裏庭の猫vol.2

ブログトップ

カテゴリ:2011_12バリ島DIVE( 10 )

バリ島・アメド、食べ物その他

バリ島旅行:2011年12月28日~2012年1月4日

これでバリ島終わりです。
今回、画像が少なかったんで一気にアップしたわ~。
バングラも画像は用意してるんで、この波に乗ってアップしなくては…。

しかし、ダイビングってよく「お金がかかる」って言われるけど、器材とかもそうだけど、結局、ブランクが空かないように定期的に(少なくても年に2~3回)もぐってた方がいいわけで…。それにお金かかるよね。
(まあ、本当にお金かけてる人はもっとかけてると思うが)

すべて海外にすると、旅が全部海メインになっちゃって、それはそれで、ちょっと考えてしまうしなー。
基本、いつもの旅だとどっちかというと内陸方面選んじゃうしー。
伊豆とかたまに行ったほうがいいんだろうか。日帰りで…。

d0168345_615513.jpg日本人の皆さんが帰り、私だけ1日長くいたので、むつみさんが車でトランベン行くついでにタコスープのローカルな店に連れてってくれた。

d0168345_6161952.jpgタコスープは辛いらしいが、そこまで辛くない。サテは豚だったかな?横に小麦を練ったような緑のものがついていて何だろ?タコのサテもあるらしいが、このときはなかった。1万5千ルピア。

d0168345_6164062.jpgそこにいた猫ちゃん。今回出会えた唯一の猫。

d0168345_617859.jpg突然だけど、唯一の観光スポット、ビューポイントからのアグン山。ちょっとした急な坂の上の丘になってて、宿から歩いて10分くらい?

d0168345_6172599.jpgアメッドの思い出(笑)。貝殻はダイビング中にむつみさんが拾ってくれた。ポケットはあるんだろうなーと思いつつ、場所が分からなかったのでずっと手ににぎってた…

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-01-15 06:15 | 2011_12バリ島DIVE | Comments(0)

バリ島・アメド、食べ物

バリ島旅行:2011年12月28日~2012年1月4日

アメッドでの食事は基本、レストランになる。
安いところで1品3万ルピアから(とかくらいかな。約3ドル強)。

でも、もともとバリで屋台とか食堂とかって、あんま行ったことないなー。ウブドでも歩いていける範囲には少ない。いろいろ惣菜が選べるパダン料理の店とか行ってたなー。ここにはないし。
な、せいか今回は食事の画像も少ない…。


料理は仕方ないとして、ビールが高い。
だいたい2万8000ルピア。
東南アジア旅にしては、だけど。
屋台料理も食べたいよ~。
バリ料理は辛いというがレストランのはそうでもないので、「エクストラ ペダス(とても辛い)」と頼んでいた。でもそこまで辛くないよ。

d0168345_610413.jpgよく聞くマヒマヒという魚のグリル。シイラという魚らしい。これ、多分、隣の宿のレストランだったな

d0168345_611146.jpgこれも同じ魚だったかな。人が食べてたやつだけど

d0168345_6112150.jpgこれも人が食べてたもの。

d0168345_6114139.jpg卵に隠れて見えんがおなじみナシゴレン。炒飯なので店により味付けが若干違う。これはウブドの友人Kのだんなさんの店。

d0168345_612065.jpg朝ごはんはついていて、4品くらいから選べる。おなじみトースト、ジャッフル(ホットサンド)以外にこういうのがあると嬉しい。汗かくけど。

d0168345_6121894.jpg宿のレストランは夜はこんな感じ。海の目の前なので見えないが波の音がする。

d0168345_6123720.jpg大晦日は宿から料理をいただいた。右が焼き鳥のねぎ間で左がサテ(インドネシア焼き鳥)。見た目は似てるけど。サテはチキンと魚だったのではないかな。ココナツ風味だったような。

d0168345_6125762.jpg日本人が多かったので、なんと年越しそばのサービスまで。年末日本にいること少ないから、年越しそばって久しぶり~。

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-01-14 06:09 | 2011_12バリ島DIVE | Comments(0)

