裏庭の猫vol.2

ブログトップ

カテゴリ:2011バングラデシュ( 46 )

バングラデシュ・これで終了

バングラデシュ旅行:2011年3月8日~3月20日

バングラ編、これで終了。
震災時にいただけに、今後も3月になると折にふれて思い出すんだろうな。

空港でも、職員に震災について声をかけられたなー。

そして飛行機を待ってる間に隣のイスにカザフスタン人の女性が座っていて、その人も「家族や親戚は大丈夫なのか?」と心配してくれた。

彼女の風貌が日本人みたいだったので声かけたのだが、なんと初のカザフスタン人。
中央アジアはまずウズベキスタンだろうが、その次はカザフスタンに行きたいから、いろいろ話を聞きたかったが、このときはさすがに震災の話が中心だった。

d0168345_1043584.jpg宿の近所に止めてあったスクールバス(笑)。子供とはいえ何人も乗ったら人力では厳しいだろうに

d0168345_10442088.jpgダッカ空港は新しい。が、蚊が割りといた。近代的な空港で蚊がいるって珍しいかも

d0168345_10444291.jpg

d0168345_10445711.jpg

d0168345_10451411.jpg空港のお土産物ですごく欲しかったリクシャの置物。30センチくらいある大物で、手荷物でもって行くことがムリだろう、あるいは壊れると思ってやめた。今、見てるとやっぱ買えばよかったなあと後悔

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-04-13 10:43 | 2011バングラデシュ | Comments(0)

バングラデシュ・ニューマーケットその2

バングラデシュ旅行:2011年3月8日~3月20日

d0168345_10404726.jpg小腹がすいたのでファストフード店ぽいところに。

d0168345_1041429.jpgベジタブルチョウメン(50タカ)。インドでもよく食べた中華の焼きそばが元になったと思われる麺。てかこの前の屋台のもチョウメンだったのか…?右はチキンサンド(40タカ)。迷ったので両方食べて見たんだろうな、覚えてないけど

d0168345_10412296.jpgお祈りの時間はずらっと男性が並ぶ。この日、そういえば安息日の金曜日だったけどマーケットは開いてたんだな

d0168345_10414042.jpg

d0168345_1041503.jpg帰りのバスは激混み。グルシャン方面で1本だった。降りる場所(宿のそば)が分からなかったが勘で降りたら近くだった。よかった

d0168345_104281.jpgバス乗り場の前で売ってたのでイチゴを買う。50タカなので高級フルーツだな。固くてすっぱい品種改良してないイチゴ。ま、日本みたいに甘いのはハナから期待してなかったが。

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-04-12 10:40 | 2011バングラデシュ | Comments(0)

バングラデシュ・ニューマーケット

バングラデシュ旅行:2011年3月8日~3月20日

オールドダッカの後はニューマーケットへ。
名前の通り新しい市場なのであろう。

ダッカ大学の西側あたりにあるらしいが、親子にバスを教えてもらってとりあえず乗ってみる。
後はそれらしきところで止まるたびに「ニューマーケット?」と聞けばOK。

ついてみるとけっこう大きな市場で中で迷うが、それなりにぐるぐるしているうちに場所も把握。
もはや記憶が混同しているが、生活用品を中心に種々雑多なものが売られていた。

バングラはお土産の類がまだまだ少ないと思うが、ジュートのプリントバックとかけっこうかわいいものもあったな。プリントものはさんざん迷って買わなかったのだが。

d0168345_10364511.jpgローカルバスは行き先がわかりにくいがニューマーケットはランドマークなのでまだ行きやすいだろう

d0168345_1037968.jpgやっぱ最初はサロワカに目がいく

d0168345_10372865.jpg

d0168345_10373832.jpg

d0168345_10375042.jpgああ、これ欲しい~と迷いに迷う。

d0168345_103885.jpgで、買う。大きい方が150タカと少々高い。外国人が少ないからボリプライスでもないと思うのだが。他にスパイス、マスタードオイルなど

d0168345_1038255.jpgジュートバッグ。けっこうしっかりしている。2つで180タカ。

d0168345_10384267.jpgココナツオイルも。2つで80タカ。左がインド産、右がバングラ産。なんとなく国の産業の差が分かるデザイン

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-04-11 10:35 | 2011バングラデシュ | Comments(0)

