裏庭の猫vol.2

ブログトップ

地を這うダイビング、三重県・賢島

中層の青い海を行く冠島から一転、平均5m以下の地を這うようなダイビング。
2本目なんて最初、「浅いなー」と思って上みたら顔が出た(笑)
1m台になってて、この時点で1本にカウント。
そこから平均5mくらいまでは潜ったけど、
ダイコンが3本目に突入したことに気づいてなかったので、
途中でみた潜水時間があまりにも短くて「あれ?」って。

1本目は最大10mだったけど平均は6m。
この日は今までで一番浅いダイビングだったな…。
安全停止はまったく意識しないですむくらい。

さて、ここは三重県の賢島。
最近サミットでちょい知られるようになったらしく、体験ダイブなどはまあまあ遠くの人も来てるよう。
ま、私も遠くの人だけどね(笑)
ついでがあったので、ちょっと寄ってみました。

といっても最初は五ケ所湾(もう少し地形やらワイドやらみたいなポイント)希望だったけど、
台風5号のせいで、おだやかな講習とかする英虞湾内に。

「だいぶ地味なポイントに変更になります」という連絡をもらって、
しばし迷ったけど、フル器材持ってきたしね。
これも何かの縁でしょうと。
まあなんだかんだ潜れるなら潜るんだよ、結局(笑)

最初から地味って聞いてると、なんとなく砂地でハゼとかウミウシだろうと思ってるから、
そういう意味では期待通り。
透明度も10mくらいはあって、「思ったよりはいい」海況。

一緒に潜った人たちが、一人は950本の大ベテランでここで潜りたかった人。モルジブとかパラオとかいろいろいってるのに、ここで潜ってみたかったって…。サミットの場所ってすごい効果ね。
もう一人も560本のベテランさんで、カメラ派でここには何回も潜ってる。というよりもうほぼここにしか来てない印象。そして残りのおひとりは20本以下のビギナーさん。
物静かな男性3人で、一人水面休息中にしゃべってるうるさいおばさんだったけど(笑)、
久々にダイビング話ができて楽しかった。

この日のお初は、アユカワウミコチョウ。
って見えね~。2mm程度の大きさで、言われても分からない感じ。
指示棒の先が大きく見えるね。
d0168345_742034.jpg

あと、これが何の幼魚か分かった。メバルですわ。
d0168345_75427.jpg

そしてスジコウイカ。案外初めてなのかも??
自分で見つけて「おっ!」と思ったら、まあまあたくさんいた。
見てると色が変わって面白い。
d0168345_752790.jpg

d0168345_753656.jpg

サミット開催のホテル(水中モードでハウジング越しに撮影(笑))。そして英虞湾の遊覧船をみながらポイントまで。
d0168345_755852.jpg

d0168345_76722.jpg

d0168345_761674.jpg

[PR]
by uraniwaneko2 | 2016-08-13 07:09 | 2012-17伊豆・国内ダイブ | Comments(0)