バリ島・アメド、海画像4

バリ島旅行:2011年12月28日~2012年1月4日

*海画像はMAMA DIVEさんからのいただきもの。

d0168345_8115297.jpgもう一度カメさん。悠然と泳いでいて癒されるな~。なお隣のオーストラリアでは手厚く保護されてそうだが、インドネシアでは海ガメを食べる。保護もしてるらしいが…。

d0168345_8121569.jpgニチリンタテハゼ。これも見れると嬉しい魚ぽいので覚えていた。小さくて色が薄いので指し示されてもどれか最初は分からなかった

d0168345_8124059.jpgこれもそうなのだがガイドに指されても、対象物がよく分からんことがある。魚なのか何か。物を間違うこともあり、ウツボを指されてて、となりのウニを見てたこともあった。ウツボ見たかったよ~

d0168345_813870.jpgボートダイブはこんなボートで。最後、アメッドでボートダイブだったが揺れた~。下向くとすぐ船酔い

d0168345_8132862.jpgトゥランベンの海中で皆さんと記念撮影。この体勢を保つのが難しい…

d0168345_8135122.jpg陸上でも。日本人なので顔はぼかしました

d0168345_8141112.jpg海画像じゃないけどかわいかったのでもらった…。子供がわらわらいるのは東南アジアでよく見られる風景

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-01-13 08:10 | 2011_12バリ島DIVE | Comments(2)

バリ島・アメド、海画像3

バリ島旅行:2011年12月28日~2012年1月4日

*海画像はMAMA DIVEさんからのいただきもの。

d0168345_871986.jpgギンガメアジの群れかな。カラフルな魚もいいけど、こういうのもダイビングの醍醐味ですな。

d0168345_87422.jpgおいしそうな感じ(私の魚を判断する大事な基準(笑))

d0168345_88320.jpgでかいアジさんが混じってて、仲間のように見せ狙ってる。迫力の捕食シーンは見れず…

d0168345_882348.jpgそのロウニンアジ。アジもここまで大きくなると味はどうなんだろう

d0168345_884160.jpgアヤコショウダイ。画像名についてたから名前を思い出しただけ。なかなか覚えられないよ。

d0168345_89542.jpgこんなやつ。魚の模様っておもしろいよねえ

d0168345_89258.jpgガーデンイール。チンアナゴという土から出てるアナゴは水族館とかでよく見たが、こんな大きいのは初めて。海草みたい。チンアナゴはすぐ引っ込んで見れなくなるが、これは大きいので少し距離あっても十分見られる

d0168345_895066.jpgゴマモンガラ。産卵期は人を襲ってくるので要注意の魚。何匹か見たが今はその時期ではないらしい。

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-01-12 07:27 | 2011_12バリ島DIVE | Comments(0)

バリ島・アメド、海画像2

バリ島旅行:2011年12月28日~2012年1月4日

*海画像はすべてMAMA DIVEさんからのいただきもの。

d0168345_72155.jpgおっとサンゴ画像あったぞ。ほんと、いろいろなサンゴがあった。

d0168345_7213491.jpgニモ!ではありません。多分。クマノミっぽいのはいろいろ種類あって、なんとかアネモネフィッシュとか。

d0168345_722012.jpg特に好きでもなかったが、黒いクマノミっぽいのが寄ってきたことがあって、「かわいい~(はあと)」なんてキューンとしたのだが、後から「あれ、フレンドリーじゃなくて威嚇してたんだよ」と教えられた…。いっちょ前に威嚇してるのがおかしくてちょっと好きになった。

d0168345_7223014.jpg画像が入ってたということは見たんだろうが、この手の魚は区別が…

d0168345_723262.jpgこれはすごい印象がある。模様がステキ。幼魚で成長すると縦じまになるんだよ、確か。おもしろいね。

d0168345_7232240.jpgミナミハコフグ。ハコフグとかハリセンボンとか好きだけど、これけっこうかわいいよね。1匹で泳いでた。

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-01-11 07:19 | 2011_12バリ島DIVE | Comments(0)

バリ島・アメド、OWダイビング講習

バリ島旅行:2011年12月28日~2012年1月4日

私がライセンスを取ったのはPADIのオープンウォーター(OW)。一つ下にスクーバとかそんなのがあるが、基本最初の一歩はこのOWになる。
(18メートルまでもぐれる)
この次がアドバンスで、ここまで取って30メートル。一般的なダイバーはだいたいこの2つまで取るようで一気に取っちゃう人もいるらしい。
この後にレスキューとかダイブマスターとか、いろんなライセンスがあるが、体系が整理されてない感じで枝分かれしててよく分からん。
ま、アドバンス以降を取ることはないだろうからいいか。