バングラデシュ・オールドダッカぶらぶら・2

バングラデシュ旅行:2011年3月8日~3月20日

しばらく歩いていると、なんとなく食べ物とか日用品とか別れていることが分かってくるが、やっぱ親子に案内してもらったのでスムーズに歩けた感じかな。

食べ物エリアはけっこうエグイものがあるので、こういうのが苦手な人は近寄らない方がいいかも。
ここの場合はヤギ肉が多かった。
しかもその場でさばいている…。
そういう意味で今までで見た市場の中では衝撃度がトップ。

私はさばかれ中もしくは後の豚、鳥、うさぎ…は見たことがあるが、実際に殺すところは見たことがない。
(なお、さばかれる直前の豚を見たことはあるが、なんともいえない悲痛な声で鳴いて脱糞する。けっこう辛い)

なぜかこのとき、「ここは一度見ておくべきか」としばらくヤギ肉をさばいている店の前で待ってみた。
あんなに「子ヤギかわいい~!」と言ってたくせに、私の中ではヤギは完全に家畜なんだなと自分で納得。

ドキドキしながら待ってたが、一旦売れるまでは次ぎのヤギに手を出さないのか、親子の方が「早く行こう」としびれをきらし、結局見ることはできなかった…。

が、次ぎのカメエリアでカメをさばいているのに遭遇。
したのだが、爬虫類っていつ死んだかが分からない…。
甲羅をはがすところはけっこうエグイがおそらくヤギの比ではないんだろう。(下に画像あり。ヤギほどは衝撃度が少ないのでまあ載せても大丈夫かと)

ダイビング中に海ガメに遭遇すると嬉しいが、そしてけっこう保護もされているが、こうして食べられてもいるわけで…。
いろいろありがとうと感謝ですな。

d0168345_106330.jpg一旦広いとおりに出たら映画館。長い映画を上映してるんだろうね

d0168345_1062183.jpg食べ物エリア

d0168345_1064024.jpg

d0168345_1065632.jpgの途中にも祠

d0168345_107145.jpgさばかれたカメ。海ガメと思うとけっこう小さい(川にいるカメ?)。カエルと比べたら肉があるのでこれくらいでもいいんだろうが。

d0168345_1073247.jpgここがオールドダッカのランドマーク的な場所?最後に来ちゃったが、ここを起点にすると位置関係が分かりやすいのかも?

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-04-08 10:08 | 2011バングラデシュ | Comments(0)

バングラデシュ・オールドダッカぶらぶら

バングラデシュ旅行:2011年3月8日~3月20日

d0168345_1021598.jpg大通りから中に入ると狭い道が入り組んでいる。まだ店も開いてないが、リクシャや人通りはそこそこある。うっかりするとリクシャに引かれそうになるので注意。

d0168345_1023255.jpg時期的にヒンズーの水かけ祭りが近かったのかも。色水をかけまくるのでこれに遭遇すると後が大変。インドで一度遭遇したことあるが、バスから出してもらえなかった…

d0168345_1024973.jpg皮を剥いているので果物屋台かと思ったが…そうではなく野菜。

d0168345_103781.jpg東南アジアのカットフルーツのように野菜を食べ歩くらしい。ヘルシーだな。バングラ人はニンジンの食べ歩きがお好みみたいで、しばしばかじっている人を見た

d0168345_1032665.jpgはやり布物露天が多い。女性がむらがっている場合も

d0168345_1034524.jpg

d0168345_103572.jpg店舗みたいな中にヒンズーのお祈り場所が。暗くてよく見えないが

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-04-07 10:01 | 2011バングラデシュ | Comments(0)

バングラデシュ・オールドダッカへローカルバスで

バングラデシュ旅行:2011年3月8日~3月20日

新市街からオールドダッカへはCNGで行くのが一番ラクだとは思うが、ダッカへ戻ったときの宿は大通りが比較的近く、バスがばんばん走ってたのでローカルバスで行ってみることにした。

都会のローカルバスってのはどこの国でも行き先が分かりにくいが(田舎だと本数が少ない)、どんぴしゃなとこでなくても目的地近くのランドマーク的な場所を目指せば後はまあなんとか行けるのではないかと…。

