裏庭の猫vol.2

ブログトップ

カテゴリ:2012-16伊豆・国内ダイブ( 102 )

和歌山・紀伊田辺/3本目 ショウガセ これで最後

もう12月かー。ひとつ年をとってしまうけど、年末ダイビングが楽しみでもある月。
今年はフィリピンのボホール。
年末休みの日程が出る前にチケットをとる関係で、1日早めの帰国になってしまったけど。
まあ、それでも4日と半日潜れるけどね。
もちろん潜り倒す予定。

-----------------
和歌山最後は、ニシキウミウシ。
極小と巨大なのと。
大きいのは上から降ってきた。
エビがついているかもしれないからよく見た方がいいんだって。
裏返しまでしてないけど、ついてなかったと思う。
小さいのは、これニシキウミウシってわからないよね。
そもそも肉眼で細かい部分が見えない大きさだった気がするけど。
d0168345_10380792.jpg
d0168345_10381249.jpg
イロブダイの幼魚。本当に小さかった。1cmくらい?
よく見つけるよね、こんなの。くねくね動いてる。
これも顕微鏡モードより水中モードの方がきれいだった。
d0168345_10381783.jpg
そしてハダカハオコゼ。まだ小さい。引っ込んでることもあるらしく、見れてラッキー。
d0168345_10382122.jpg
ハシナガウバウオとまたハネガイ。キレイだった。
d0168345_10382626.jpg
d0168345_10383479.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2016-12-03 10:40 | 2012-16伊豆・国内ダイブ | Comments(0)

和歌山・紀伊田辺/3本目 ショウガセ 大きなイソギンチャクは見てないけど

3本目は大きなイソギンチャクのポイント。
でも深場はいけないので見てないけど、最近は数が減ってるらしい…。

しかし一番浅いところでも13mなので、それで3本目となるとダイコンとの闘い。

●最大28m平均17.1m、水温20度、46分。透明度は8~10m程度かな

なかなか撮れないホホスジタルミ。2匹いた。
d0168345_07485476.jpg
クマドリカエルアンコウがいるっていってた場所に、違うカエルアンコウが。
ガイドさんいわく「クマドリがだいぶ成長しとったな~」だって(笑)
d0168345_07490076.jpg
ピカチュー、大きな子でした。
何かヒゲみたいな海藻のようなものを食べてる。これを探すといいってことか?(探せない気もするけど)。
そういう細かい部分まで教えてくれるガイドさんだった。
d0168345_07490670.jpg
そしてクダゴンベふたたび。お腹おおきい?
d0168345_07491242.jpg
名前が変わったというミズヒキミノカサゴ(ネッタイミノ)。
d0168345_07491743.jpg
浅いところにクマノミガーデン。あんまり写ってないけどたくさんいるよ。
d0168345_07493036.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2016-11-30 07:55 | 2012-16伊豆・国内ダイブ | Comments(0)

和歌山・紀伊田辺/2本目 ミナベダシその3 なんだかんだ楽しんでる

センテンイロウミウシ。ってきっと見たことあるけど、名前がすぐ出てこない。
きれいなのにね。これも小さいのだったから顕微鏡モードにしてみたけど、水中モードの方がきれいに撮れてる。
なぜ? 寄りが足りないのか?
d0168345_07213964.jpg
アオサハギ幼魚ふたたび。ピンボケです(笑) かわいいな~。しかしガイドさんのライトあると明るいな。このライト、すんごい明るい奴らしい。
d0168345_07215189.jpg
オニオコゼ。この類は何オコゼなのかぜんぜんわからないんだけど、埋まってるところみるとさらに違ういきものに見える。
外にいる方が周囲に溶け込んでいるような…。
d0168345_07222200.jpg
d0168345_07222745.jpg
フタスジタマガシラの幼魚。もう少し白い部分が見えてればよかったな。下の方にいたので上からしか撮れない。


d0168345_07223409.jpg
ホシゴンベ。きれい。これは南国の魚だよね??
d0168345_07223881.jpg
最後はモンハナシャコとワカウツボ。ウツボのから揚げが名産品として売られているのを見たけど、海の中では案外見なかったような。
d0168345_07224495.jpg
d0168345_07244112.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2016-11-29 07:27 | 2012-16伊豆・国内ダイブ | Comments(0)