ちなみにここの料金は320ドル+申請料&教科書代で75ドル(ホンジュラスが安いといわれていたが、あそこも300ドルくらいだったから(申請料は別だと思うし)、安く取れた方なのでは?
ダイビング雑誌を見ると日本でも安く取れるとこはある感じ。最初から考えてなかったが。

ファンダイブも60ドル(2ダイブ、レンタル器材込み)。ボートも基本同じ料金で、非常に良心的。
バリ島でも場所が違えば料金はもっと高くなるんじゃないかなー。(多分…)
エクストラ1ダイブが30ドルで、他の人が日に3本連日もぐってたのもわかるな。そりゃ自分のいつもの旅だと1日に60ドル使うなんてそうないけど、ダイビングとしたら安い。器材込みだしね。
(返ってきて日本の料金いろいろ見てるけど、器材レンタルが別にかかるんで高くつくんだなー。それ以外も高いけどさ)

講習の内容は、初日、ビデオ学習(part3まで)&プール実技講習。2日目にビデオ学習(part4-5)&2ダイブ。3日目は2ダイブ&テスト。

ビデオ学習は基本一人でビデオ見て、1章ごとにミニテスト(本についてるの)、ミニクイズ(?)(店から提示されるもの)をやる(5章だけはない)。ここで間違うとインストラクターが説明。
プール講習は、メニューを見たらずらっと並んでいて「こんなに?」と思うくらいで、何をやったか覚えてない。マスククリアとかエア切れの際の対処とか、中性浮力を取る練習とかそんなのだった。
海ダイブ講習も、マスククリアとか、プールでやったのを再度クリアする課題がある。
あ、途中でシュノーケルで300メートル泳ぐ&10分間立ち泳ぎという課題もあったな。

思う返すと、合宿のようにいろいろこなしたんだなー。

まあ、普通に泳げるなら取れるんだと思う。
私は海外シュノーケリング数回、沖縄で体験ダイブもやったことがあり、ついでにいうと小学生の頃スイミングスクールに通ってたので、なんとなく言われていることがすんなり理解できた。出来るかどうかは別だが…。
耳抜きとか飛行機に乗るとやるしね。(潜行中に何度もやる)

でも、ダイビングってちゃんとしてれば安全だけど、やっぱ海は命にかかわってくるのでその気持ちは忘れないようにしよう。と思った…。海はなめたらこわいでなー。

d0168345_21313558.jpgアメッドファンダイブ中に海ガメに遭遇。やっぱ嬉しいね。*海中画像は以下すべてMAMA DIVEさんからもらったもの

d0168345_2132123.jpg

d0168345_21322232.jpgバディのWさんと。

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-01-09 21:30 | 2011_12バリ島DIVE | Comments(2)

バリ島・アメド、宿その2

バリ島旅行:2011年12月28日~2012年1月4日

d0168345_21263194.jpg宿ガーデン側。通りはさんで向かい

d0168345_21265872.jpgこっちの方が安いし、広いので次はここでも?海もすぐだし

d0168345_21275531.jpg宿で飼われていたジャコウネコ。こんな無造作に居ていいものなのか?と思ったが、裏山とかにひょっこりいる、というくらい身近(?)な生き物らしい。

d0168345_21281810.jpg夜行性らしく昼間はいつ見ても死んでるかのように動かない。目をあけてじっとしてることも。薄目あけて手を広げてることもあり、まさに死骸のようだった

d0168345_21284272.jpg宿内にあるダイブショップ。

d0168345_21291017.jpg

d0168345_21292629.jpg併設レストラン、講習の勉強もここで。

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-01-08 21:25 | 2011_12バリ島DIVE | Comments(0)

バリ島・アメド、宿はここに

バリ島旅行:2011年12月28日~2012年1月4日

ダイビング講習をお願いしたのはMAMA DIVEさん。
そこに併設の宿に今回は泊まった。

海辺は、年末年始や大型連休中はいきなり行っても宿がなかなかみつからないと思ってたので、講習と一緒に予約したわけ。
実際、イースター中のホンジュラスで宿がなかなか見つからないという経験してるし(高級な宿は空いてたけどね…)。

