜにグロットで???

しかも、他の2人の女子よりだいぶ早く階段を降りられたので、先に海に入って待ってたのに(そのときは気付いてないという間抜けっぷり)。

んで、女子がエントリーする岩の上に見えたので潜行しようとしたら(ロープあり)、
「あれ?沈めない…」って。
BCに空気入ってないよなー?

うわっ!!
まさか、ウエイトがない?

やっちゃったよ…。

その瞬間、いろんな考えが巡って次のボートまですでに時間が押していたこともあり、潜るのは諦めた方がいいだろうと、ガイドのところにいって「ウエイト忘れたので置いていってください」と伝えるも、渋々「待ってるから取って来い」と。

そのありがたいお言葉に、階段を無駄に1往復してその後潜る体力が残っているのか自問自答。
なんとなくいけるだろうと根拠のない判断で、エントリー場所の岩の上に器材を置いて猛ダッシュ。
ここはダイバーでない一般の観光客もたくさんくるので、なかなか階段をすれ違うのが大変なのだけど、けっこうな勢いに割とすんなりよけて通してくれた(笑)

んで、階段の上に駐車してある車の荷台からウエイトを取って(このときまでもしかして潜行して落とした?という可能性も考えてたがそうではなかった)、少し息を整え、ウエイトを腰にまいて階段をこれまた全力で降りる。
ああ、ダイビングの後って激しい運動しちゃダメなんじゃなかったっけ~?とか考えながら。

なお、階段は降りるのもけっこうキツいがやっぱり登りよりはラク。

んで、岩にもどって器材装着してエントリー。
潜行してすぐ気付いたことが「カメラがない!」。

岩の上で階段ダッシュ前に器材を降ろしたときは確実にあった。

岩には見張り役がいるんだけど、目を離すこともあるだろうし、観光客が非常に多いので盗まれたか、もしくはついさっきのエントリーで落としたか…。見るとカラビナだけBCに付いてるからおそらく紐が切れて落ちた可能性が高いな…。

エントリーで落としたなら探すなら今!なんだけど、自分のせいでかなり時間が押しているので、それはさすがにムリだなと思って、この段階でカメラはあきらめた。

ただ、自分のでなく借り物ってのが…。
そこから10分くらいは「どうやってあやまろうかなー。弁償はいくらくらい払えばいいかなー。Mさんゴメンなさい…」なんてずっと考えてた。

そのうち、せっかくのグロットを楽しもうという気持ちも出てきて(立ち直りが早い)、回りが見えてくると、やっぱり今までの洞窟の中で一番おもしろい。
広いし、外洋にも出れるし。魚も見れるし。

やっぱり諦めないでよかったな。
と安全停止後に浮上したら、岩の上の見張り番がカメラを手に持って降っている!

おお~!
それは私のじゃ~!
と猛烈アピール。

彼も気付いて、2人でテンション上がりまくり。
んでカメラで上から私たちを撮ってくれた。

事情を知らないSちゃんは、「なんだろあの2人、いつの間に知り合いに?。後から撮った写真を高く売りつけられないかなー?」とか思ってたらしい(笑)

ちなみに、やっぱりエントリー時に落としていたらしく、他のガイドが拾ってくれてた。もう帰っていたので直接お礼はいえなかったけど、ありがと~!!
アンラッキーなことが続いたけど、最後はラッキーだったといえるかな。

d0168345_6405794.jpgそのときの画像。ピースして写ってるって珍しい(笑)

[PR]
by uraniwaneko2 | 2014-05-27 06:45 | 2014GWサイパン | Comments(0)

サイパン2日目1本目:ラウラウビーチ・その2

ミクロネシア/サイパン・ダイビング旅行:2014年5月2日~5月6日

d0168345_6101824.jpgアミアイゴだって! 初めて気付いた。アイゴって目がかわいくてけっこう好きなんだけど、これはまたすごい模様じゃない?

d0168345_6103531.jpg

d0168345_6104560.jpgハナビラクマノミだっけ?

d0168345_611097.jpg

d0168345_6111025.jpg可憐なヒトデがいた

d0168345_6112681.jpgこのベラ!魚図鑑みてたらツユベラの成魚じゃないかと。幼魚はよく見かけるけど、成魚はこれか。これなら許せるな(笑)

d0168345_611419.jpg茶色に水色の水玉というキュートなフグ。聞きなれないカタカナの名前がついてた(ログに途中までしか書いてなかったので検索してみたらスポテッドシャープノーズパファーだと思う)

d0168345_6115755.jpgこれ、プーケットでも見たレモンスズメダイに似てるんだけど、ちょっと青部分が多い?天使の輪がコバルトブルーでとってもきれい

[PR]
by uraniwaneko2 | 2014-05-26 06:15 | 2014GWサイパン | Comments(0)

サイパン2日目1本目:ラウラウビーチ、アジ玉! 2日目はハプニング満載

ミクロネシア/サイパン・ダイビング旅行:2014年5月2日~5月6日

●水温28度、透明度20mくらい?、最大水深16.8m(平均10.1m)、ダイブ時間51分

この日はT夫妻がチームに合流。ガイド入れて5名のチームだったんだけど、最後にガイドが「今日はいろいろあったけど、ちゃんと終わったじゃん」というくらいいろいろあった…。