和歌山・紀伊田辺/2本目 ミナベダシその2 水中でカメラのモードを初めて変えてみた

私のカメラはオリンパスのTG-4なのだけど、
去年の年末ダイブぎりぎりに買って、フィリピンに箱ごと持っていき、
必要最低限な機能だけ(水中モードのマクロ・ワイド切り替え)マニュアルで見て覚えて、
そのままだった…。

んで、今回、カメラ好きなガイドさんで「●●は顕微鏡モードで撮るといいよ」なんて言われて、
そのやりとりで、ハウジング入れたままモードを変えられることを初めて知った。

ガイドさんからすると「え~??今!?」って感じだったろうけど(笑)
いやー、ハウジングの使ってないボタンたくさんあるからなあ。
こういうのを宝のもちぐされというのだろう。我ながら絵に描いたような例だな。
ということは、ついこの間、水中モードにし忘れて、いちいちハウジングはずして変えたのに、その必要はなかったんだな…。

ってことで、初の顕微鏡モード(陸でも使ったことなかった)。

…が、どうもうまくとれない。まだ水中マクロの方がましだよ。
しかも、何かキラキラなフィルターがかかってる。
設定しちゃったんだろうね。これをどうやって戻すのかわからず、そのまま。

というタツノイトコ。ピンボケだよ。顕微鏡モードの威力がまったく発揮されてない。
そしてキラキラはまだましな方だけど右手前の石が光ってる(笑)
次回までにこのフィルター部分の操作の仕方を覚えておかないとな…。
d0168345_07450682.jpg
そんで、またまたフリソデエビ登場。この時期はよく出てくるらしい。
自分だけなのでじっくり。つくりもののようなエビだよね。
d0168345_07451269.jpg
そして巨大セミエビ。ガイドさんに持たせてもらったけど、すぐ逃げられた。
こんな大きいのもいるんだね(って幅がひろげた手のひらくらい)。おいしいのかなー?
d0168345_07451815.jpg
イロカエルアンコウ。きれいなオレンジ。海の中で5cmくらいに見える大きさ。
d0168345_07453977.jpg
最後はキビナゴとイワシ、バックになんだろうなーメジナかしら? 重なってきれいだった。
d0168345_07455998.jpg
d0168345_07460622.jpg
d0168345_07460227.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2016-11-28 07:53 | 2012-16伊豆・国内ダイブ | Comments(0)

和歌山・紀伊田辺/2本目 ミナベダシ いろいろ見れてなかなか楽しいダイビング

●最大19.5m平均13.1m、水温21度、48分。透明度12mくらい?見えないところもけっこうあったけど

ハマチが少しやってきた。関東ならワラサ? いまだ大群に出会ったことないのが残念。ガイドさんの「今日は魚が少なかったな。」という言葉が気になる…。
今年はカンパチとハマチ(ワラサ)の違いが分かるようになった。やっと、ね…。
これがヒレナガ…とか言い出すと分からないけどさ。
ついでにいうとシマアジも…(笑)
d0168345_08262321.jpg
d0168345_08265589.jpg
オトメハゼ。光が足りないといわれたけど(まあカメラの遠目のフラッシュだけだしな)、揃ってるのよく撮れましたってな感じ? 数打てば当たるラッキー。
d0168345_08271020.jpg
ヒレナガネジリンボウとネジリンボウ。これはさすがにヒレナガは分かる(笑)
でも普通のがこんなヒレ(下側)してるのは初めて知った。というかどっちもそんなに見たことないしな。
今回はじっくり見れた。ガイドさんと自分だけだったってのもあるね。ちょっとしたことですぐ引っ込んじゃうから、人が多いとあまりよく見れない。
d0168345_08281276.jpg
d0168345_08282780.jpg
これ、ニシキオオメワラスボって聞きなれない名前のやつ。
こうやって穴から顔出してるところが見れるのはとても珍しいんだって。
泳いでいるか砂に潜るかって感じで。
でもこうしてると「ミナミギンポじゃないの?」って思ってたけど。
それで記憶がわ~っとつながったんだけど(こういうことたまにあるよね)、
たまにミナミギンポ(と思ってたやつ)でやけに元気にくねくね泳いでいるのを見ることがあったんだけど、
あれはこいつだね。なるほど~。
d0168345_08291261.jpg


