裏庭の猫vol.2

ブログトップ

和歌山・紀伊田辺/2本目 ミナベダシ いろいろ見れてなかなか楽しいダイビング

●最大19.5m平均13.1m、水温21度、48分。透明度12mくらい?見えないところもけっこうあったけど

ハマチが少しやってきた。関東ならワラサ? いまだ大群に出会ったことないのが残念。ガイドさんの「今日は魚が少なかったな。」という言葉が気になる…。
今年はカンパチとハマチ(ワラサ)の違いが分かるようになった。やっと、ね…。
これがヒレナガ…とか言い出すと分からないけどさ。
ついでにいうとシマアジも…(笑)
d0168345_08262321.jpg
d0168345_08265589.jpg
オトメハゼ。光が足りないといわれたけど(まあカメラの遠目のフラッシュだけだしな)、揃ってるのよく撮れましたってな感じ? 数打てば当たるラッキー。
d0168345_08271020.jpg
ヒレナガネジリンボウとネジリンボウ。これはさすがにヒレナガは分かる(笑)
でも普通のがこんなヒレ(下側)してるのは初めて知った。というかどっちもそんなに見たことないしな。
今回はじっくり見れた。ガイドさんと自分だけだったってのもあるね。ちょっとしたことですぐ引っ込んじゃうから、人が多いとあまりよく見れない。
d0168345_08281276.jpg
d0168345_08282780.jpg
これ、ニシキオオメワラスボって聞きなれない名前のやつ。
こうやって穴から顔出してるところが見れるのはとても珍しいんだって。
泳いでいるか砂に潜るかって感じで。
でもこうしてると「ミナミギンポじゃないの?」って思ってたけど。
それで記憶がわ~っとつながったんだけど(こういうことたまにあるよね)、
たまにミナミギンポ(と思ってたやつ)でやけに元気にくねくね泳いでいるのを見ることがあったんだけど、
あれはこいつだね。なるほど~。
d0168345_08291261.jpg


[PR]
by uraniwaneko2 | 2016-11-27 08:33 | 2012-17伊豆・国内ダイブ | Comments(0)