さて、T夫妻。
奥さんはサイパン好きの明るい人で、12年だかで50本のリゾートダイバー。年に1~2本ということもあるらしく、ダイビング好きというより本当にサイパンが好きで何回も来てるみたい。
そしてダンナはなかなかのイケメンなのだが、久々のダイビング(後ほど5年ぶりと知った)。本数は知らないが、これも後ほどオープンウォーター取ってから数本潜ったあとずっと潜ってない…くらいと聞いた。(1本目ラウラウビーチになってたのは、それが理由なんだろう。練習をかねて、という意味で)

んで、ラウラウビーチはまた遠浅のビーチを歩いて入って、急に深くなっているところからロープで潜行するんだけど、そのロープ手前の段階で、ダンナのレギュレーターから尋常じゃない呼吸音が…。見ると肩で思いっきり呼吸してるし。

この人大丈夫かな…?

エントリーのときに、これくらいオタオタしてて「大丈夫かいな?」と思う人でも中に入っちゃうと意外と平気…という人をこれまで何回か見てきたが、これはけっこう…。

と思ってたら、やっぱり少し潜行して慌てて戻ってきた。
怖くて「やっぱりダメだ」という。
そこでリタイヤ。

その旨、ガイドが上がって彼に確認して再び降りてきてからやっとダイビング開始となった。

なお、2本目はグロットの予定で、彼の状態を見て予定変更し、ラウラウで事前に彼だけ練習してもう1本ラウラウという話になったんだけど、結局彼はその日はもう潜らず…。ということで2本目はグロットだった。

さて、ラウラウビーチ。
なんといってもアジ玉。
ということで、まずはアジ玉連続(笑)。

d0168345_913851.jpg

d0168345_9131754.jpg

d0168345_9132817.jpg

d0168345_9134531.jpg

d0168345_9195742.jpg

d0168345_9145080.jpg

d0168345_9151216.jpgいろいろな種類がいるらしいが結局、ウミウシはイボちゃんしか見つけられなかった。そもそもあんまりウミウシ狙いってことはなさげだが

d0168345_9154490.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2014-05-25 09:20 | 2014GWサイパン | Comments(0)

サイパン1日目:夜はお祭りに(味の祭典的な)

ミクロネシア/サイパン・ダイビング旅行:2014年5月2日~5月6日

初日はお祭りをやってるとのことで、一緒にもぐったSちゃんと。
トークン買って、各出店で買う方式。10ドルで缶ビール2本と焼き鳥とお弁当。

d0168345_14155546.jpgショップの一番なつっこい猫ちゃん。舌がいつも出てるの。ちょっと写り悪くて人相(猫相)がイマイチ

d0168345_14161313.jpgその他トラ猫が2匹。そして犬も1匹いる

d0168345_14163161.jpg

d0168345_14164348.jpgなぜか阿波踊りが盛んらしい。日本との交流?

d0168345_1417163.jpg焼き鳥1本1ドル。日本のとは味付けが違うけど。おいしかった。

d0168345_14171722.jpg

d0168345_14172921.jpg

d0168345_14174045.jpgSちゃんの肉系弁当。牛とか豚とかかな。ライスすごいよね。確か7ドル

d0168345_14181311.jpg私のは日系の居酒屋のお弁当。お惣菜は選べて焼きそば、ポテトサラダ、アジ塩焼き、餃子、てりやきチキン。5ドル。量が多いので翌日の朝ごはんにも

[PR]
by uraniwaneko2 | 2014-05-24 14:20 | 2014GWサイパン | Comments(0)

サイパン1日目3本目:アイスクリーム

ミクロネシア/サイパン・ダイビング旅行:2014年5月2日~5月6日

●水温28度、透明度30m、最大水深18m(平均12.5m)、ダイブ時間53分

ここはなんといってもオニヒトデがたくさん!

ぞっとする~。そこらじゅうにいるし。
透明度いいからはっきり見えるだけいいけど~。
ガイドさんも見つけるたびに、指示棒でぐさぐさ突き刺してたけど、ぜんぜん死なないんだって。ちょっと弱るくらい。

あと、画像ないけど、安全停止くらいで水面に近い位置に遠めにバラクーダ?とか思ってたダツの群れ。
これもけっこう怖いよね。ナイトで明かりによってくるって言われてるけど、あんなに巨大なのが突っ込んできたら恐怖。

d0168345_1413339.jpgウコンハネガイ。那覇で見たことある。きれいね

d0168345_14131974.jpg画像じゃ分からんけど、けっこう毒々しい色してる場合も

d0168345_14133882.jpg不発弾。ミクロネシアだからね…

d0168345_14135483.jpgハナビラウツボ。ウツボの中ではきれいどころ? かわいい~

[PR]
by uraniwaneko2 | 2014-05-23 14:12 | 2014GWサイパン | Comments(0)