裏庭の猫vol.2

ブログトップ

重器材買いました

って買ったのは2月初め。
セール時期だったので。

ダイビング器材ってのはまあそんなに数が売れるものじゃないだろうから、基本高い。それなりに耐久性も必要だろうからってのもあるんだろう(と思いたい)。

代用できるもの、安くて済むものはもちろんそうしてるが(例えばシュノーケルは持ってたシュノーケル用のもので、カバーも同じく。ダイビング用だといちいち数千円するんだよ、これが!)

が、マスクなんかは最初安いの買うつもりだったけど、ショップで顔に合うものを選んでもらって、確かにレンタルよりずっと装着具合がいいので結果よかったと思ってる。まあ、マスクの場合、高いといっても他の器材よりは安めだし…。

ダイコンやウェットなんかは、比較的安いのにしたが(選んだ基準がオレンジ色)、これはそれでよかったし。
でも安いっていっても、ダイコンは約2万8千円で、ウェットも160ドルくらいだったはず(バリで買ったんで)。決して安くないぞ。今の私の生活ぶりからすると(笑)。

まー、そんなんで重器材、BCは安めので、レギュはチタンの軽いのにしましたわ(オクトパスやゲージ付きのセット)。レギュは思ったより高いけど、デザインが気に入ったのと(これ、ずっと使う場合はかなり大事)、何より軽く、そしてファースト部分の高さが低い(何人かのアドバイスにより持ち運びの便を考え)。

ということでフル器材!
これが重たいの(笑)。

特に女性の場合、国内だと宅配便で送る人もいるし、海外はマスクなど以外はレンタルにする人も。
でも、せっかく買ったしなー。GWサイパンに持って行きたい。
レンタル代も込みじゃないし。

そしてそもそも全部スーツケースに入るのか?という疑問あり。
(バッグも買うとなるとまた数万円必要だよ…)

ってことで、つめてみた。
さすがにメッシュバッグでは持ち運びが厳しいので(壊れ物でもあるし)。
器材の重さをいちいち量ってもみた。
海外の場合、重量制限があるので。

んで最低限必要な器材で約11キロ。
レギュは軽いけど、フィンは重めのだし(これ、1キロという表示を信じてたんだけど片方の重さだった(笑)つまりフィンだけで2キロ…はあ)
けっこう重たいなと思ったのがウェット。2キロある。乾いた状態でこれなら濡れたらどうなるんだよ!

そう。ダイビング器材って帰りは濡れてる分を考えないといけない。飛行機乗る前に1日は空けるから今回みたいに移動がない場合は、それなりに水分を切ることはできるけど、移動する場合はけっこう厳しい。まあ、なかなか乾かないのでどのくらい目方が増えるのか…。


で、スーツケースが古いから容量少ないわりに7キロもありやがる…。ダイビング用じゃないから防水でもないし(もう普通の用途では使えないな)。

ソフトタイプのバッグで4キロのがあって(2万切ってたし)、買おうと思ってたけど売り切れてて…。在庫が多いわけじゃないので、こういうのすぐ買わないとダメなんだよね。出遅れた。
その3キロの差って海外の場合、意外と大きい。

てことで、ダイビング器材でスーツケース19.5キロ+手荷物(ダイコン、カメラ本体など)2キロくらい(笑)。

ラッシュと水着などはカウントに入ってるけど、着替えは入ってない。つまり、通常の旅の荷物はここからなんだよ~!
残り5キロって厳しくない?
下手すると本だけで数キロ行くときもあるのに(だからダイビングのときは本を読まなくなった。持てないので)。
しかし、帰りに器材があまり乾かせない旅になると、この段階ですでにアウトのような気がするな…。

手荷物って、ばれなければ7キロ以内でなくてもいいけど、最近計られることもあるし、そもそも手荷物までそんなに重たいの持てないよ。
残り5キロで荷物が収まるのか?
また石鹸一つの世界だよ…。

ひとまず今回はこのスーツケースで行くかねえ。

ところで、ダイバーでも「女性の荷物が重たい」という話が出ることあるんだけど、上の器材の段階で男女差ないはずなんだけど、何が違うんだ? あるとして水着の上だけ。それそんなに重たくないでしょーよ。

d0168345_1919578.jpgこちらは軽器材にウェット。でも最初17キロだったので、この後、ラッシュパーカーとか水着を隙間に詰めた。帰り乾いていることが前提だな

d0168345_19192176.jpgこちらは重器材。追加は本体以外のカメラ関連。これで19.5キロに

[PR]
by uraniwaneko2 | 2014-04-06 19:26 | 2014GWサイパン | Comments(0)