裏庭の猫vol.2

ブログトップ

カテゴリ:2012_5ティオマン島( 18 )

マレーシア・ティオマン島からKLへ(最終です)

ティオマン島旅行:2012年4月29日~5月5日

ダイビングを堪能して5月4日にメルシン経由でKLまで。
船の時間は潮の関係で変わるのだが、この日の予定は確か朝6時が始発。

KLまでバスで5時間。うまく乗り継ぎができない可能性を考え朝6時に乗ることに。これから夕方に到着できる。

で、ここが悩みどころなのだが、船は大抵遅れてくる。が、それを見越して遅く行くとたまにちゃんと時間通りに来ることもあって、乗り遅れることもあるとか…。

なのでまだ暗い5時40分にJettyへ向かった。星空を堪能できたくらい…。

結論から言うと結局出発したのは7時頃(笑)。
私たち(同じ飛行機だったのでRさんもご一緒に)以外の乗客は6時半ころからポツポツ集まり始め…ってそれでいいんやん!

KL到着後はチャイナタウンへ向かい、宿を決めて後は散歩&酒。ダイビングが終わったのでけっこう飲んだなー。というか疲れが出て酔ったというか。

翌日は15時半の便なのでお昼ごろに宿をチェックアウトして空港へ。若干時間の見積もりが甘く、搭乗までぎりぎりで、食事をつけていない私達は急いで空港で昼ごはん…だったのだが全部食べる時間もなく…。

羽田到着は23時半過ぎなので、機内で結局カップ麺(7Rmかな、割と高い)。羽田でRさんと別れ、私は羽田夜明かし(笑)
到着ロビーは長イスがたくさん並んでおり、新しいだけあって非常に快適!夜明かし組みもちらほらいて、羽田が朝早い便もあるので起きたらけっこう人もいる。

思いのほかくつろいで家路に向かって今回の旅は終了。

d0168345_772232.jpgやっときた船。7時でこれくらいの明るさ

d0168345_77660.jpg

d0168345_774477.jpgKLはチャイナタウンだけ。って前もそうだったな…

d0168345_773495.jpgヒンズーの寺。南インドと同じ洋式かな。

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-06-08 07:06 | 2012_5ティオマン島 | Comments(0)

マレーシア・ティオマン島海画像3

ティオマン島旅行:2012年4月29日~5月5日

4日目、ダイビング最終日の1本目。
たまに流れがきつくなるポイントで、運悪くけっこう強い流れに当たった。初心者向きではないんだけど、おそらくガイドのほかにダイブマスターとダイブマスター候補生がいたので潜ったんだろうとのこと。

ということはまったく知らなかったので(笑)、海に入って「えらい流れてるやん」と思ったが、導かれるままロープを伝って潜行。

ロープを放せばどっかへもってかれる感じで、一緒に潜った女の子はちょっとしたパニックに。落ち着くのをまって、ダイビング開始したわけだが、確かに始終流れている。

なんとか体をコントロールしながらも最後の岩場で流れにつかまった。岩場というのは上下の流れがある危険があるらしく、そんなこと知らない私はまんまと上方への流れに乗っかってしまい…。

「あれ?」と思った瞬間、この日借りてたダイコンがピーピーなりだし、「ああ、これがダイコンの急浮上の警告音かー」などど思いつつ、急浮上は危ないので「まず息を吐く」が沈まない。珊瑚に触るかもしれないがなんとか岩場につかまるか~、すでに8Mくらいに上がってたので最悪息を吐きながら浮上しても…とか短い間にいろいろ考えたなーあのときは。
気付けば私の浮上に気付いたRさんが必死に私の足をつかんで浮かないようにしてくれていて、そのうちガイドもやってきて、どうやらすでに浮上ポイントに来てたのでロープにつかまらせてくれてなんとか急浮上は避けられた。

これ、もう少し上にいってたらRさんも危ないので助けられなかったとのこと。
ボートに上がってから「パニックにならなかったのはいい」と言われたが(ダイバーのパニックが一番怖い)、「もうすこしあせった方がいい」と逆に落ち着き過ぎてたことを指摘された(笑)