ひとまずバスが止まるあたりで、バスが来るたび「オールドダッカ」を連呼してみる。

何回か声をかけていると「グリスタン!」という声が返ってくる。

グリスタンというのはオールドダッカ近くのバスターミナルっぽく、ここで乗り継げということなのだろうと今後は「グリスタン」行きを捕まえてみる。

で、乗れた。
ラッキーなことに朝早かったのでまだ道もすいていて、グリスタンまでは比較的スムーズにいけた。ただ、ここはバスの後継ぎ地なのだろうが、大きなターミナルというより何箇所かのバス溜まりに分かれているみたいで、オールドダッカの乗り場は違う通りだったが、なんとか「オールドダッカ」を連呼しつつ乗り場まで辿り着き、無事到着。

1時間以内で行けたんじゃないかなー。思いのほか早く行けたという印象だった。

ちなみにバスは10タカ+5タカ。乗ってから徴収に来る。小銭は必須。
CNGだと400タカ以上とられるけど、500円くらいだし、早くてラクなのはCNGだろうが、ローカルバスに乗るのはやっぱ楽しい。

が、若干早すぎたようで(9時台だったかな)マーケットや店はまだ開きかけくらい(笑)

オールドダッカは細い道がいくつもあって中に入ってしまうと迷う迷う。即行方向が分からなくなった。

まあ、行きたい店とかがあるわけでないので適当にぶらぶらしていると、小さな子供を連れたお父さんに話かけられた。

英語が話せる人で、最初はいろいろ聞いてくるし「案内する」と勝手に先導するから、自由に歩きたいこっちとしては少々うっとおしい(笑)。
が、振り切るのも何だし、ダッカだから油断はできないが、オールドダッカで明らかに近所の子連れの人なので悪い人でもなかろうかと。

彼はインドから来た人で、ヒンズー教徒。モスリムが多いバングラだが、オールドダッカあたりはインド人も多く、ヒンズーな雰囲気だった。

でもやっぱり「バングラに来てくれてありがとう。外国人を案内するのは自分たちの役目だから」みたいなことを言う。ここらへんはモスリムの感覚だろう。インドやバリでこういう人には会わないもんなー。

が、最後に記念に携帯で写真を撮らせてくれと言われたときに発覚したのだが、彼は私を学生!だと思ってたらしく、さすがにそこまで若くないということで23歳に落ち着いた(笑)
ちょっとした罪悪感があったが、まあ若い日本人女子を案内したと思った方が彼の中の思い出としてもよきものになるだろうと…。

d0168345_9264295.jpg子猫発見。つながれてたので飼い猫なのだろう

d0168345_927244.jpgその親子。子供の額にヒンズーの赤いポッチがあってかわいい

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-04-06 09:25 | 2011バングラデシュ | Comments(0)

バングラデシュ・ダッカ新市街ぶらぶら

バングラデシュ旅行:2011年3月8日~3月20日

ダッカではNHKプレミアムが見れる宿だったので、けっこうテレビにかじりつき。

だが、停電が多く(日に数時間ある場合も)、テレビで放映する震災ニュースも同じものを繰り返しているので、街にも出かけた。

ダッカでは後、オールドダッカ(旧市街)にいければいいなくらいなので、ひとまず中心街のボナニ方面へぶらぶら散歩。ちんたら歩いて1時間位。

途中アランヤとかJATRAとか、外国人も訪れるこじゃれ布物、サロワカが売ってそうな店も覗いてみた。
が、買わず。
そして店内撮影禁止だったので、画像もなし。
きれいな色合いのサロワカもけっこうあったような…。もちろんバングラ物価からするとかなりお高め。
(日本の物価で考えると安いので気に入ったものがあれば買ってみたかったのだが、これ!というものがなく)

d0168345_817820.jpgさすがに1時間もあるくと暑いのでエアコンのあるKFCへ。バーガーとペプシで240タカ(約300円)と高額なのにけっこう若い人とか入っていてびっくり。タイとかでもだけど

d0168345_8172884.jpgスパイシージンジャー。野菜は少なめ。

d0168345_8174793.jpgアランヤ。

d0168345_818540.jpg外壁の模様がかわいい。

d0168345_8184638.jpg

d0168345_8185885.jpg本日の夕ご飯。宿の近くの屋台で。麺って珍しい。カレー味のビーフン。

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-03-31 08:16 | 2011バングラデシュ | Comments(0)