[PR]
by uraniwaneko2 | 2016-11-27 08:33 | 2012-16伊豆・国内ダイブ | Comments(0)

和歌山・紀伊田辺/1本目 Bロックつづき

きれいなムラサキの幼魚がいた。ハナゴイだって! 小さいのは初めて見た(というか初めて気づいた)。
d0168345_08333841.jpg
そしてオオガラスハゼ。
ってガラスハゼに種類があったのね(笑) 
今まで見た中で一番大きくて「こんな大きいのもいるんだー」って思ってた。
どこが違うのかわからないけどオオってついてるから大きいのはオオガラスハゼ?
大きいだけにまだ撮りやすい。あ、もう1匹もっと大きいのも半分写ってた(笑)
d0168345_08334390.jpg
地形ポイントでソフトコーラルもなかなか楽しいよ。
d0168345_08334748.jpg
しばらくして「和歌山ってそういえばクダゴンベがいるはず…」と思ったら出てきた。
これ、けっこう大きいの! ガイドさんも後でそういってたからやっぱり大きいらしい。
d0168345_08335387.jpg
最初、全身が出てたのに引っ込んでからはなかなか出てきてくれなかった…。
スジタテガミカエルウオっていうんだって。きれいな色してたし、まあまあ大きな個体。
d0168345_08335826.jpg
ハネガイの一種。タカラガイがいくつか見れたので探してたらきれいな色したのがいた。そのときはハネガイとは思ってなかったけど。
d0168345_08340326.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2016-11-26 08:37 | 2012-16伊豆・国内ダイブ | Comments(0)

和歌山・紀伊田辺/1本目 Bロック

紀伊田辺って去年潜ったみなべの隣みたいなところで、よく見たらポイントはほぼ同じ(笑)

どうせなら初めてのところに行きたいと迷ったけど、行ってよかった! 楽しかった!

伊豆でも見られるものも多いけど、クマノミが普通にいたりして、やっぱり南なんだなと。
南国の北限ってところ?

気温が前日より6度も下がって16度程度、水温は20~22度でおそらく去年の串本と同じくらいなんだけど、
今年はぜんぜん潜れた。(貧血がましになって冷えもましになったかな?)

2本でお願いしていたけど、いけそうなので3本で。
ウェットの人は少なかったけど、ボートコートも貸してもらえたし、
ウインターグローブにバブ(フェアリーラベンダーの香り~)で乗り切った。

今回はガイドさんがいろいろ生物を案内してくれる人だったこともあり、
画像が案外多い。自分でもピカチューとか探せて(まあまあいるらしい)うれしい。

●1本目・Bロック(最大27.7m平均17.4m、水温22度、51分。透明度10~15)
上からミカドウミウシの卵。つぶつぶが見えたのはじめて。
フリソデエビ。ヒトデで色が変わるって聞いたけど、同じヒトデ食べてるのに色が違うね。
オルトマンワラエビ。久しぶり~。
そしてカイカムリ。
d0168345_22410633.jpg
d0168345_22411545.jpg
d0168345_22411943.jpg
d0168345_22412222.jpg
d0168345_22412552.jpg
d0168345_22412846.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2016-11-25 22:43 | 2012-16伊豆・国内ダイブ | Comments(0)