アメッドでの講習のとき、一度マスククリアが上手くいかず「息ができない~」と一瞬あせったことがあり(マスククリアは鼻で呼吸するので、レギュで口呼吸できることを忘れるから)、そのとき「1~2分で溺れるんだろうな」と実感したので、そりゃもう落ち着くことは一番心がけてるんだけど(ま、もともとパニックにもなりにくいんだが)。
確かにね、危険だろうと思っても、どれくらいの危険度かは認識してなかったと思う。まだ経験浅いし。

でも、Rさんのエアの残りが70で(私は90)、私を助けるためにそれだけエアを消費したわけで…。それでちょっと実感したな。助けてもらって感謝。

しかもこの後、ガイドが私に何回も「Okか」をしつこく確認し(ロープにつかまらせてもらったときも何度も目を確認してた。パニックになってないか…)、2本目は私のバディになってものすごく気を使ってたし、それだけの出来事だったわけだね。

いい経験でした。

d0168345_15241275.jpg

d0168345_1525345.jpg

d0168345_15244469.jpg

d0168345_1533140.jpg

d0168345_15251835.jpg

d0168345_1526611.jpg

d0168345_15254332.jpg

d0168345_15263175.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-06-03 15:32 | 2012_5ティオマン島 | Comments(4)

マレーシア・ティオマン島海画像2

ティオマン島旅行:2012年4月29日~5月5日

*いつごろか画像表示が実寸より大きく表示されてるんだけど、どうしてなんだろ?なので画像が拡大されて若干ボケるんだよね…。それを直す設定が見つからない。
---------------------

2日目はボートダイビング2本。

この日はAkiさんじゃなくてドイツ人ガイド。私のバディはRさん。
メルシンで「ダイブマスターだったら初心者の面倒見てとか言われるんじゃないですか~?」とか言ってたんだけど、案の定、初心者を押し付けられてたわけで(笑)。ちなみにRさんは他にも2本で計4本。1日4本って…疲れるだろうなー。

でも一応、ウエイト軽くして前日にAkiさんに言われたことを注意してたんで、最初の潜行が若干もたついだが「そんなに下手ではない」ということで。
実は最初は「あばれられたらどうしよう」と若干不安だったとか(笑)

エア持ちがいいと言われたのがうれしいな~。というか本当に手を動かしたりしなければエアの持ちがいいことを実感した。フィン使いもそんなに悪くないとのことで、スイミングスクールに通ってたことがよかったかしら。はるか昔の小学校の頃のことだけど~。

このときに強く感じたんだけど、ダイブマスターみたいにスキルがある人と潜ると安心感がぜんぜん違う。
潜った後にアドバイスももらえるし。
これ、本当にラッキーだった。

d0168345_1520432.jpgよく分からないと思うけど、なぜかランニングマシーン。皆で記念撮影。私はおそらく右から2番目。

d0168345_15202487.jpgまたまたかわい子ちゃん

d0168345_15204017.jpg

d0168345_15205615.jpg

d0168345_15211497.jpg浮上後かな。こんなボートで。一度、潮の流れの関係でか浮上ポイントが変更になって、ボートがなかなか来なくて(そりゃそうだ)浮きながら待ってたことある。そういうこともあるんだね。

d0168345_15213147.jpg

d0168345_15214389.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-06-02 15:16 | 2012_5ティオマン島 | Comments(3)

マレーシア・ティオマン島海画像1

ティオマン島旅行:2012年4月29日~5月5日

ダイバーさんはよくポイント名&ログの内容とともに載せることが多いけど、自分が撮ってるものではないので~。しかも魚の名前もよく知らないの(笑)

しょっぱなのビーチ1本はチェックダイブみたいなものだったので、いや~インストラクターのスパルタAkiさんに怒られた。(ここの画像はないけど)

「そんなのダイビングじゃない!」「誰に習ったか知らないけど…(ああ、むつみさんゴメンなさい)」といろいろ駄目ポイントを指摘され、ログにも書かされ…。

いわくウエイトが重過ぎる(初心者は潜行がしにくいので重たくされることも多いそう)ので体が沈みがちになって、結果姿勢も悪く、フィン使いも悪く、コントロールできず手をつかってしまうのでエアの消費も多くなる、とかいろいろ。