バングラデシュ・ダッカ行き列車を待つ間に異様に親切な人と出会う

バングラデシュ旅行:2011年3月8日~3月20日

お茶してひといき入れた後、駅に向かう。
私の買ったダッカ行きの列車のチケットは17時5分発。

だいたい遅れてくるだろうと予測の元、それでも16時くらいには行ったと思うのだが、駅の雰囲気でなんとなくイヤな予感がして、そこらへんにいる人に聞けば「ダッカ行きは2時間遅れてくる」とのこと。

ダッカまではおそらく4時間くらいだろうが、一応首都なので、やはりあまり夜遅くに到着するのは避けたい。
もし本当に2時間遅れならバスに切り替えた方が無難。

と思って、他の人にも確かめようとするも、なんせ英語が通じない(笑)

窓口に聞くしかないと、長打の列に並んで聞いてみると「列車は来ると」…。(ちなみに窓口全員が英語を話せるわけではなかった)
ええ、そりゃいつかは来るでしょうけど、それはいつ?という正確さを求めるのは無理な話。

どうしようかいな~と思案している最中、なんとなく長打の列に並んでいるときから気付いていたが、若いお兄ちゃんがずっと私に着いて来ている。
そして案の定、片言の英語で話しかけてきた。

これ、他の国なら確実に怪しい人なので、頭の中では警告音。なのだが、ここはマイメンシンだしなという思いもあり、相手してみる。

そのお兄ちゃんは「列車は来るよ。ぼくが案内するから、待合室で待て」ということを言いたいらしい。

まあ、ひとまずチャイ屋でお茶してから考えようと、お兄ちゃんを振り切って駅外のチャイ屋に行くも、ついてくる。そして兄ちゃん以外の周囲の男性も集ってきて、私がお茶をするのを眺めている(笑)。

確かにマイメンシンでは外国人に会わなかったのでまだまだ珍しいのだろう。
が、飲みにくいっちゅーの(笑)
ガイドブックを出せば覗き込まれるので、見せてあげたり…、でも英語話せないので会話はそうできないのだが。

そんなこんなで発車時刻は着たが列車の気配なし。「やっぱり待合室へ行こう」と兄ちゃんが誘うので、行ってみた。待合室の席に案内され、兄ちゃんは外で待つ。なにやら列車が来たので、行ってみると「これは違う」と兄ちゃんに連れ戻される。そして「ぼくが案内するから」と何回もいう。

…結局、列車は30分遅れてきた。
そして兄ちゃんは車内に案内してくれ、私の席に座っていたおじさんをどかし、私を席に座らせ、そして発車時刻になると去っていった…。

あ、お兄さんはこの列車に乗るわけじゃないのね?
そんでもってチップの要求もなし?
どうやらただの親切な人だった。

外国を女一人で旅するので仕方ないとはいえ、ときにこういう自分がいやになる…。

d0168345_895910.jpgTista エクスプレス。ファーストクラス110タカ(140円くらい)、2nd80タカ、3rd60タカ。私はファーストクラスだったがけっこうボロでファン席。安いからファーストでもたいしたことないだろうと思ってたが(笑)ちなみに食事サービス(100タカ)あり。ここらへんがファースト?食べなかったが
d0168345_8101670.jpg

d0168345_8102732.jpg2席に親子3人で座っていて、お兄ちゃんが私の席にいたお父さんをどけてくれた。私的にはどこでもよかったのだが、まあお兄さんの親切だし、お父さんは別の席にちゃっかり座ってたのでよしとするか。しかし2席に3人なので隣の子供と密着(笑)お母さんがお菓子をくれたりした

d0168345_8104483.jpg予想外に早くて2時間半くらいでダッカ(エアポート駅)に到着したような…。いちおうエクスプレスだしな。降りて、寄ってきたCNGの中から「200タカ」と一番安かったおじさんに決めた。

d0168345_81132.jpg思いのほか早く到着したので、宿に落ち着いて22時頃?にご飯を食べに外に出た。さすがに人通りのある近くの店にしたが、(開いてる店自体も少ない)チキンカリー&ライスで120タカ。フォークや紙ナプキン(こういうのは有料)なども出してくれ、サービス込みとして若干高めになってたのであろう。