が、行ってみて思ったが、アメッドはいきなりいっても全然、宿あるわ(笑)。
もちろん私が泊まった宿は日本人のむつみさんがいるので、年末は日本人で満室も出たが、それにしても初めてのことだったらしい。
周囲に宿は連なっているので、そこらへんに同じような料金でぜんぜん泊まれる。
まあ、”自分好みの宿を探す!”とかじゃなければ、ダイビングの予約を入れたときに一緒に予約しておくにこしたことはない。
年末料金は若干高くなるが、ダイビングした人は10%割引になるし。

ちなみに宿は全10室だったと思う。
海側はAC&お湯シャワーが3室。ファン&お湯シャワーが3室。通りはさんで4コテージタイプ(私が泊まった部屋より広い)、ファン&水シャワー。

私はせっかくなので海側、ファン&お湯シャワーにして年末料金30万ルピア(→ダイビング割引27万ルピア=約30ドル)。
東南アジアのいつもの旅よりは高いけど、年末の海(しかも目の前が海!)で30ドルなんて安いよね。円高だし。

ただ、ありがちだけどお湯はあんま出なかったな。てか水でもぜんぜんよかったので、ほぼ水使ってたけど。
前にレンボガン島へ行ったことあるけど、そこのシャワー海水だったし…(今は違うかも)。ま、それを思えば真水が使えるのは嬉しいやね。

d0168345_212031.jpg宿外観。海側の部屋はここに。

d0168345_2120311.jpg泊まった部屋。ベッドと鏡台しかないが清潔だし十分。ちなみにコンセントがベッドと鏡台の裏にあるので、少しどけないと使えない(笑)

d0168345_21205732.jpgベッドライト、バルコニーにもライトがあって、よろし。

d0168345_21212593.jpgトイレットペーパー、バスタオル付(安宿だと付いてないことも多いが、バリはけっこう付いてるかも)。トイレの紙はゴミ箱に捨てる。

d0168345_21215262.jpgバルコニーからの風景。天気よくなかったけど、サンセットやサンライズはここからは見えないそうだ。

d0168345_21223556.jpg

d0168345_21225570.jpg

d0168345_21231111.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-01-07 21:19 | 2011_12バリ島DIVE | Comments(0)

バリ島・アメド、どんなとこ?

バリ島旅行:2011年12月28日~2012年1月4日

d0168345_21135581.jpg


アメッドはバリ島東部の元は田舎の漁村な場所に、ダイバーが来るようになり、宿やレストランが立ち並ぶようになったエリア。
バリ島=海辺のリゾートというイメージから来ると裏切られるほど、宿&レストラン以外に何もない場所。

エリア内にベモ(ミニバス)などの公共交通機関が走っておらず(多分、エリア入口までじゃないんかなー)、水やお菓子を売る雑貨屋なども散歩する感じで探せば宿の付近に数軒あるくらい。
アメッドカフェという有名な(?、とりあえず歩き方には載ってたような)カフェのとこにはちょっとしたスーパーがあるらしい。私が泊まってた宿からだとそこそこ歩く。

夜は早く、外灯も少ない。

私は以前、チャンディダサに行って、同じように宿とレストランが並んでるのに、人がほんとおらず閑散としているのにびっくりしたことがあるが、そこよりも田舎な雰囲気。
一応、観光ポイントとして、アグン山が見えるビューポイントあり。ま、曇ってたけど(笑)


のんびりするのにいいのだが、村に市場っぽいものがなさげで(もしやミニ朝市とかあったんかいな?)そこがちょっと残念。
食事は基本宿か別のレストランになってしまうので。
自転車でBAKSOという麺を売りに来るお兄さんがいるらしいのだが、私は出会えず。

ただ、海はサンゴがたくさんあって魚の種類も多いので、私としてはここを選んで正解。
車で10分?くらい行ったところにトゥランベンという沈船ポイントがあって、3日目の講習はそこでやってもらったし。一緒にもぐったダイバーさん曰く「講習でトゥランベンなんて羨ましい~」そうだ。

でも、海がきれいなのになぜ他に比べて人が少ないのか?と思ったら、インストラクターのむつみさん曰く「アメッドは黒砂ビーチだから」だそうだ。
ここが白砂ビーチだったら欧米人がほっとかないんだろうね。そして観光地化されてしまうのだろう。
黒砂万歳!(アメッドとしてはもっとツーリストに来て欲しいんだろうが)