こうもはっきり言われたことに「なるほどな~」と感心した。
人によってはこういう言われ方が駄目な人もいると思うけど、私は上達したいので大歓迎。
ただの駄目だしじゃなくて、「どうすべきか」をちゃんと教えてくれる人ってありがたい。

d0168345_1511475.jpg見た記憶ないんですけど…(笑)

d0168345_1512460.jpgこれはある!好きなんだよね。こういうぽってり型の子

d0168345_15122040.jpg

d0168345_15123185.jpg

d0168345_1512436.jpg

d0168345_15125452.jpg

d0168345_1513837.jpg

d0168345_15131974.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-06-01 15:10 | 2012_5ティオマン島 | Comments(2)

マレーシア・ティオマン島風景その6

ティオマン島旅行:2012年4月29日~5月5日

さて、ここからRさんにもらった画像。
かつては写真に凝ってた人らしく、メモ程度といいながら風景写真がきれいなので載せちゃいます。
海画像も続くよ~。

d0168345_1585148.jpg

d0168345_1593100.jpg

d0168345_1592014.jpg

d0168345_1593597.jpg

d0168345_1594583.jpg

d0168345_1595532.jpg

d0168345_1510920.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-05-31 15:06 | 2012_5ティオマン島 | Comments(1)

マレーシア・ティオマン島風景その5

ティオマン島旅行:2012年4月29日~5月5日

d0168345_1962879.jpg昼にミーゴレン。コピスス(練乳入りコーヒー)つけて7.2RM(約210円)

d0168345_1964863.jpg夜は1日目と同じレストラン。カレーがおいしいとのことでチキンカリーを頼んだが、そうか?という感じ。ソトアヤムが出てくるのかと思ったけど、そうではなかったかな

d0168345_197958.jpgサルもいる

d0168345_1973014.jpgショップの猫

d0168345_1975243.jpg夜はピザ屋。こんなとこであるんだね。欧米人がいるところにはあるか…。

d0168345_1982611.jpg2度ほどショップの前でシュノーケルもしたがぜんぜん魚がいなかった。同じ場所で海ガメを見た人もいるのに…。時間帯が悪かったかな

d0168345_1984822.jpg

d0168345_199292.jpgこのトゲがおそろしく長い(水中だと30cmくらいに見える)ウニがたくさんいて、引潮だったから、すぐ下にあって、さされるんじゃないかとひやひやした

d0168345_1992091.jpgかろうじてクマノミ

d0168345_1993984.jpg

d0168345_1995512.jpg岩に水色の何かがあって、これ何だろう?と思って撮ろうとしても波で流されてなかなか…。これでも苦労の一枚

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-05-26 19:10 | 2012_5ティオマン島 | Comments(4)

マレーシア・ティオマン島風景その4・テケッまで散歩続き

ティオマン島旅行:2012年4月29日~5月5日

d0168345_1905321.jpgオオトカゲ発見。この後、側溝に落ちていったのが笑えた。

d0168345_1911260.jpgマリンパーク。何かの保護をしているのかな。船に乗る前にここの代金5RM徴収されたけど、中へは入らなかった

d0168345_1913341.jpg

d0168345_1914534.jpg

d0168345_192179.jpgテケッには空港がある。KLからペルジャヤエアーが飛んでいる。かなり近い位置で飛行機が飛んで行った

d0168345_1922210.jpg滑走路発見。知らなければ滑走路とは思わないほど短い

d0168345_1924263.jpgかわいい空港。知らなければ土産物屋としか思えない。免税店があるのでお酒が安く買える。

d0168345_193212.jpgABCよりはさすがに町。ここに写ってるわけじゃないけど、「なんてったってパン屋がある」(笑)

d0168345_1932158.jpg車もあるだよ

d0168345_193394.jpg小学校らしきものも発見!