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-03-30 08:09 | 2011バングラデシュ | Comments(0)

バングラデシュ・ひとまずマイメンシンへ

バングラデシュ旅行:2011年3月8日~3月20日

マイメンシンからはバスで戻り、そこからダッカへは列車で向かう予定。

マイメンシンからのバスでお金払うときに「2シートにするか?」と聞かれた。
これは荷物があるのと外人だから2席分お金を払ってゆったりすわるか?あるいは女性だから隣に男性が来ないためなのか、よく分からんが、こんなに混んでいるバスで2席使うのもどうかと思うんで1席分にした。

ただ、(他の国だったが)荷物がバックパックみたいに大きい場合は1席でも荷物分としてお金を取られることはある。これは仕方ないが、このときはそうではなかったようだ。

マイメンシンに到着後、中心部に向かい仕立てをお願いしていたサロワカをもらいに行く。

ちゃんとできてた!

のはよかったが、何度も絵に描いて、ウエストを絞らないストンとした形でお願いしてたのだが、けっこう絞った形になってた(笑)
おそらくウエストを絞らないと男性のクルタみたいな感じになるので、女性向きにそういうのを作る感覚がないんだろうね。まあ、よしとするか。

d0168345_86209.jpgマイメンシンではデモ行進に遭遇。デモにはなるべく近づかないのがいいが、この場合は不可抗力。リクシャーに乗ってしばし見学。

d0168345_86366.jpgけっこうな人数のデモだった。ストが日常的にある国だからデモも多いのだろうね。ちなみに女性はいなかった

d0168345_865424.jpg地元のバーガー屋へ入ってみた。初のエアコンショップ。ハンバーガーは肉を挟んだだけだったので、プリンとコーラで。合わせて65タカ(80円超)とバングラではやっぱ高め。

d0168345_871247.jpgこちらが仕立てた3着。金色の模様が珍しくて2着も作ったが、日本で着るか?は置いておいて…。仕立て代は3着で200タカ(260円)。布屋に払った布代は3着上着分で800タカ(1000超)。

d0168345_873390.jpgこっちは市場でセット(パンツとストール付き)を購入。3つで2000タカ(2600円)。多少は値切ったけど、仕立てた上着からするとこんなもんか?オレンジのはダッカで着た。おそらく20代くらいまでの娘が着るような柄だが(笑)

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-03-29 08:05 | 2011バングラデシュ | Comments(0)

バングラデシュ・ドゥルガプール風景その2

バングラデシュ旅行:2011年3月8日~3月20日

d0168345_10324031.jpgガロの博物館があると旅行人ガイドに書いてあったので行ってみる(けっこう苦労した、バス溜まりの近くだったと思う)。人々に聞くも知ってる人が少ないくらい観光客が来ないらしい…

d0168345_10332100.jpgかなりホコリが溜まっていた(笑)でも鍵を開けて職員が案内してくれた。

d0168345_1033241.jpg生活用具、装飾品などが所狭しと飾られている。博物館としては小さいが、こういう場所にあるのにしては充実してる方では?

d0168345_10334412.jpgツリーハウスの模型?

d0168345_1034214.jpg民族衣装は派手ではないが、こういうのけっこう好き

d0168345_10342983.jpgバス溜まり前にある川の上のチャイ屋

d0168345_10344950.jpgそこにいた人々。一人やな感じのおじさんがいて、「(金持ちの)日本人なら皆におごれ」と当然のような顔していう(ベンガル語だがニュアンスは分かる)。1杯3タカ(約4円)なのでおごることは全然問題ないが、そのおじさんは2杯飲んでお礼も言わない人だった。他の人はよさげな人だったのでよしとするが、こういうおじさんは次にあったときもタカるんだろうなー

[PR]
by uraniwaneko2 | 2012-03-17 10:35 | 2011バングラデシュ | Comments(0)