さて、こんなアメッドにどう行くかだが、バリ島は鉄道・大型バス網がなく、公共交通機関がベモという乗り合いミニバス。
いくつかハブのようなポイントがあるはずで、そこで乗り継いでいけば行けないことはないのだろうが、最後のおそらくチュリッってとこからアメッドまでの便がかなり少なげ。
フラマ社という民間バスがツーリストがよく行くポイントへのシャトルバスを出しているのだが、アメッドはチャンディダサあたりから2人以上のチャーター。

一瞬、チャンディダサまでフラマで行って、そこからベモを乗り継ぐことを考えたのだが、今回は移動を楽しむというよりダイビングが目的なので、基本車で行くことにした。(行きはタイミングよく友人Kの車に同乗できた)

そうそう、なんでアメッドに行きたいと思うようになったか。確か、前に行ったときに宿のお兄ちゃんが「アメッドはいいらしい」と言ってたから。
ま、そのお兄ちゃんは行ったことなかったんだけどね(笑)。

d0168345_21144620.jpg移動車中より。宿エリアを抜けるとこんな風景が。トウモロコシ畑とかあったな~。

d0168345_21152926.jpg宿エリアもこんな感じ。

d0168345_21162795.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-01-06 21:12 | 2011_12バリ島DIVE | Comments(0)

バリ島・アメド、ダイビングの旅を思い立つ

バリ島旅行:2011年12月28日~2012年1月4日

今回の旅のチケットを取ったのは6月。
バリ島在住の高校時代の友人Kから、地元に帰省するというメールをもらったのがきっかけだった。

フィリピンに行って以来、ダイビングのライセンスを取りたいと思ってた私は「あ、バリ島でもいいか」と突然思い立ち、勢いでそのままネットでチケットを取った。

バリ島で安いのはチャイナエアラインだが、飛行機嫌いなので最初から候補になく、マレーシアとシンガポールをチェックして安い方を買った。最近はオンラインで航空会社直に格安チケットが購入できるので便利。
ただしそのままクレジット払いになるのでその時点でキャンセルは出来ない(いや、出来るがキャンセル料金を取られるか戻ってこないか…って英語なんでそこまで細かく読んでない…)。

27日発はすでに計10万円以上で(半年前なのに…)、28日(27日深夜)羽田発で最安値45000円。が、燃料代もろもろ入れて78000円。
最近の燃料代の高さには頭が痛いが、年末料金でこれなら安いといえるだろう。
ただし、シンガポールで9時間待ち…。ま、安いからね。
*出国の直前に知ったのだが、バリ(というかジャカルタとかでも?)はまだ空港税がチケット徴収でないらしく、空港で15万ルピア取られるので注意。


で、バリ島のどこでとるかはもうアメッドに決めていた。前からバリ島のアメッドに行きたいと思っていて、都合のいいことにKはここ数年、年末にアメッドに行っていて、現地に日本人インストラクターがいるという。
(クタとかサヌールとかと違って、アメッドに日本人がいるというのはラッキーなこと)
ダイビングの講習を受けるだけの英語力はないので、すぐ検索して、HPからオープンウォーター講習を予約。
一人だけで、しかもだいぶ先の予約だけど快く受けてくれた。

Kと現地で会う約束をしたが(日本の地元でも会ったんだけど。夜行バスで駆けつけて…)、彼女たち(家族)は1泊でいつくるか分からんので宿もそのまま予約。

ま、今回のバリ島はそんな感じで始まったわけ。

(日程)
<12/28>
便は28日だが27日の深夜発。シンガポール9時間待ちでリトルインディアに行こうと思いつつ出入国が面倒で結局空港で本を読んで過ごす。チャンギ過ごしやすいからなー。
<12/29>
友人Kのウブドの家に泊めてもらい、翌日彼らとアメッド。シュノーケルするもこの日は海がにごってて(朝がきれい)残念。
<12/30~1/1>
ダイビング講習。
<1/2>
アメッドでファンダイブ
<1/3>
ウブドへ戻って、友人と過ごす…はずが一人ぶらぶら。夜は泊めてもらい最後の語らい(?)。
<1/4>
早朝ウブドを出て、シンガポール経由で羽田。23時過ぎに到着で家に帰れるのか?という感じだったが帰れた…。おしまい。
[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-01-05 21:10 | 2011_12バリ島DIVE | Comments(0)