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-05-25 19:00 | 2012_5ティオマン島 | Comments(1)

マレーシア・ティオマン島風景その3・テケッまで散歩

ティオマン島旅行:2012年4月29日~5月5日

3日目も午後組だったので隣のエリアのテケッまで散歩。途中、階段とコンクリ舗装路の丘(?)を越えて、約1時間。海岸沿いに進んでいく感じ。

テケッはティオマン島の中心部で、ここへ来ると車が走っている。というかABCはそういえば車が走れるほどの道でないんだ、と気付いた。

ABCの主要交通手段はバイクに荷台をつけたもの。でも道幅が狭いので行きかうのがけっこう大変かも。

d0168345_18565753.jpgテケッ方向の端の方まで宿が点在している。

d0168345_18571578.jpg

d0168345_18572775.jpgこれがそのバイク。荷台に人が乗っていることも。

d0168345_18574889.jpg散歩中、ちょいちょい猫トラップに引っかかる(笑)

d0168345_1858840.jpg

d0168345_18582032.jpg

d0168345_18583183.jpg

d0168345_18584433.jpgこの白い足先がたまりませんわ。でもまだABCなの、ここ(笑)

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-05-24 18:55 | 2012_5ティオマン島 | Comments(4)

マレーシア・ティオマン島風景その2

ティオマン島旅行:2012年4月29日~5月5日

d0168345_18521360.jpgレストランに猫ちゃん。

d0168345_18523455.jpg雑貨屋もちらほら。大きな店はないし、島値段なので若干高めらしいが、お菓子や飲み物などは島で買える

d0168345_18524877.jpg

d0168345_1853319.jpgブルーヘブンダイバーズでお願いした

d0168345_1853159.jpgダイビング前にナシゴレン。ダイビングはおなかすくのでしっかり食べておかないと

d0168345_1853377.jpg

d0168345_18534460.jpg夜はまた皆さんと。チキンサンバル? あ、前日はチキンって書いたけど魚だったな…

d0168345_1854414.jpgを待つ猫(笑)。この子めっちゃかわいかった。

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-05-23 18:51 | 2012_5ティオマン島 | Comments(1)

マレーシア・ティオマン島風景その1

ティオマン島旅行:2012年4月29日~5月5日

d0168345_11104692.jpg泊まったのはその名もティオマンハウス(笑)バンガロー形式の宿。これをシャレーというのかいな?

d0168345_1111279.jpg水シャワー、トイレのファンルーム50RM(1500円)なり。ショップで予約してくれる宿の中では最安値だけど、他にも30RMのところはあるらしい。シャワーは共同かもしれないが。

d0168345_11111952.jpgトイレ、シャワーともに水がポタポタ止まらなくて、シャワーはバケツに溜めて洗濯物に使ってた(笑)夜、意外と響く音

d0168345_11113863.jpgサンセット。

d0168345_11115631.jpgGWなので日本人ダイバーが約20名おり、夜は皆さんと食事が通例のようなのでご一緒に。チキンサンバル。でもそれほど辛くない。モスリムの国なので酒がない店もあり、その場合ビールその他酒は持ち込み。(できない店もあるみたいだが、そういう店には行かないのだろう)

d0168345_1118641.jpg朝、開いているレストランは少ない。桟橋近くの軽食が取れるところでナシレマッ(ルマッ?)1.5RM(45円)。ココナツ風味もご飯をバナナの葉で包んで蒸したものではないかと。辛いもの(サンバル?)とゆで卵。うまい

d0168345_1112336.jpg翌日は午後からダイビング(人数が多いため午前組みと午後組みと分かれてた)だったので午前にエリアを散歩。すぐ終わるけど(笑)ちょっと小奇麗な宿発見

d0168345_11125038.jpg

d0168345_1113263.jpg一応、オープンエアなBarなわけ。南国っぽいよね。2回ほどここで夜ご飯の後、飲んだ。

d0168345_11131927.jpgこのスペースにテーブルが出る。缶ビールとカクテルで確か15RM(450円)。ティオマン島は一応免税アイランドでビールは安く飲めるはずなので、2本飲んでこの料金だっけな?

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-05-20 11:18 | 2012_5ティオマン島 | Comments(4)