紀伊田辺向かってます

新大阪から特急くろしおで2時間半…。
和歌山で潜ろうとすると遠い。

すでにビールを飲んでるから寝過ごさないようにしないと~。
白浜行きじゃなくて新宮行きだから寝過ごすとまずい。

夕方けっこう気温下がってきてたけど(本日関西方面で仕事)、
明日はどれくらい寒いのだろう。
南国のダイビング動画をみながら寝ないように頑張ってるけど、
明日は寒中水泳かなー。
[PR]
by uraniwaneko2 | 2016-11-22 20:24 | 2012-16伊豆・国内ダイブ | Comments(0)

先週末は久々の西伊豆・田子!その2

急に寒い…。
水温は高めでも陸が寒くなるとやっぱ厳しいな~。
伊豆はまだお湯があるからいいけど…。

そうそう、田子の日。
潜るときは水着を着ていくんだけど、家を出る前、水着を着るときに金具が割れた…。
ええ~今か!って感じ。
水着はそれなりに耐久性がありそうな奴はそれなりの値段する。
また、出費~?

というか、まずは上の替えはないのでどうするか。
ってとりあえずスポーツブラで…。
で、潜ってみた感じでは、別にスポブラでもぜんぜんいける。フードベストも着てるし。
けど生地の耐久性の問題なんだろね。数回海で着用したら生地がへたるかな?
ああ、水着、自分で直せないかなー。ゴムでつないでみるとか…。

そんなことはさておき。
残りはサクラダイ、イソギンチャクエビ、なんかギンポ、あと…トラギスっぽいもの。これなんだろう。全然逃げなかったんだけど。
最後はうっすら富士山が写ってる。撮れるとは思ってなかったけど。
d0168345_2394166.jpg

d0168345_2394152.jpg

d0168345_2394564.jpg

d0168345_2394731.jpg

d0168345_239507.jpg

d0168345_2395531.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2016-11-09 23:11 | 2012-16伊豆・国内ダイブ | Comments(0)

先週末は久々の西伊豆・田子!

初島で、「西伊豆行きたくてショップツアー探したけど…」みたいな話をしたら、
「じゃ、行きます?」みたいな話になり、でももうシーズン終わりだし、
雑談で出た話だったからあまり期待もしていなかったんだけど、
「ショップツアー決行します」という連絡をもらいもちろん参戦!

木曜に決まって、日曜の決行だから、しかもその時点からの集客だったので、
お客さんが私一人だったら申し訳ないなーと思ってたけど、
すぐ申し込んでくれた人がいたらしく、よかった(笑)

行先は私のリクエストで田子。
30本くらいのときに一度行ったことあるけど、もう1度行きたかった。
あのときは多分内海のポイントだったけど、
今回は2本とも外海。

太根と沖ノ島。
大きな根がいくつかあり、流れあり群れもやってくる、みたいなワイドなポイント。

残念ながら透明度はみえて10というところで、かなり白っぽかったけど、
(外はとても天気よくて、違う場所で見たときはべたべたな海だったのでまあまあ期待してたけど(笑))
入った途端にうじゃうじゃの群れ!

根のとこにキンギョハナダイやサクラダイ、
中層いけばスズメダイ、イサキ(小から大まで)、タカベ、いっぱいいた~。
最初、カンパチも少し出たかな。

若干流されている途中で、なぜかふとアオサハギの幼魚が目に留まり(1cmくらいの)、
ちょっと戻って撮ってみた。ちょこちょこ動くので難しいけど、なんとか撮れた。かわいい!

1本目はちょっとしたハプニングで、最大深度が深めの32.3mで平均19m。
それもあり、2本目は中層をいく感じで…。
でも後から知ったけど、もう一人の参加者さんはまだ
40本くらいの人で、
流れもあって透明度がよろしくない中、中層を行くって、
私がそれくらいのときはちょっと怖かっただろな~って感じ。
もう少し経験本数がいってる感じの、水中で堂々とした人だった…。
d0168345_7495091.jpg

d0168345_7495342.jpg

d0168345_7495440.jpg

d0168345_7495977.jpg

d0168345_750667.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2016-11-08 07:53 | 2012-16伊豆・国内ダイブ | Comments(0)